ユナイテッドのマイル→楽天ポイント交換可能に!でも、それって…

Sponsored Link

マイレージプラスから楽天ポイントへ交換が可能に!

アメリカ航空大手のユナイテッド航空。

日本でもANAも入っているスターアライアンスに加盟しているメンバーですし、路線数もあるのに加え、マイルに増減がある限り、実質的に有効期限が無制限になるので、マイルを貯めている人もいるかとは思います。

そのユナイテッド航空のマイレージプログラムである「マイレージプラス」。

こちらから「楽天スーパーポイント」へのマイル交換がスタートしました。

思わず、「おおっ!!」と言ってしまったニュース。

と言うのも、やっぱり楽天のサービスを利用していると、何だかんだで「楽天スーパーポイント」って積算されて行くんですよね。

しかも、海外の航空会社のマイルを「楽天スーパーポイント」に交換が出来る様になるのは、今回のユナイテッド航空が初めてと言うコトで、早速、交換レートを見てみました。

1,000マイル=400ポイント

年間で100,000マイルまでの交換が可能と言うコトなので、年間最大40,000ポイントまでは交換が出来る様になるとのコトです(交換したポイントの有効期限は6ヶ月間)。

ユナイテッドのマイルは国内線5,000マイルで交換可能!

うーん…

まぁ、レート的にはこうなるよね…と言いたくもなるけれど、これが果たしてお得かどうか。

結論から言えば、もう「損」としか言いようがないかな、と。

いや、“かな”じゃなくて、もうはっきり「損」としか言えないデス。

skeeze / Pixabay

と言うのも、ユナイテッド航空の「マイレージプラス」。
何気に日本に住んでいる人でも、貯めやすく、そして使いやすいプログラムの1つ。

何と言っても、片道あたりの特典航空券の交換に必要なマイル数は、

・800マイル以内…5,000マイル
・800マイル以上…8,000マイル

路線的に言えば、例えば、羽田からならば、大阪や新千歳(札幌)は片道5,000マイルで飛べる計算になるし、沖縄や石垣でも8,000マイルと言う計算になる。

しかも「マイレージプラス」については、色々なメリットがあって、

・出発地と最終到着地の直行区間マイルが800マイル以内ならば、最大3区間までが利用可能(但し、原則12時間未満の乗り継ぎに限る)

になっているので、例えば、「地方から地方」と言う使い方も羽田や関空を経由して利用するコトが出来る。

そして、ホームページの検索で出て来るルートならば対象内になるので、「羽田→伊丹→新千歳」とかトリックルートが作り込めたりします(WEBサイトの乗継空港を色々チェックして下さい…)。

まぁ、フツーの人はそんなトリックルートを使うコトもないでしょうが、ともかく、5,000マイルで国内線の片道が利用出来るのに、1,000マイル=400ポイントで交換するのは、もったいなさすぎる訳です。

5,000マイル分交換しても、2,000円分の楽天スーパーポイントにしかならないですからね。

2,000円じゃ、国内の何処かにANAで飛ぶなんて不可能ですから。

まぁ、めっちゃくちゃ「マイレージプラス」でマイルが貯まっている人ならば別でしょうが。

マイルがあまり貯まっていなくても、やっぱり「損」

ユナイテッド航空の「マイレージプラス」は、マイルに増減がないと有効期限があるプログラム。

それこそクレジットカードを持っていれば、使う度に有効期限が伸びるのですが、1年半に1回、「マイレージプラスモール」からお買い物をするだけでその都度、有効期限が延長にもなるので(それこそ楽天はそこから購入出来ます)、特典航空券にはまだ届かないマイル数しか持っていなくて、有効期限を気にして「楽天スーパーポイント」に交換する必要もないと思います。

ホントに1マイルでも増減があればOKなので。

ってか、今回の話が「楽天スーパーポイント」から「マイレージプラス」への交換も出来る相互交換の話しだったら、狂乱したのになぁ…

ま…
そんな甘いお話はナイか。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。