インドであって、インドじゃなかったハブロック島、脱出!

Sponsored Link

ハブロック島からポートブレアに脱出!

ハブロック発のフェリーは、予約が出来ないニール島発と違って、予約が出来るのが有難い所。

前日に乗船券を買いに行ったら、男女の列に分かれているのですが、

・男性列の2組前→ニール島とポートブレアで同じ宿だったスイス人
・女性列の最後尾→ポートブレアからニール島まで同じ船だったカップル
・その後、ボクの後ろに→ポートブレアからニール島まで同じ船だった男性

と、何だか見覚えのある顔がずらり…でした。

ってか、どんだけ狭い社会なのやら(笑)。

合計で2週間弱のニール島とハブロック島滞在。
ポートブレアも確かにアンダマン諸島の町なんだけれども、“滞在が終わっちゃったなぁ…”と言う気分でいっぱい。

集落(ニール)から村へ(ハブロック)。
村から町へ(ポートブレア)。

そんな感じです。

フェリーは今回も定刻通りの運航。

“インドの船”と言うと、どうしても定時なんてあってなさそうなイメージでしたが、乗船したどの便も、ホントに定刻通りの運航でした。

雨とか波が出たりしたらまた違う話なのでしょうけれどもね。

因みに、乗泉寺にイミグレスタッフから、

・入島日
・宿泊場所
・パーミットのチェック
・パスポートチェック

がありました。

ってか、こうしたチェックがあったのは、初でアンダマン滞在中では、唯一でした。
ホント、最早、パーミットなんて形骸化している様な、そんな気すらしますね。



ポートブレア到着!

ポートブレアに到着して、スグに宿に。

前と同じ宿で、歩いて船着き場から行ったら、先客が。

ハブロックから同じ船で戻って来たスペイン人でした(笑)。

彼はリキシャで宿に向かうから~と、港で別れたのですが、同じ宿だったなら、歩かずにリキシャをシェアしても良かったかな…と思いつつ、宿の女主人も顔を覚えてくれていて、前と同じ部屋を用意してくれました(詳しくは、『ポートブレアの宿:Hotel Raja Monsoon Villa』)。

ついでに明日の朝は早朝出発なんだけれど…と言ったら、

・お金は今払って貰ったから問題ない
・鍵は南京錠に付けっぱなしで良いから

と臨機応変に対応してくれました。



アンダマン最後の夜は、ちょい飲みに…

アンダマン、最後の夜。

と言うコトで、飲みに行ってみました。

ポートブレアは旅行者が集まるからなのか、チラホラと室内で飲める場所が目につきます(とは言っても、そんなに数は多くないけれど)。

明日、朝、早いのに…と思いつつ、何気にニールでもハブロックでもまともには飲まなかったので、久しぶりのお酒。

やっぱりインドだから…と言うコトで、キングフィッシャーに手を出してしまう自分がいます。

“~~っ!!!!”

あー、久しぶりにちょっと冷えたビール。
何ともいい感じです。

ほとんど情報がないままにやって来たアンダマン諸島。

まぁ、何とかなるモノです。

ってか、島だからと言うコトもあって、困っていたりすると、どこからともなく助けてくれる。
そして、親切にしてくれる。

実際に昔に来たコトがある人は、「インドだけれども、インドじゃない」。

そう言っていました。

確かに、そんな気がします。

「インドだけれども、インドじゃない」。

穏やかで嫋やか。
海とビーチしかない様な、そんな島かも知れない。
だけれども、そこに暮らす人々は、親切でぼった来るコトもなければ、大声でがなり立てるコトもなく。
スリとかもいない(でも充分に注意はしましょう)。

ひたすらのんびりとした空気感。

「インドだけれども、インドじゃない」。

ホント、そのコトバが今更ながらに身に染みて分かる。

そして、そんなインドに出会えたコトに感謝。

「インドで泊まった宿」関連はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。