Flickr、無料プランが1,000枚までに激改悪!!

Sponsored Link

長旅の写真の保存方法って、何がベストなん?

長い期間の旅に出る際、悩ましいのが、写真の保存。

幾つかのやり方はあるかと思います。

・外付けHDDに保存する
・オンラインストレージサービスに保存
・USBメモリーに保存
・CD/DVDに焼いて日本送付

こんな感じでしょうか。

外付けHDDとUSBメモリーに保存すると言うのは、楽なのですが、盗難・紛失の恐れが付きまとう訳で、そこそこリスキー。
ただ以前と違って随分、容量が大きめでも値段が下がって来ていると言うのは、朗報だったりはしますけれどもね。

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0バスパワー対応 日本製 EC-PHU3W1”とか、1TBで6,000円台ですからね。

CDやDVDに焼くのは、PCにドライブがなくても、何処かしらで作成出来るので、難しくはないのですが、日本に送付となると、少し面倒くささが付きまとうのも事実(いや、送るだけなんですけれどもね)。

なので、オンラインのストレージサービスを利用してアップして保存してしまうのが、楽は楽だったりしますし、それが一番、望ましい形の様には思えます。

ただこの方法も、ネット環境が良くないとかなりの時間が取られてしまうので、出来る国や都市が限られると言う制約はありますけれど。

オンラインのストレージサービスで問題になって来るのは、どのサービスを利用するのか。

今回はそこに主眼を置いた記事ではなく、オンラインのストレージサービスを提供している「Flickr」が、サービスの大幅な変更を実施すると言う内容の記事です。

Flickr、無料サービスを大幅改悪!

「Flickr」は、あまり日本では知られていない気はしますが、写真共有サービス。

今まで、無料プランだと1TBまでのストレージ容量を利用出来たのですが、それが2019年1月8日以降は、写真または動画の保存を無料で出来るのは、1,000点までに限られるコトに。

1TB→1,000枚。

(;・∀・)

う、嘘でしょ。

そう言いたくなるぐらいに、かなり大きな変更点です。

旅行をしていると、1,000枚なんて、何気にスグですからね、ホントに。
ってか、そこまで写真の枚数が多くもないボクでも1・2日で撮ってしまえるぐらいの枚数(ってか、旅ブログを書いている人なのに、写真の枚数が少ないと言うのも、珍しいパターンだとは思いますが)。

もう“おいおい、ふざけんな”レベルの変更(無料で使わせて貰っていて言うのもおこがましいですけれど)。

1,000枚以上の超過分は削除されるコトに!

2018年4月に、同じく写真共有サービスであるSmugMugに買収されたのが大きいのでしょうかね。

2019年1月8日以降に、1,000点以上の写真や動画が保存されている場合は、それ以上のアップロードが出来なくなり、2019年2月5日以降は、日付が古い順に超過分のファイルが削除されるとのコト。

ストレージサービスの無料で利用出来る容量の縮小。

これ自体は、特段、珍しくもナイ話。
ただ超過分を削除するとなると、そんなに聞かない話の様に思えます。

但し、無料プランのユーザーの97%は1,000点未満しか保存していないとのコト。

ん?

そんなコトないでしょーっなんて、つい思ってしまいますが、ボクの場合、利用しているの無料プラン。

そして保存している写真点数は…

 

7,617Photos。

あ、あかんヤツやんっ!
全然、足りてないヤツですやんっ!

ちょっと惜しいとか、そんなレベルでもなく、遥かに超過。

それでも南米の写真とかは、Flickrで保存していないんですけれどもね…

どうもFlickrいわく、無料で1TBのストレージを提供していたのが、逆にあまり写真に興味が名ユーザーを引き寄せてしまって、Flickrの価値を落としてしまったと判断したみたいです。

因みに、ボクの場合は、完全に写真共有の機能はオフにしていて、自分だけしか見られない設定で、ストレージサービスとして割り切って使っている感じ。

つまりは、Flickrが一番、好んでいない客と言うコトになるかも知れませんね(笑)。

アメリカYahoo!アカウント以外でのログインが可能に!

1TBが無料で利用出来たFlickr。

まぁ、今までが大盤振る舞いだったと言えば、ちょっと納得出来たりはしますけれども。

それでも、日本であまり流行らないのは、そもそもアメリカのYahoo!アカウントがないと開設・ログイン出来なかったのが大きかったのだとは思うのですが、この部分だけは改善が図られ、2019年1月からはアメリカのYahoo!アカウントを使わずにログインが可能になるとのコト。

ただ1,000枚だけだと、もう全く旅行中でも使えないサービスと言うコトにはなりますけれどもね。

有料サービスを使えってコトなのでしょうね。

因みに有料プランの「Pro」だと、以下のメリットが。

・写真の保存が無制限
・広告の非表示
・保存できる動画の長さが3分→10分(2019年度初頭より)

などが挙げられ、年額49.99US$。

2018年11月末までに有料プランに変更すると、1年目の料金は30%オフになるとのコトです。

ただ元々、そこまで邪魔な広告が出て来る訳じゃないし、値段を考えると、正直、ビミョーと思えてしまいます。

いや、それは単に、今までの無料プランを考えると、メリットが感じられないと言う方が正しいのかも知れませんけれど。

とりあえず、旅中の写真の保存方法について、これから考え直さないとなぁ…

「旅 × IT × サービス」的な記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。