JR東日本、新幹線全線でSuicaで自由席乗車が可能に!

Sponsored Link

タッチでGo!新幹線、エリア拡大!

JR東日本が、Suicaなどの交通系ICカードで、新幹線の普通車自由席へと乗るコトができる「タッチでGo!新幹線」のサービスエリアの拡大を発表しました。

具体的には、2021年春のダイヤ改正と共に行われるので、まだもうちょっと先の話にはなりますが、現状、東京~那須塩原/上毛高原/安中榛名までしか対象エリアになっていないのが、一気にJR東日本管轄の新幹線全区間が対象になります。

タッチでGo!新幹線、エリア拡大

期間|2021年春ダイヤ改正日~
拡大後の対象区間|
・東北新幹線全線(東京~新青森)
・上越新幹線全線(大宮~新潟+ガーラ湯沢)
・北陸新幹線(高崎~上越妙高)
・山形新幹線全線(福島~新庄)
・秋田新幹線(盛岡~秋田)
利用可能ICカード|
Suica/PASMO/Kitaca/TOICA/manaca/ICOCCA/PiTaPa/SUGOCA/nimoca/はやかけん
*モバイルSuicaならびにApple PayのSuicaなども利用可能

JR東日本管内の新幹線全区間へと一気に広がると言うコトで、かなり便利度が上がる感じがしますね。

利用不可の区間があるのは注意!

注意点としては、まず「タッチでGo!新幹線」を利用するには、初回のみ、手持ちの交通系ICカードの事前利用開始登録(無料)が必要と言うところ。

JR東日本のSuicaエリアもしくは新幹線停車駅の自動券売機で、利用開始登録は可能。

モバイルSuicaなら2021年3月下旬以降ならば、スマホ内で利用開始登録が可能になるとのコト。

またサービスエリア拡大とともに、Suicaエリア外の新幹線停車駅にも、チャージ可能な自動券売機を設置するとのコト。

この車両には乗れないけれど…

ただ最大の注意点は、以下の区間での利用が不可と言う点。

・盛岡駅を跨って乗車する場合
・大宮駅で乗り継いで東北~上越方面に乗車する場合
・福島駅で乗り継いで、白石蔵王方面と山形新幹線とを乗車する場合
・高崎駅で乗り継いで、上毛高原方面と北陸新幹線とを乗車する場合
・越後湯沢駅で乗り継いで、浦佐方面とガーラ湯沢とを乗車する場合

特に盛岡を跨げないと言うのは、注意点かも知れませんね。

山形新幹線と秋田新幹線は、東京~新庄間、盛岡~秋田間の新幹線停車駅発着となる場合のみ利用が可能と言うのも、注意点かも。

また下記の特例も同時に発表になっています。

・盛岡~新青森・秋田間は全車指定席で全列車が運転されているが、同区間完結で利用する場合は、普通車指定席車両の空席の利用が可能
・仙台~盛岡間の駅相互完結で利用する場合は、途中駅に停車駅のある「はやぶさ」の普通車指定席車両の空席の利用が可能

この辺りも、いざ利用するとなると、もう絶対に忘れていそうな気しかしないですかね。

鉄道もどんどんキャッシュレスに!

同時に幾つかの企画切符の販売終了も発表に。

2021年3月31日までで販売が終了するのは、「新幹線Wきっぷ」「定期券用新幹線自由席回数券」「新幹線料金回数券」「えちご料金回数券(新幹線用|新潟~長岡」、2021年6月30日までで販売が終了するのは、「新幹線回数券(普通車)」「こまち4枚回数券(普通車)」。

JRとしては、どんどんSuicaに流して行きたいと言う表れなのでしょうね。

指定席もスマホやPCで予約→Suicaを改札に当てると指定席券が出て来る…みたいな航空会社の形になると便利な気がするんだけれども、さすがにこちらはまだ先の話なのかな。

でも、キャッシュレスは1度慣れてしまえば、やっぱり便利なので、これからも広がって行って欲しいところです。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください