スカイトラックス、ワールドエアラインを発表!首位はカタール航空!

Airlines
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

スカイトラックス、2年ぶりにワールドエアラインを発表!

航空会社や空港の格付けを行なっている「スカイトラックス」が、2021年版の「ワールド・エアライン・アワード」を発表しました。

毎年、発表されているこの格付けですが、2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて発表されず…だったので、2年ぶりの発表と言うコトに。

ひとまず発表されたランキングを、見てみます。

順位航空会社名加盟アライアンス前回順位
1位カタール航空ワンワールド→1位
2位シンガポール航空スターアライアンス→2位
3位ANAスターアライアンス→3位
4位エミレーツ航空未加盟↑5位
5位JALワンワールド↑11位
6位キャセイパシフィック航空ワンワールド↓4位
7位エバー航空スターアライアンス↓6位
8位カンタス航空ワンワールド→8位
9位海南航空未加盟↓7位
10位エールフランススカイチーム↑23位

前回は、カタール航空が2年ぶりに首位奪還したのですが、今回は首位を堅持。

TOP3はカタール航空・シンガポール航空・ANAと前回と変わらない顔ぶれ。

と言うか、ここ数年、この3社が不動のTOP3と言う感じになっていますけれどもね。

スポンサーリンク

JALとエールフランスがTOP10入り!

TOP10から脱落したのは、

・ルフトハンザドイツ航空(前回9位→13位へ)
・タイ国際航空(前回10位→23位へ)

の2社。

タイ国際航空は、大きく順位を下げて、タイでのライバルでもある19位のバンコクエアウェイズよりも下の順位になると言う結果。

この辺は、経営破綻の影響があったのだろうか…?とすら思えるぐらいに順位が下がりましたね。

でも、同じように経営破綻状態の海南航空はTOP10を維持しているので(でも傘下の香港航空は24位→63位と大きくダウンさせましたけれど)、寧ろ、タイ国際に何があった?と言う感じも。

一方で、TOP10に入って来たのは、JAL(前回11位→5位)とエールフランス(前回23位→10位)。
共に上位陣の中では、大きく順位を上げて来た形になりますね。

JALとANA。

そこまでサービスに差があるかな?と、日本人的には思うので、前回までの順位自体、ちょっと疑問符でしたけれど…

TOP10の中では、ワンワールド加盟航空会社が4社・スターアライアンスが3社・スカイチームが1社+未加盟2社。

TOP100まで見てみると、ランキングを大きく改善させたのは、サウジアラビア航空(57位→26位)・ヴィスタラ(69位→28位)・ヴエリング(90位→48位)と言った所でしょうか(ざっくり見ただけだけれど)。

ランキングはあくまでも参考意見に過ぎない…

評価の理由としては、

・カタール航空→ビジネスクラス
・ファーストクラス/CA→シンガポール航空
・清潔さ/空港サービス→ANA

と言う感じで、JALはエコノミークラスが評価された形。

ですが…

国際線がこの1年以上、コロナ禍で激減している最中で、その評価に意味があるの?と言う感じがしてしまうんですけれどもね。

いや、それは毎回、そう思うんですけれどもね。

人によって感じ方は異なる。
さらに日本人が求めるサービスと、他の国々の人々が考えるサービスとは、また異なっているでしょうしね。

まぁ、所詮、エコノミークラスしか利用しないですから、大差が出る訳じゃないんですけれどもね、実際のスペックとしては。

ランキング。
確かにちょっと気になってしまいがちなモノ。

でも、あくまでも参考に。

そう言うコトなんですよね。

コメント