キレイに変わりすぎ!でもより便利になった伊丹空港!

06.JAPAN
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

搭乗した伊丹行のJAL。

機内はホントに満席。座席が中列ってのも、あまり記憶にはないぐらい久しぶりだし、多分、国内線では初だったと思う。

隣の人にCAがわざわざ挨拶しに来ていたので、ちらっとその様子を見たら、黒カード。

つまりはダイヤモンド会員ですね。
最上位のダイヤモンド会員が、普通席の後列にいるぐらいに人が埋まっていると言うコトなので、ボクみたいないつまで経っても平会員で、ギリギリ手配なんだから、窓や通路側が取れなくても納得です。

変わり過ぎた伊丹に唖然

伊丹までは所要1時間。

ホント、あっと言う間に到着。

さて、伊丹空港。

ちょっとローカル感満載で、それでいて程よい広さで便利な空港の伊丹。

リニューアル工事が長いコト行われていて、それが完成したのは知っていましたが、どう変わったのか…と思いつつ、降機したのですが…

 

びっくり。

めちゃくちゃキレイになり過ぎてました。

制限区域内ですが、フードコートみたいになっていて、そこにお店もズラリ。

今までは制限区域内にはほとんどお店がなかったので、これでかなり時間を読めるようになるんだなぁ…と思ったら、「たこぼん」が、こんなところに入っていました(今までは制限区域外にあったお店)。

ってか…

伊丹から出発の時はよく利用していたのですが…

こんなキレイな「たこぼん」知らない…(笑)。

伊丹空港じゃなくて、どこかイオンか何かに着いたんじゃない?と言いたくなるレベルでした。

「美々卯」に「神座」。
滑走路が見える「GRAND BLEU」。
「りくろーおじさん」もある!
さらにJAL系の「TABITUS+」も!

あぁ、何度も使いたくなるレベルです。

やっぱりJAL、好きなんだな。
満席でもそう思ったフライトでした。
何が?と問われると困るけれど。

到着が2階で完結する便利さ

さらに到着フロアとゲートが同じ階層の中央部になっていました。

これまでは、モノレールで市内に出ようとすると、到着(2階)→出口(1階)→モノレール(2階)と、上下移動があったのですが、これでずっと2階のままと言う便利さに。

ちょっとしたコトなのですが、これはやっぱり便利ですね。

羽田みたいに歩く距離も長くない伊丹ですから、よりスムーズになったと言う感じ。

ってか、ここ、かつては何があったんだろう…と思うレベルで変わってしまっていて、もう前の伊丹がこの時点で思い出せなくなってしまっていました。

ターンテーブルの長さとかも、国際線が飛んでいなくて国内線専用だから、そこまで荷物を預ける人も多くないからか、長くなくて控えめなのも、良いですね。
ピックしそびれても、ちょっとの時間で1周するし(笑)。

で、荷物をピックアップして、今度は制限区域外のエリアに。

面影は天井の低さぐらい?

ここも変り過ぎです。

昔の伊丹の面影を探してみたけれど、天井の低さぐらいしかナイぐらいに変わってしまっていました。

保安検査場の入口もパタパタの案内板がなくなって、電光掲示板になり、そもそも位置が変わっていましたし(到着の荷物レーンの場所は、前の保安検査場辺りってコトですかね)。

ココ、ホントに伊丹かよ。

そのレベル。
お店のすっかり垢抜けた感じになっていて、びっくり。

今までのあのちょっと古いお土産物屋街はいずこへ…?的な感じ。

ターミナルの建て替えじゃなくリニューアルで、ここまで一気に変わった空港も、国内だと他に例がないのでは?と言うレベルですね。

リニューアルされると大体、利用者としては不便になるコトが多いですが、今回の伊丹空港の場合は、到着フロアが南北で一緒になり、階層が1つ上の階になるなど、利便性も向上しているし、搭乗時もスマートレーンの新設など便利になった感じで、より利便性が向上しているのは、大きなポイントですね。

それでいて、お店がガラリと変わり、キレイになり、制限区域内の出店も多々で…

関空も好きな空港だけれど、“やっぱり伊丹は便利”に拍車が掛かった気がします。

さて、ちょうど昼時だったので、ちょっと小腹を満たしたい気持ちもありましたが…

色々あり過ぎて、選べないっ(笑)!
そんなぐらいで、もうこうなったら、「あのお店」に行こう!

そう思って、ターミナルビルを後にしました。

コメント