ポートブレアの宿:Hotel Raja Monsoon Villa

Sponsored Link

ポートブレアでたまたま見つけた安宿

全く宿情報を持っていなくて、空港からオートリキシャで連れて行って貰った安宿(Hotel Lalaji Bayview)が、まさかの満室。

しかも、空港からのリキシャをそこで手放してしまったので、途方に暮れながら、どうしようかなぁ…なんて、とぼとぼと中心部へと向かう最中に、たまたま宿の看板を見つけたので、入ってみた宿。

受付と値段の安い部屋は別の場所にある感じの宿で(とは言っても、ほぼ隣ではありますが)、まずはレセプションへと向かう。

まぁ、レセプションと言っても、いつも人はいないんですけれどもね(呼び鈴があるのですが、これがまた大変、分かりにくい場所にあり、レセプションを背にして、左斜め右側に呼び鈴があります)。



狭いシングル部屋だけれども、キライじゃない

部屋自体は、大変、狭い部屋。
ホントにベッドがあるだけと言う簡素さ。
日本人でも、背の高い人だと、ベッドから足がはみ出るのでは?と言うぐらいで、荷物を置くと、それで部屋の大きさにぴったり…みたいなぐらい。

しかも、大して安くもないし(多分、もうちょっと交渉すれば良かったかな…とは)。

ただ他にポートブレアの安宿情報を持っていなかったと言うのと、そもそも暑くて、とりあえず、チェックインしたかったのに加え、1泊だけだったので、ほぼ言い値で泊まってしまいました。

 

 

ってか、1つだけポツンと別棟になっているので、外から見ると、物置に見えなくもない。
実際、後から来たスイス人がスタッフ部屋だと思って、誤ってノックをして来たぐらいに、しょぼい。
パッと見ると、旅行者向けの部屋とは思えない感じ。

ベッドに蚊帳はナイのですが、何故か、ほとんど蚊は見ませんでした(皆無でもないけれど)。

少なくとも、部屋の中に入って来るコトは無かったです。

共同のトイレとシャワーは、結構、キレイで、そんなに狭さも感じないですが、そもそもの個数は少ないです。
ただ他にトイレとシャワー付きの部屋がどれぐらいあるのかが分からない宿でしたが。

部屋数自体は、そこそこある様に思えるのですが、実際、そんなに旅行者がいたかと言われると、そうでもなく、満室にはなりそうにない気がします。

宿自体、緑に囲まれていて、大きな部屋が中庭にあり、ブランコが掛けられていたりします(上の写真にも映っていますが)。
何となく気に入ったのは、その雰囲気ですかね。
朝夕と、ちゃんと中庭も掃除してくれていましたし。

ポートブレア中心部までも徒歩圏内

中心部までも歩いてスグだし、フェリー乗り場までも歩いて行ける範囲。
中心部からだと坂を少し登る感じになりますが、さらに進むと、ボクが最初にリキシャで降りた宿があり、そこはロンプラにも掲載されている宿です。
ただ、そこからだと連泊すると中心部までの上り坂が億劫になるかな?と。
まぁ、その宿自体、屋上にレストランを持っていますし、宿の前に商店もあるので、そもそも中心部にまで出て行く機会もそう多くはないかと思いますけれど。


場所的には、中心部からも見える大きなモスク(Jama Masjid)を通り過ぎたちょっと先の右側。
もし空港から来るのであれば、宿名で通じなければ、このモスクで降りると良いかと。
レセプションのある建物の1階には、旅行会社だったり、洋服屋だったり、貴金属を扱うお店が何軒か入っているので、建物自体は分かりやすいです(因みに、レセプション自体は、通りに面していません)。

外に出ている看板は古ぼけていて、そこまで大きくもなく、分かりにくさはちょっとあります。

中庭もあって、環境的には静かだし、Wi-Fiさえあれば、ちょっとゆっくり出来そうな宿ではあります。

因みに、コンセントは謎の2ヶ所。
そして、ファンはそこそこ音はしますが、強めです。
最大にして寝ると、風邪ひきそうなぐらいです。

島を巡って帰って来た時も、この宿を利用しましたが、宿のお母さんが、チェックアウトの時に、

「いつ帰って来るの?」

と聞いて来たので、日付を伝えると、

「その日は、この部屋、開けとくね~」

と言ってくれました。
まぁ、実際、予約と言うほどの話ではない様にも思うんですが、ちゃんと同じ部屋を開けていてくれました。

パーミットのチェックはナシ。
ってか、1泊だけならばパスポートの記入やチェックも無しとのコトでした。

先払いで、朝早いチェックアウトの時は、鍵は扉に差しておいてくれればいいよ~と言うぐらいにラフな宿(笑)。



Hotel Raja Monsoon Villa

シングル:500Rs
住所:不明
Wi-Fi:なし(離れたレセプション周りのみ)
朝食:なし
キッチン:なし
ホットシャワー:なし
喫煙スペース:中庭で可(但し、灰皿は特になし)
アクセス:中心部からは徒歩圏内で、フェリー乗り場からも歩ける(フェリー乗り場からの場合は、遠回りでも中心部経由の方が上り坂が少ない)。空港からオートリ汽車に乗ってくる場合で、宿名を伝えても伝わらなかったら、Jama Masjidに向かって貰うと、モスクからはスグです。

「インドで泊まった宿」関連はコチラもチェック!






おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。