やっぱり信玄餅 ③ 信玄餅×生プリンは、新しい美味しさ!

Sponsored Link

「信玄餅」を食べただけなのに、何故か3回目までだらだら続くこのブログ(笑)。

相変わらず、“引っ張る”のが好きだなぁ…と自分でも思う訳ですが、ホント、内容の濃い記事を1つにまとめられる他の人のブログって、凄いなぁ…と思っちゃったりします。

これまでの「信玄餅」にまつわる話は、↓をどうぞ~♪
やっぱり信玄餅 ① 実食、信玄餅!
やっぱり信玄餅 ② 信玄餅の新しい食べ方?

アグレッシブにコラボ商品を出す桔梗屋

さて、一般的に“老舗のお土産”とか、“有名なお土産”と言えば、その地位に安住してしまうモノが多い。

味を変えたりすれば、培ってきた評判をわざわざ落とすコトにもなりかねませんから、その判断は仕方のない話なのかな、とは思う訳で、せいぜい無難な新しい味を入れてバリエーションを増やすぐらいの

「信玄餅」を出している桔梗屋さんは、かなりアグレッシブに挑戦を続けて来るお店の様にも。

その1つがコラボ商品の販売。

・カントリーマアム(不二家)
・チロルチョコ(チロルチョコ)
・ガリガリ君リッチ(赤城乳業:監修が桔梗屋)
・ランチパック(山崎製パン)

と、パッと思いついただけでも、幾つか挙げるコトが出来ます。
その他にも、クレープになったり、アイスになったりしていますが、老舗の味を、他の定番商品などとコラボして販売する。

しかも、お土産と言えば、大体、地域限定商品になる訳ですが、これらのコラボ商品は広い範囲で売られているし、売るコトが出来るので、企業としても新しいファン層の獲得が狙える訳です。

それなのに、「信玄餅」本体に手を付ける訳じゃないので、元からのファンにも訴求が出来ると言うのは、大きい気がしますね。

おみやげグランプリでグランプリを受賞している信玄生プリン

そして…

今回、初めて見つけたのが、コレ。

「桔梗信玄生プリン~!!」

つまりは信玄餅が生プリンになったと言うコト!

入れ物にも「おみやげグランプリ2015 グランプリ」って書いてあるんだから、期待大だし、買うしかないでしょって感じです!
いや、そもそもこの「おみやげグランプリ」と言うのが、どう言う賞なのか、さっぱり知らないけれど(笑)。

ってか、しばらく山梨に行っていなかっただけで、ちょっと前から売られている商品らしく、新商品でも何でもないらしいですが。

早速、開封してみます。

中には、青い風呂敷風のビニールに包まれた容器が。

デザインは違うけれども、「信玄餅」のスタイルをしっかりと踏襲していました。
1つを開けてみると、小ぶりのケースに白いプリンと思われるモノが。

ってか、真っ白なので、味気も何もないですが、ちゃんと信玄餅に掛けるのと同じ容器の蜜が同封されています。

パッと見ると、プリンと言うよりも、杏仁豆腐に見えなくもないと思ったのは、ボクだけなんでしょうかね。

黒蜜を掛けて、早速食べてみます。

プリンにミルクが入っているのか、とってもクリーミーな仕上がり。

そしてきな粉感もしっかりと味として入っていて、そこに黒蜜が絡んできます。

これは…

間違いなく、信玄餅の味っ!!

しかも、このプリンが、とってもまろやか。
スルーッと口の中に入って来ます。

もうスルスルーッと食べきれてしまう感じです。

「信玄餅」よりも、プリンと言うコトで食べやすく、そして食後はさっぱりしている感じ。
黒蜜を使い切らずに、量を調整しながら入れれば、黒蜜の味が薄くなって、プリンの味が勝って来るので、もっとさっぱりするのかも。

「信玄餅」の味。

それをしっかり受け継ぎながら、プリンになっていて、コレはおススメ。



老舗のポジションに満足しない桔梗屋

4個入りで975円。
6個入りだと1,458円。

プチリッチな感じのプリンですけれども、要冷蔵で5日間は日持ちがするのも、嬉しい所ですかね。

それにしても…

“老舗のお土産”と言う今のポジションに満足せず、色々と新しい挑戦をしている桔梗屋さん。

幅広くコラボ商品や新しい商品を出しているのに、それでいて、どの商品も「信玄餅」のベースをしっかりと保ったままで老舗のイメージを崩していないと言うのが、スゴイ所だと。

こう言うお土産企業がもっと増えれば、日本の旅ももっと面白くなるのかなぁ…と思ったり。

個人的には、もう「●●行ってきました饅頭」みたいに、地名だけが刻印されている様な代物は、どうなのよ…と思ってしまうので。

「日本×旅ところどころ食」にまつわる記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください