しっかりと味が残る塩ラーメンが、イイ|鶏ラーメン・極楽鳥

06.JAPAN
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

このブログで、ラーメン屋を取り上げたコトって、今まであったっけ?
別にキライじゃないんですよ。
寧ろ、好きな方なんですけれどもね。
らーめんはホントにお好きな方も多いので、わざわざボクの弱小ブログで取り上げなくてもイイかな…と言うのもあるんですけれどね…

ん?ガパオのあるラーメン屋?

繁華街から少し外れた感じだけれども、夜遅くまで開いているので、飲んだ後に食後に〆のラーメンとしても使えるお店。

普段、基本的には、醤油か家系しか食べないので、あまり塩ラーメンを食べる機会はナイんですが、メニューとしては、塩ラーメンが売りのお店のようです。

主なメニューとしては、こんな感じでした。

鶏白湯
-こってり塩らーめん|800円
-こってり醤油らーめん|800円

中華そば
-あっさり塩らーめん|750円
-あっさり醤油らーめん|750円

この他につけ麺も。
生が無くて、瓶ビールのみ。

ご飯ものとして“まかない丼”“たまごかけご飯”の他、ガパオライスも商品としてありました。

ん?

ガパオ?
ガパオにラーメン?

いや…
気になるわ。

値段からすると、ミニ丼なんでしょうが。

で、ちょっとだけ迷って、こってりの塩をチョイスしてみました。
初めてのお店なので、ボリュームが分からないので、気にはなったけれど、ガパオはスルーしました。

食券を買って、出してからも“こってりの塩?”と思いつつ、待つコト数分で、出て来ました。

スポンサーリンク

こってりと言うより、しっかりとした塩ラーメン。

鶏白湯のこってり塩らーめん。
早速、まずは一口、スープを口に含んでみる。

最初の印象は、“あ、しっかりと鶏・塩”と言う感じ。

味が濃い。
だけれども、印象的には、こってりと言うよりも、しっかり…と言う風に思える味。

飲んだ後じゃなかったけれど、ちょっと飲んでから来たら、この味の濃さがよりイイ感じになるのかも…と思うぐらいで、濃いんだけれども、尖った感じのする味でもなかったかな。

個人的には、とても好きな味。

しっかりとした味。
だけれども、くどすぎない。

一緒にご飯ものも頼めば良かったな…と言う感じ。

麺の太さも、細すぎず太すぎずで、イイ感じで絡まってくる感じです。

因みにお店で掛かっていた音楽も面白かったです。

多分、有線なんだと思うのですが、なぜかボサノバ。
ラーメン屋でボサノバ聴いたのなんて、きっと初めてだと思うし、この先もなかなか出会わないチョイスなんだと思う。

どうしてこのチョイスなんだろう?とすら。
まぁ、アグレッシブな音楽よりもリラックスしながら食べられるので、良いんですけれど。

多分、もっと夜遅くになってから混み始めるお店なんだと思うけれど、他に人が少なかったのが、寧ろ、意外かな…とも。

まぁ、好き or そうでもないに分かれる味なのかも知れないし、しっかりとした味だけれども、パンチがある感じじゃない。
もうちょっと濃さとボリュームを求めるならば、家系に行く人も多いでしょうが。

鶏らーめん 極楽鳥

住所|静岡市葵区常磐町2-2-1
アクセス|静岡駅から徒歩圏内・昭和通りと玄南通りの交差点角
営業時間|
11:30~13:30・18:00~03:00
*曜日によってやや異なる場合アリ

 

 

コメント