チェンナイの宿(2):Royal Green Accommodation

Sponsored Link

チェンナイの空港寄りの宿に移動

翌日の飛行機に備えて、移動した宿。
とは言っても、そこまで早い便でもなかったんですけれどもね。
ただ、朝ラッシュは避けたかったと言うだけなんです(笑)。

空港近くです。

ただ駅的には1駅離れていると言う感じで、最寄り駅は、郊外列車の“Pallavaram”駅です。
しかも、別に駅から近い訳じゃなくて、寧ろ遠く、ボクは歩きましたけれど、かなりしんどかったです(最寄駅から近くを走るバスはあるのですが…)。

空港までの大通り沿いとかにあれば、まだ便利なんですけれどもね。

予約サイトのBooking.comからの予約。
ぶっちゃけ、利便性と言うよりも、評価で選びました。
と言うか、空港近くの宿、評価が低すぎて、ついコメント読んでみたら、もう泊まる気が失せる宿ばかりで。
1泊だけって分かっていても、やっぱり良い気分で町を出たいモノですからね。

広いけれどもシンプルな部屋

さて、部屋自体は特に何もない感じ。

ベッドはかなりの大きさ。
でも、その他はトイレとシャワー、そして机・椅子があるぐらい。
窓はあるのですが、小窓で、別に通りとかに面している訳でもなく、ほとんど開かない様になっていました。

まぁ、スペックとしては充分ですし、部屋自体は、無駄に広かった感じです。

Wi-Fiは部屋でも使えるぐらいに強かったのは、かなり有り難かったです。

部屋自体もとても掃除が行き届いている感じを受けました。

欲を言えば、共有スペースがもうちょっと使い勝手が良ければ…と思うのですが、そもそも空港近くの宿と言うコトで、長居する人がいる想定とかじゃないんでしょうね、やっぱり。



時間にしっかりしている宿でした

朝食は付いているのですが、インド式かトーストかで選べました。
ただトーストを選んだところ、ホントにトーストとコーヒーと言うシンプルなモノ。

朝7:30から朝食可能らしく、8:00にお願いしたら(時間も聞かれました)、ボクのスマホの時計でホントに8:00じゃストに持って来てくれました(因みに、部屋食です)。
ホントに10病も違わないぐらいにぴったりの時間で、びっくり。

空港までも、150Rsでタクシーを呼んでくれるのですが、ボクの場合は、Uberを呼んでくれました。
それも8:30にお願いしたら、ほぼ8:30にちゃんと車が来る感じ。
しかも、Uberに乗り込む前に、ちゃんとターミナルが“国内”か“国際”かを聞いてくれて、それをドライバーに伝言してくれるきめ細かさ。

空港近くの宿で、時間にルーズな宿って、ホントに意味を成さない宿だと思っているのですが(特に、出発の為に利用している場合)、この宿はそれがしっかりしていました。

ただ駅までの距離もありますし、バス路線も大して走っていないし、近隣に食事処が少ないと言うのを考えると、やっぱり1泊だけの利用に限られるのかな…とも思いますが。

ちょうど泊まっていた日に深夜に到着した人もいた感じですが、ちゃんと待っていて出迎えていたみたいなので、夜遅い到着でも利用出来るかと思います。

ほぼ真上を着陸の飛行機が飛んでいくと言うようなエリアにありますが、そんなに音が気にならなかったのは、そもそもそこまでの便数がナイからなのか(少なくはないけれども)、それとも大型機が少ないからなのか、どちらなのかな?

1階にATMがあります。
良い目印になるかと。

夕方・夜(朝対応)・ボスと3人の宿のスタッフに会いましたが、それぞれちゃんと連絡が行き届いている感じだったのも、嬉しい限りです(但し、夕方にいた人はあまり英語が通じませんでしたが)。



Royal Green Accommodation

シングル:960ルピー
住所:#13, Pozhichaiur Main Road, Nehru Nagar
Wi-Fi:あり(強い)
朝食:あり(簡素)
キッチン:なし
ホットシャワー:なし
喫煙スペース:館外にあり(ホテル外の階段踊り場が喫煙場所になっていました)
アクセス:市内中心部から60番のバスが近くのPAMALと言うバス停まで走っています。その他に、Pallavaramのバス停からこのエリアのみを走るミニバスみたいな系統が走っており、こちらならばより宿の近くまで走っています。
空港から歩くとなると、3km以上はあるので、そこまでおススメ出来ないかな…とは。
因みに、Pallavaramの駅前はちょっとしたマーケットとか、ローカルな衝動とかもあったので、食べてから宿に向かった方がベターかも。宿近辺にはお店がナイ訳じゃないのですが、選択肢は限られています。

「インドで止まった宿」関連はコチラもチェック!






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。