韓国でおひとり様鍋が、手軽に食べられるお店

Sponsored Link

何か…

ソウルに来てから、食べる記事ばっかりなんですが、またしても、食べる記事です。
“食”にそんなにこだわりないのに、毎回、読みに来てくださっている方がいらっしゃったら、すいません。
まぁ、それだけ“韓国が美味しい”と言うコトなんですけれども。

韓国でおひとり様ごはん

さて、韓国料理が美味い!と言っても、旅人として面倒なのは、“1人でなかなか気軽に食べにくい”と言う所。

焼肉なんて、そもそも大勢で楽しむ料理ですしね。

鍋に関しては、基本的に1人メニューが多いんですけれども、なかなか気楽に1人で食べられる感じのお店はない訳ですし。

屋台とかは手軽に食べられるし、繁華街に行けば夜遅くまで開いてはいますが、毎回、屋台って言うのも、またちょっと違う感じが、そもそも韓国の屋台はがっつり食べると言うよりも、そこそこ小腹を満たすと言う感じのお店の方が多い気がしますし…

そんな“お1人様韓国”の力強い味方なのが、今回、訪れたお店。

1人用のメニューが置いてあるお店なんて、ホントに知らない「プデチゲ」が1人でも食べられるのです。

この「プデチゲ」。

その名前の通り、チゲ鍋なんですが、肉とか野菜とかをキムチなどと煮込んで、ソーセージだとかスパムなんかの保存食材を入れた鍋だったりします。

おひとり様用にカスタマイズされたお店で、チゲ鍋!

今回、訪れたのは、「マッソンソン 弘大店」。

元々は、釜山のチェーンで、お1人様向けにカスタマイズされたお店と言うのが特徴と言うお店。

早速、弘大のお店に入ってみます。

中はそこまで広くはナイんだけれど、清潔なお店でした。

席に通されると、まず目につくのは、1席1席に鍋用のクッキングヒーターが設置されています。

ホントにお1人様向けにカスタマイズされたお店で、カウンターもしっかりあって、カウンターに通されました。

このちょっとした衝立が寂しく思える人もいるかも…ですが、個人的には、そこまで高さがなかったので、寂しくはなかったです。
因みに、2人用テーブルとかもあるので、少人数ならば、1人じゃなくても問題はなさそうです。

メニューを見ると、日本語対応メニューなのに加えて、写真付きと言うのが、嬉しい所。

早速、プデチゲ(プデチゲミョン)を注文(8,500W)。

メニューの他に、チゲの作り方みたいなモノがパウチされて各テーブルに置いてあったので、それを見ながら待っていました。

すると、案外、早く鍋が出て来ました。
まぁ、単に下ごしらえした鍋が出て来ただけですけれどもね。

パウチされた“作り方”の案内通り、ヒーターにスイッチを入れて、待ちます。

 

グツグツ、グツグツ。

 

こうやって1人で待つと、つい焦っちゃいますね。

暇、ですし。

麺が太麺だったら、もう完全に日本人向け?

一応、ヒーターの一番温度の高いレベルで3~4分とのコトだったので、大体、3分を見計らって、鍋に箸を入れ様としたら、店員のお姉さんに、「もう1回、沸騰させなさ~い」みたいな感じで言われちゃいました。

外国人だったからなのかな?

しっかりと見ていてくれた感じなのは、嬉しい所です。

因みに、鍋の中に入っているのは、

・ハム
・ベーコン
・しめじ
・もやし
・麺

この他に、最後におじやみたいに出来る様にお米が別添えで。

麺は、どちらかと言うと、細麺。

太麺の方が、辛さが絡む気がしますが、そこはきっと国民性の好みなのかな。

でも、食べやすい鍋でした。

元々、プデチゲ自体、保存が効く食材を入れる鍋なので、高級感は皆無ですけれどもね。

一通り終わって、米を投入。
再沸騰させたら、もう食べられる感じ。

ホントに手軽で、1人鍋としてカスタマイズされたお店は、1人旅の便利な見方かも知れないデスね。

味気はナイんですけれど、お店的には。

でも、温かい鍋が気軽に食べられて、最後はおじやみたいに〆まで出来る。

悪くない様に思えます。

こう言う1人向けのお店って、日本だけなのかと思ったけれど、これからもう少し、全世界に広がる可能性があるのかな…なんて思ったり。

もちろん、マクドナルドは好きですし、各国でも行ってますけれど、こうした1人でも手軽にご当地モノが食べられるお店が、もう少しあると、ちょっとした日に面倒じゃなくていいんだけれどもね。

マッソンソン(弘大店)

住所:ソウル特別市 麻浦区 東橋洞 165-8, 1F 109号
営業時間:11:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:第1・3日曜
アクセス:地下鉄2号線弘大入口駅8・9番出口上がってスグのビルの中
Wi-Fi:なし

「やっぱり韓国は美味い!」的な話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。