次の旅をキャンセルしました!

Sponsored Link

次の旅をキャンセルしました!

先ほど、次の旅行として計画していた航空券を、キャンセルしました。

そもそもまだ前回のサウジアラビアの旅行記すら完結していないのに(6月中には再開します!)、次の旅行ですか?と言う感じもあるのですが、いつもは1つの旅が完結して、ようやく次の旅のプランを練るタイプのボクですが、次回に計画していた旅については、既に決まっていた感じの旅。

しかも、台北にいる時に、決めたと言う旅でした。

日程は6月下旬。
場所はロシアのウラジオストク。

そもそもウラジオストクは、e-VISAが解禁になったので、行きやすくなったのに加え、航空路線の開設が活発になり、JALもANAもこぞって参入したのが、この春。

ちょうど開設記念でJALが特典航空券の必要マイル数を減額するキャンペーンを行っていて、往復で10,000マイル(エコノミー)に惹かれて、つい台北にいるのに、ポチっと押してしまったのです、ボタンを。

ま、旅の動機なんて、そんなモノです(笑)。

延期と言う判断もあるけれど…

そもそももちろん、行きたい気持ちはあります(実際問題、無理があるのは承知ですが)。
昨今のコロナウイルスの世界的流行で、そもそも搭乗予定便がキャンセルになりました。

で、その対応として、旅行を延期にしようかどうか迷いました。

JALの現時点の対応は、

JALコロナウイルス特別対応

・2020年2月28日~6月30日までの搭乗分に限り(運休・減便の場合は7月1日まで)、キャンセル料は無料。
・変更は、7月20日までもしくは9月1日~2021年3月31日(2020年12月15日~2021年1月15日を除く)の間で、1回のみ、搭乗日の変更が可能

と言う対応。

さらに代わりの日程が決まっていない場合も、航空券の有効期限の延長が可能。

なので、日程を変更にするか、そもそもキャンセルにするか。

それは、やっぱり迷いました。
JALの場合、来年の春まで日程の変更対応が可能ですからね。

でも、結論的にはキャンセルを選択。

そもそも変更可能なのは、3月末まで。
夏過ぎにも変更が可能だけれど、まだコロナウイルスがロシアでどうなっているのかが分からないし、そもそもe-VISA発給が再開されるかどうかなんて、現時点では読めないから、年明けぐらいを狙うしかない。

でも、その時期、まだまだロシアは寒いだろう…と言うコトで。

まだまだ寒さの残る時期に、ロシアなんて…

根性皆無のボクには、ムリです!
行ったところで、きっといつも以上に宿から出なくなるに決まってます。

その時期だったら、暖かいところに行きたい。

 

それにしても海外にも旅をし始めて、早20年以上になりますが、航空券のキャンセルは、生まれて初めてです。

過去には、“帰りの航空機にチェックインまでしていて、乗り遅れて、結果的にキャンセル扱いになった”と言う黒歴史はありますが、自らの意思でキャンセルにしたと言うのは、初めてだけれど…

ロシアは全土のe-VISA解禁も控えているので、また行く機会に恵まれればいいですけれど。

キャンセル手続きは、とても簡単でした

因みに、キャンセルはとっても簡単でした。

自分の予約一覧のページを出して、該当する便をクリックすると、こんなフォームが現れました。

もしくは特別対応のページからも行けました。
で、自分の名前(半角英語)・マイレージ会員番号・連絡先を入力するぐらい。

あっと言う間過ぎて、拍子抜けるぐらい。
ホントにあっと言う間。
ただマイルなどの処理には、最大2ヶ月ぐらいは掛かるみたいでアナウンスがされましたけれど。

I Will Be There With Youが聴きたい…

If you could choose to go anywhere
Just close your eyes and imagine

The world belongs to just you and I If
I could be there with you

別に、ボクの旅は、誰かと一緒な訳じゃないけれど。

何だかDavid Fosterの『I Will Be There With You』がずっと頭の中を流れる1日。

We go and when we come back again
Everything seems like it’s new then

 

JALのボーディング時の機内音楽です。

また旅に出られる日。
いつ、そんな日が来るのだろうか。

皆様、ただいま飛行機のドアが閉まりました。

携帯電話などの電波を発する電子機器類は、機内モードなどに設定するか電源をお切りください。

業務連絡です
客室乗務員は、ドアモードをアームドに変更してください。

やっぱり『I Will Be There With You』を聴くと、そんな声まで聞こえて来そうな感じです(最早、病的かも…)。

どうでもいい話ですが、ボク的には、ドアモードは“アームド”。“オートマティック”じゃなく。
そして、このセリフが機内で聴くアナウンスの中で、一番好きです(謎)。

いや、ホントにどうでもイイ話しですね。

旅先は逃げない。
また次の旅に向かって、このブログでの情報発信を含め、コツコツと情報収集とか、マイル収集とか、今の自分に出来るコトをして行こう。

改めて、そう思った出来事でした。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください