プリ―のビーチは、トイレだ!

Sponsored Link

プリ―はビーチも広がっているんですよ

インドのプリ―。

漁村町であり、門前町であり、ビーチが広がる町。

コルカタから直通の列車が何本かあるぐらいだから、そこまで小さな町でもナイんですが、そんなに大きな町と言う訳でもなく、鄙びているかと言われたら、そうでもなく、それでいて栄えている感は皆無だったりする町。

日本人はある程度、集まっているけれども、外国人旅行者が大挙して押し寄せる様な町でもなく…

日本で言えば、どの辺りの町に似ているんだろう…と考えてみたけれども、今や、日本も外国人観光客が何処に行ってもいるぐらいだから、案外、例えるのが難しい。

首都圏で言えば、茨城の高萩とか?
関西で言えば、和歌山の御坊とか?
いや、根拠はないんですけれども。

“ビーチが広がる”…と言っても、白い砂浜がある様なビーチじゃない。
確かに砂浜は長く、ずっと続いてはいるんだけれど、ちょうど旅した時期は波も荒くて、別に泳ぐのに適しているとも思えない。

ビーチで喜んでいるのは、インド人ぐらいなモノで。

でも…
このビーチ。

絶対に、泳ぎたくないビーチであり、海だったりします。

あ、因みにここから先はキレイな話、皆無です。
食事中の方、すいません。
因みに、写真は別に隠し撮りとか望遠とかじゃないですからね。

プリ―のビーチでは泳げない…

泳ぎたくない理由…

それは…

フツーにトイレですから!ココ!

子供がプールの中でお漏らしをしてしまう…と言うのは、褒められた話じゃないけれど、別に“あるある”なレベルの話だと思う。

でも、このビーチ。

そんなレベルじゃない!

そのまま大人も子供も、大便スポット。

港周りの家々に、トイレが完備されていない。

それが大きな理由だとは思うんだけれども、漁村近辺のビーチはあちらこちらがトイレ状態。

しかも、人だけじゃなくて、動物の排泄物もそこに加わって来るから、余計に。

用を済ませた物体が、そのままビーチに残る場合もあれば、そのまま波にさらわれて行く場合も。

そして、用を済ました後は、海水でお尻を拭いている町の衆。

別に、それを咎める訳じゃない。
だって、トイレがナイんだから、家に。
昔は、日本だって似た様な話だったんだろうし。

そもそも、人間、生きている以上、食べた分は排泄する訳だから。

でも…

至る所で、お尻を出して、ちょこんとビーチしゃがんでいる姿を見てしまうと、何とも言えない気分になるのも、事実。

何でしょうね。

見てはいけない何かを見た様な…

中国で不評を買っていたニーハオトイレとは、また違った趣があるけれど、さすがにボクはココでは用を足せない様な気がする。

インド人は軟便なのか?カレー主食だからなの?

で、何となく見ていたら、軟便なんですね、こちらの方々(笑)。

別にお腹を壊していると言う訳じゃないでしょうし、全員が軟便かと言われたら、違うんだろうけれど、軟便の人が多い気が。

よく軟便になる理由としては…

  • 食べ過ぎ
  • 飲みすぎ
  • カフェインの取りすぎ
  • 冷たいモノの取りすぎ
  • お腹を冷やした
  • ストレス

と言われたりしていますが、そもそもアルコールを過分に取る様な人達じゃない(宗教的にも)。

冷たいモノだって、そう満足には取れないでしょうし、家にクーラーとかがある訳じゃないから、お腹だってそこまで冷やさないでしょう。

乳製品を取るのがベターだとも言われていますが、ヨーグルトの一種であるダヒーから作るラッシーがあるお国柄なんですけれどもね。

やっぱりインド人にとっても、カレーは辛いんだろうか。

毎日カレーだから、軟便になりやすいんだろうか。

ふと、そんなコトを考えちゃいました。

でも、軟便だから余計に、スグに海水に溶けちゃう(笑)。
だけれど、そのすぐ近くの海で採れた魚を、“美味しいっ!”食べている自分もいますけれどね。

プリ―で採れた魚は食べられる。
でも、プリ―のビーチでは泳げない。
だって、ビーチじゃなくて、トイレだから、ココ。

*ちょっとバイクとかで離れた場所まで行けば、トイレになっていないキレイな泳げるビーチもあるので、泳ぎたい方はそちらに行きましょう…

「あぁ、泳ぎたくなってきた…」的な記事はコチラもチェック!






おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。