スイーツ旅人がおススメする香港デザート

Sponsored Link

中国最大の発明は、中華料理だと思う

香港に来て思うコト。

まず、食事が美味い。

旅をしていて、どの世界でも思うのは、“中華”の偉大さ。

日本食が世界的にブームになったと言えども、美味しい日本食が食べられる国は、そう多くないし、そもそも日本食が食べられる国って、まだまだ限定的。

その点、中華料理と言うのは、基本的にどの大陸でも、どの国でもあるんじゃない?と言えるぐらいに、世界的なネットワークがある。

その食材、どうやって仕入れているんだろう…

ふと、そう思うコトすらあるけれど、実際に食べられるんだから、驚きで、特に、ボリビアのラパスでは色々とメニューに載っていない様な中華を作って貰ったりしたコトも(詳しくは、コチラ

自分の旅を振り返ってみても、中華にはホントにお世話になっていて、イタリアのシチリア島でも、マリのバマコでも、キルギスのビシュケクでも、エクアドルのキトでも、ボリビアのラパスでもお世話になっている(ホントはもっと食べてますけれどもね)。

めっちゃくちゃ美味いお店と、ぼちぼちなお店があるけれど、総じて、“マズい中華”と言うのにはぶち当たらないのが、中華のスゴイ所だと思う。

長い期間の旅になって、疲れた時だとか、暑くて箸が進まない時だとか、中華は日本人に優しいし、コストパフォーマンスも良い。

ま、1人で食べるとしては、量が多いお店が結構あるのは、有り難い悲鳴だけれども。

ただ、そんな世界各地で食べられる中華も、ちょっと昼下がりに甘いモノを…と言うお店は、さすがに出会わない。

でも香港は、そんなお店のオンパレードだったりする。

ってか、このブログでは時折、“スイーツアラフォー旅人”と自分のコトを称しているのに、最近、スイーツ記事が皆無だった様に思うのですが、久しぶりに甘い記事です。

いや、多くのメンズだって、甘いモノ、食べたいんですよ(きっと)。

有咩好介紹?

昼下がりに雨が降った日に、軽く出歩きたくなって向かったのが、“晶晶甜品”。

“でぇんでぇんてぃんぱん”と呼ぶお店。

でぇんでぇんてぃんぱん…
可愛い様な、全然、そうでもない様な音感である。

お店はこざっぱりとして小さいけれどキレイなお店。

白玉だんご+しょうが風味のシロップの湯圓(トンユン)にアレンジを効かせたモノが人気らしいのですが、店内に入ってみて、メニューを見て、固まりました。

そもそもメニューの数が多くて、絞り切れないっ!

ちょっと迷ったのですが、結局、筆談。

「有咩好介紹?」

多分、広東語で、「おススメは何ですか?」(だと思う)。

ちゃんと通じました。
広東語って、北京語とも違うのですが、とりあえず、“漢字が書ける”と言うのは、楽ですね(実際は、最後の“紹”の左が糸へんじゃないんだけれど)。

おかみさんが、ちょっと考えた末に、メニューの一番最初に出て来る“奶黄丸子”をおススメして来たので、“じゃ、それで…”と(一番最初の文字は女+乃(環境依存文字なので、一応))。

もっちり白玉が、甘さに絡む

出て来たデザートは…

たっぷりカスタードの中に、白玉だんご。

甘党万歳~!

ちょっとだけ温かいカスタードに白玉。

モチモチとした白玉が、カスタードの甘さに、上手く絡んでいて、上品なお味。

派手さは全くなくて、どちらも日本で食べられるコトが出来るモノだけれどね(そう言えば、この組み合わせって日本では見ないですよね)。

白玉が5つだけの素朴なスイーツ。

もっと食べたくなる様に思えるけれど、この“もうちょっと食べたい”レベルで終えるのが、ちょうど良いんですよね。

おかみさんもとっても親切でしたし、お店もキレイ。
地下鉄の駅からも程近いので、また立ち寄りたいお店になりました。

因みに、場所はMTRの天后駅A2出口を上がった電気道左側。

駅からだと歩いて3~4分で到着出来る場所。

あまり行く機会がない駅ではあるのですが、コーズウェイベイからも歩いて行ける距離なので、ぜひ~♪
因みに、お値段的には、そんなに安くないです。
小ぶりなスイーツなので、もうちょっと安ければ、言うコトなしなんですけれどもね。

でも、味は確かです。

「アラフォー旅人おススメの世界のスイーツ」的な話はコチラもチェック!

土日はちょっとしたニュース記事を書くつもりなので、香港の旅の続きについては、5月7日の月曜日から再開させます~♪

また気軽に読んで下さいね~。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。