草津・共同浴場めぐり:「関の湯」

Sponsored Link

湯畑スグ、だけれど目立たない…

草津温泉の中心部である湯畑。

そこからホントに歩いてスグの距離にある「関の湯」。

だけれども、かなり目立たない。

横に長い感じはあるし、外から見て「関の湯」の表記はあるのだけれど、しっかり・どっしりとした入口がある訳でもなく、寧ろ、どこから入るの?ぐらいの勢い。

だけれども、湯畑の下部から湯滝通りに入って、左側をずっと見ていれば、スグと言う立地で、アクセスはしやすいので、利用はしやすいかと。

ただ利用出来る時間を含め、注意点のある「共同浴場」だとは思いますが。

勝手口の様な入口

まず建物向かって左側の男湯入口から建物に。

この入口、別に目立たない訳じゃないのですが、他の「共同浴場」が、しっかり・どっしりとした入口を構えているのとは対照的に、誰かの家の勝手口の様な広さです。

そして、脱衣所も、その勝手口の広さに比例しているぐらいの広さ。

さらに言えば、湯船も、それに比例しているぐらいの面積でしかありません。

つまりは、狭いのです。

なので、そもそも脱衣所に入る前に、他の人の靴があったら、もう時間をズラした方がイイのでは…と言いたくなるぐらいデス。

と言うか、もうズラしましょう。

そんな感じです。

14:00~15:00と、18:00~22:00が、清掃と地元の人の利用専用時間帯なので、もうそもそも入る時間を考えていくべきかと(つまりは午前中か夜中)。

ただアクセスはしやすいので、朝イチ風呂でも、夜中のお風呂としても、不便はしないとは思いますが。

 

寧ろ、この狭さが心地良い…

さて、湯船。

狭いっと書きましたが、実際に入ってみても、やっぱり狭い。

そもそも正方形や長方形に湯船が取れないぐらいの広さで、変形ですらあります。

足を延ばせば、対面にスグにぶつかります。
足が長くないボクですら、ぶつかります。

だけれども、何か悪くないんです。

何だろう…
この感覚…と思ったのですが、スグに分かりました。

家のお風呂、です。

「共同浴場」で、源泉がそのままいっぱいの湯量で流れていますが、最早、「我が家のお風呂」。

そんな感じです。

これまでの「共同浴場」とは、もう楽しみ方が異なると言う場所なのかも知れません。

足を湯船の淵に掛けてると、もう「我が家のお風呂」状態の出来上がりです。

ただ湯船が小さいのに対して、お湯の量は他の「共同浴場」とそう変わりがないからなのか、かなりのお湯が溢れ出て行くと言うのは、温泉ならではなんですけれどもね。

建物が、新しい訳じゃない。

広い訳じゃなくて、寧ろ、狭い。
だけれども、居心地が良い。

そんな「関の湯」。

ある意味、草津温泉の「共同浴場」の中では異色ですが、なかなか居心地が良かったです。

ただグループで行くのは、絶対に避けましょう。

3人も入れないんじゃないかな、実際の話。

★★★「共同浴場」利用時の注意★★★

草津温泉には、現在、19カ所の「共同浴場」があります。

過去には観光客も利用が出来ましたが、「大声を出す」「備品を持って帰る」などの入浴マナーの悪さが目立ち、観光協会の公式WEBサイトに記載があるのは、「白旗の湯」「千代の湯」「地蔵の湯」の3ヶ所のみになってしまいました。

「共同浴場」自体、町で管理しているのではなく、地元の方々が管理しているモノなのですが、元々、草津温泉には、「もらい湯」と言う文化があり、マナーを守って「もらい湯」の精神を持って、地元の方々への最大限の配慮を忘れずに利用すれば、入浴自体は可能と言えるかと。

マナーとしては、以下の通りかと。

・浴場内での清掃/整理/整頓を心掛ける
・浴場内での飲酒/飲食などはしない
・自分のゴミは持ち帰る
・大声で話すなどは止める
・タオルは持参し、浴槽にはつけない

など、当たり前のコトに加えて、

・他に入浴客がいたら、挨拶をする
・湯の温度を下げたい時は、他の入浴客の許可を得て、次の方の為に下げ過ぎない/水を出しっぱなしにしない
・浴室から出る際は、脱衣所を濡らさないように体を軽く拭く
・開館時間は守る
・ほとんどの場所で駐車場がないので、車での利用は避ける

などは守って、地元の方に迷惑が掛からないように利用するように、心掛けましょう。

「関の湯」

住所:群馬県吾妻郡草津町草津393
営業時間:22:00~14:00・15:00~18:00
アクセス:湯畑下部から湯滝通りに入り、直進した左側(右側にジンギスカンの越後屋が目印)

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください