デルタ航空のニッポン500マイルキャンペーン、ほぼ終了へ!

Sponsored Link

上級会員とカード保有者限定に!

長い間、デルタ航空が行ってきた「ニッポン500マイルキャンペーン」。

1年間の期間限定ながら、毎年行われて来ていたキャンペーンで、“JALでもANAでもスカイマークでも、日本国内線に搭乗すれば、デルタ航空で500マイルが貯められる”と言う内容の太っ腹企画。

デルタ航空、ニッポン500マイルキャンペーン、今年も延長!

デルタ航空が実施している「ニッポン500マイルキャンペーン」。 毎年、4月になったと同時に、”今年こそ、延長されないんじゃないか…”と不安になるキャンペーンなのですが、1年間の期間限定キャンペーン。 ですが、毎年・毎年、延長されているキャンペーンで、2019年度も見事、延長が発表になりました~。 …

 

4月に近付くと、また1年間、キャンペーンが行われるかどうかドキドキして来ましたが、2020年度版が発表になりました。

結論から書けば、大きく改正です。
あまりこうは書きたくないのですが、改悪です。

多くの人は、4月1日~の2020年度は、日本国内線でデルタ航空のマイルを貯めるコトは不可能になります!

まず2020年度もキャンペーン自体は継続されるので、その内容から。

デルタ航空「ニッポン500マイルキャンペーン」概要

期間:2020年4月1日~2021年1月31日
対象路線:日本国内の定期全路線(航空会社問わず)
内容:1搭乗に付き500マイル付与
最大付与マイル数:10,000マイル(20フライト分)
対象者:
デルタスカイマイル メダリオン会員・提携クレジットカード保有者

おおっ!

大きく変わり過ぎです!

そもそもこれまでは10フライト分の積算が出来た(合計で5,000マイル分)一般会員が対象外になっています!

上級会員であるメダリオン会員も、これまでは40フライト分が積算出来たのですが、20フライト分に変更されています。

まぁ…

今までがおかしかったんですよね。

いや、おかしすぎると言い切れるぐらいに太っ腹なキャンペーンでしたから。

デルタ スカイマイルJCBテイクオフカードは対象!

さて、今回のキャンペーンが対象になるのは、上級会員と提携カード保有者。

上級会員は分かりやすいですが、提携カードの保有者と言うのを見てみると、カードの中で対象なのは、以下の通り。

・デルタ スカイマイル トラストクラブVISAカード
・デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
・デルタ スカイマイルJCBカード
・デルタ スカイマイルアメリカンエキスプレスカード

この4種類のカードが対象になる見込み。

ってか、「デルタアメックスカード」や、カードを保有するだけで初年度は、ゴールドメダリオン会員資格が貰える「デルタアメックスゴールド」が対象外と言うのは、大きなポイントですね(ただ初年度はゴールドメダリオン資格が得られるので、上級会員になるから「ニッポン500マイルキャンペーン」の対象になるのかな)。

もうこうなると、「デルタ スカイマイルJCBカード」一択でしょうね。

他のカードは、最安の「デルタ スカイマイルアメリカンエキスプレス」で13,200円の年会費が掛かりますが、「デルタ スカイマイルJCBカード」ならば、初年度の年会費は無料の「デルタ スカイマイルJCBテイクオフカード」があり、2年度以降の年会費も税込1,650円と高くないですからね。

買い物でのマイルの積算も100円で1マイルと、還元率も他のカード並みですし、コストパフォーマンスは悪くないです。

ただ…

国際ブランドがJCBと言う所は、海外で主に利用される方には、ネックになりそうな気はしますけれどもね。

 

デルタの日本離れ?いや、感謝でしかない

長い間、大盤振る舞いを続けてくれた「ニッポン500マイルキャンペーン」。

一応、形的には“改悪”と言う感じになりますが、そもそも提携関係のない他社便に搭乗してマイルを貯められると言うのが、おかしかった訳で、これである意味、正常に戻ると言う感じですね。

逆に、ここまで長い間、続けてくれたコトに感謝でしかない訳ですが、デルタ航空と言えば、元々、ノースウエスト航空時代から日本の成田空港にハブ機能を置いていたのですが、徐々に縮小させており、この3月下旬からは成田を離れ、羽田に集約。

日本発のアジア便も無くなると言うタイミング。

デルタ、成田~マニラ・シンガポール線運休で、成田撤退?

アメリカ3大航空会社の1つであるデルタ航空が運航している成田~シンガポール線から、2019年9月22日を以て、撤退するコトが明らかになりました。 …

 

さらに同じスカイチームメンバーの大韓航空などとの提携が進んでおり、日本重視だった今までの基調を変えて来ている真っ只中と言うのは、気になる所。

一応、上級会員と提携クレジットカード保有者向けにキャンペーンは継続されますが、今までの様に3月末までのキャンペーンではなく、2021年1月31日までと期間もやや短くなっているので、このまま2020年度限りでこのキャンペーンが無くなってしまっても、不思議じゃない感じになりましたね。

なので、「デルタ スカイマイルJCBテイクオフカード」が年会費も安めでキャンペーン対象と言えど、新たにクレジットカードをその為に作成すべきかは、個人的には、ビミョーかな、と言う気がします。

デルタ航空の「ニッポン500マイルキャンペーン」の、実質的な終焉。
でも、やっぱり感謝でしかないんですけれどもね。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください