ポンディシェリー宿:Micasa Hostels

Sponsored Link

インドとは思えないレベルの宿

先に感想だけ言ってしまいます。

“インドの宿かよ、ココ”。

そのぐらいの宿でした。
良い意味で。
このレベルの宿が、インドにももうちょっと増えたらなぁ…みたいにすら思ってしまった、そんな宿でした。



キレイなドミトリーはWi-Fiが最強!

まず、何と言ってもキレイ。
出来てまだそこまで年月が経っていないのか、かなりキレイです。

ドミトリーのベッドも、丈夫すぎるぐらいに頑丈で、上段のベッドに登っても、あまり揺れないぐらいに。

しかも、ちゃんと1人1個、ライトと電源が備え付けで着いています(周りのベッドを見る限り、どこも壊れていなさそうだったのも、びっくりです)。

そして、エアコンと大きなファンが完備。

さらにWi-Fiが激早・激強。
You Tubeなどの動画が見れる他、動画のアップロードとか、ダウンロードすら出来ちゃうぐらいの強さでした。
今回の旅の中では、今までで一番、Wi-Fiに強い宿ですね。

ロッカーはベッドの下側にあるタイプ(なので、要・自前のカギ)。
ただベッドの下にあるだけのロッカーなので、そんなに高さがナイと言うのが、ネックで、バックパックが大きい人はもしかしたら入らない可能性があるかも(横幅は充分にあるんですけれどもね)。

因みに、ボクのバックパックは45Lなので、すんなり入りました。
が、60Lぐらいになると、何か中のモノをちょっと抜かないと、そのままでは入らないかも。

途中で部屋が12人ドミから6人ドミに変わりましたが、値段はどちらでも同じ。
12人だとさすがにちょっと息苦しさはあるかなぁ…と言うのが、正直な所。

あと、ドミトリーでもベッドが窓側なのかどうかで、大きな違いはある様にも思えますけれどもね(カーテンと言うか、簾みたいなのが掛かっているので、自然光としてはやや暗めですが)。

屋上は、喫煙所兼リラックススペースみたいになっていて、イスがちらほらと用意されていたので、まどろんだり、お酒を飲んだりもしやすかったです。

屋上までWi-Fiが届いていた(さすがに弱くはなっていましたが)のも、嬉しいポイントでした。

水回りは、建物がキレイなのと同様に、コチラもキレイです。
しかも、シャワー+トイレルームにも大きなファンが取り付けられていて、常時、力強く回っているので、水浸しになっている時間が短いと言うのは、嬉しい所。

水回りは男女別にはなっているのですが、ちょっと個数は少ないかもなぁ…と言う感じはしますが、現地の方は比較的、シャワーもあっさりなので、シャワーが空くのを待つと言うコトは無かったです。



フランス人居住区のも程近い繁華街の中に立地

場所的には、インド人居住区側ですが、繁華街に面しているのと、フランス人居住区にも歩いてスグと言う好立地です。

バスターミナルからも、荷物が大きくなければ歩いて行ける範囲内でした。

因みに、宿を右に出て、最初の角の右側に酒屋があります。
ポンディはお酒も安いので、酒屋が近いと言うのも、嬉しい所(詳しくは、『インドでお酒を飲みたい?ポンディに行け~!』参照)。

あえて欲を言えば、屋内の共用スペースにテーブルとかが欲しいかな、と。
Wi-Fiが強いので、それがあれば、そこでブログを書いたりも出来たのですが。

あと、各ベッドにカーテンなんかがあったら、もうサイコーです。

でも、ホントにそれぐらいでした、不満点は。

こうやって書いてみたけれども、インドの宿とは思えないぐらいです。
600ルピーと、インドのドミトリーにしてはちょっと値段は高い感じがしますが、全然、妥当なレベルの宿だとは思います。



Micasa Hostels

ドミトリー:600ルピー(約945円)
住所:461 Mahatma Gandhi Road, Puducherry
Wi-Fi:あり(かなり強い)
朝食:なし
キッチン:あり(軽めの)
ホットシャワー:あり
喫煙スペース:あり(屋外と3階のベランダで喫煙可能)
アクセス:バスターミナルから歩いても20分ぐらい。駅からはもうちょっと近い。フランス人居住区へも歩いて巣ブロックで、立地的には便利。

「インドの他の宿」関連はコチラもチェック!






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。