正月だから、マイルの保有数とこれからを考えてみた-2019年版

旅エトセトラ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

2019年もマイルを集めたい…

“1年の計は元旦にあり”。

そう昔の人が言ったとか言わなかったとかは、よく分かりませんが、やっぱり新年ともなると、新しい目標を立てたくなるモノ。

個人的には、“また旅に出れればいいな”とぐらいに(毎年ですが)思っている新年な訳ですが、その為のツールが“マイル”。

2018年の新年にも、保有マイル数を見てみましたし、半年後にの増減も公表していたりしますが、2019年元旦時点のマイル数を、見てみたいと。

そもそもボクが今、保有しているマイレージプログラムは、全部で6つで、以下の通りです。

航空会社マイレージプログラム名本拠地加盟アライアンス
日本航空JALマイレージバンク日本ワンワールド
デルタ航空DLスカイマイルアメリカスカイチーム
ユナイテッド航空UAマイレージプラスアメリカスターアライアンス
キャセイパシフィック航空アジアマイル香港ワンワールド
イベリア航空イベリアプラススペインワンワールド
ブリティッシュエアウェイズエグゼクティブクラブ英国ワンワールド

相変わらず、ワンワールドばっかり。

マイレージプログラムの詳細としては、次の記事を参考にしていただければ…
【徹底ガイド】JALマイレージバンク(2018.07発表)
【徹底ガイド】キャセイパシフィック航空アジアマイル(2018.06改定)
【徹底ガイド】BAエグゼクティブクラブ(1)

まぁ、イベリア航空とブリティッシュエアウェイズは同意義なので(マイルの移行が出来るため)、感覚的にはワンワールド3つにスカイチームとスタアラが1つずつと言う感じでしょうか。

まずは、2018年の動き。

マイレージプログラム2018年元旦時点2018年6月末時点マイル増減数
JALマイレージバンク20,23531,347+11,112
Deltaスカイマイル63,75263,752+0
Unitedマイレージプラス45,29346,352+1,059
CXアジアマイル15,96315,968+0
IBイベリアプラス013,102+13,102
BAエグゼクティブクラブ0850 +850

こんな感じでした。

搭乗で積算したプログラムって、ほとんどナイんですよね…

イベリア航空に至っては、今まで1回も搭乗したコトすらないですし。

[amazonjs asin=”4802204833″ locale=”JP” title=”マイレージ上級会員BOOK (ANAプラチナ、JALサファイアへの最短ルートを解説)”]

2019年元旦時点の保有マイル数は…

さて、2019年の元旦時点での保有マイル数は、こんな感じ。

マイレージプログラム2018年元旦時点2019年元旦時点マイル増減数
JALマイレージバンク20,23538,473+18,238
Deltaスカイマイル63,75264,752+1,000
Unitedマイレージプラス45,29347,218+1,925
CXアジアマイル15,9635,963-10,000
IBイベリアプラス019,616+19,616
BAエグゼクティブクラブ0850+850

2019年は、やっぱりそんなに搭乗出来ないと思うし、クレジット決済もそんなに出来ないのに加え、JALのマイルが順次、有効期限が来るハズなので、全体的にはマイナス基調なのかなぁ…と。

それをどこまで踏みとどめられるか…

そんな流れの1年になる様な気がします。

 

因みに、キャセイのアジアマイルが減少しているのは、特典航空券で利用しているからです~(ただまだ加算が為されていないだけで、日本~香港の搭乗マイルが加算されるハズではありますが…)。
片道利用で近距離ではあるのですが、こう言う使い方が出来るのは、有り難いのですが、やっぱりワンワールドは絞らないとな、もうちょっと。

そうなると、JALとイベリア+ブリティッシュの2陣営になって、アジアマイルはおざなりになるんですよね、やっぱり。

「年末年始だから考えてみた」的な記事はコチラもチェック!






コメント