【徹底ガイド】キャセイパシフィック航空アジアマイル(2018.06改定)

Sponsored Link

キャセイのアジアマイル、大きく改定に!

キャセイパシフィック航空のマイレージプログラムの「アジアマイル」が2018年6月22日から大きく改定される旨、発表になりました。

今回は、獲得マイルが実飛行距離ではなく、ブッキングクラスによる加算率に加え、謎のゾーン制になると言う変更点がある大きな改定になっているので(最近のマイレージプログラムでは他に例を見ない様な気がしますね)、順に見てみるコトにしました!

前にキャセイパシフィック航空のアジアマイルについては、まとめていますが、併せてご覧頂ければ…

因みに、今回の改定はあくまでもキャセイパシフィック・キャセイドラゴン航空への搭乗時に加算されるマイルに限ります(提携航空会社の搭乗でのマイル獲得については、変更なしですが、特典航空券への交換については、提携航空会社でも必要マイル数の変更が行われます)。

また、上級会員組織であるマルコポーロクラブに関しても、今回は改定なしです。

マイルの獲得は、ゾーン制に!

まず大きく変わるのは、フライトで獲得出来るマイルの部分。

以下に表にして獲得出来るマイル数をまとめてみましたが、実際の飛行マイル数をゾーンに当てはめて、獲得出来るマイル数が決定すると言うスタイルに変わります。

クラス 予約クラス 超近距離 近距離 中距離 中長距離 長距離 超長距離
1-750マイル 751-
2,750マイル
2,751-
3,700マイル
3,701-
5,000マイル
5,001-
7,500マイル
7,501マイル
以上
エコノミー S,N,Q 330 1,000 1,850 2,300 3,330 4,350
M,L,V 590 1,800 3,330 4,140 5,990 7,830
Y,B,H,K 650 2,000 3,700 4,600 6,650 8,700
プレミアム
エコノミー
E 650 2,000 3,700 4,600 6,650 8,700
W,R 750 2,300 4,260 5,290 7,650 10,010
ビジネス D,I 810 2,500 4,630 5,750 8,310 10,880
J,C 880 2,700 5,000 6,210 8,980 11,750
ファースト F,A 1,140 3,500 6,480 8,050 11,640 15,230
主な区間 香港発着 台北・高雄・マニラ 東京・上海・シンガポール・バンコク・ムンバイ ケアンズ・ドバイ バーレーン・シドニー・メルボルン・テルアビブ パリ・ロンドン・ヨハネスブルグ・ロサンゼルス・バンクーバー ボストン・シカゴ・ニューヨーク・トロント

特典航空券への必要マイル数が片道基準に!

今までのアジアマイルは、特典航空券への必要マイル数が、片道と往復で分かれていましたが、今回の改定で片道基準に統一されるコトになりました。

特典航空券に必要な新しいマイル数とアップグレード特典は、以下の通り。

クラス 距離ゾーン別必要マイル数
超近距離 近距離 中距離 長距離1 長距離2 超長距離
1-750マイル 751-
2,750マイル
2,751-
5,000マイル
5,001-
7,500マイル
5,001-
7,500マイル
7,501マイル
以上
エコノミー 7,500 10,000 22,000 30,000 30,000 42,000
プレミアム
エコノミー
11,000 18,000 30,000 40,000 45,000 60,000
ビジネス 16,000 25,000 45,000 65,000 70,000 85,000
ファースト 25,000 40,000 70,000 100,000 10,000 125,000
アップグレード特典
エコノミー→
プレエコ
6,000 10,000 15,000 22,000 22,500 30,000
プレエコ→
ビジネス
7,500 12,000 18,000 25,000 28,000 35,000
エコノミー→
ビジネス
12,500 17,000 28,000 41,000 43,000 48,000
ビジネス→
ファースト
16,000 25,000 35,000 50,000 55,000 65,000
主な区間
(香港発着)
台北・高雄・マニラ 東京・上海・シンガポール・バンコク・ムンバイ ドバイ・シドニー・メルボルン・テルアビブ パリ・ローマ・ロンドン・マドリード・ヨハネスブルグ ロサンゼルス・サンフランシスコ・バンクーバー ボストン・シカゴ・ニューヨーク・トロント

今回の改定に伴う感想などは、明日の記事でアップするコトにしますが、基本的に、エコノミークラス利用者にとっては、まぁまぁの改定と言う気にはなります。

「キャセイパシフィック航空」にまつわる話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。