セントレアから羽田へ、超激短フライト。

Sponsored Link

セントレアの国内線最終便グループ

セントレアからはJAL便で羽田へ。

JL208便です。
20時過ぎの便…と言うコトで、セントレア発の国内線としては最終グループに入っている便。

そんなコトもあってか、ターミナルに人がいません(この便の後はスカイマークの那覇便のみでした)。

ってか、セントレアって国内線は羽田路線がほとんどナイし、関西線も皆無なので、そこまで路線数が多くもなく、国際線も苦戦中なのに、LCCターミナルを作るとか。

もっと路線が増えてからにしても十分、間に合う様な気がするのは、ボクだけなのか。

利用者的にはターミナルが1つだけと言うのは、至極分りやすくていいんですけれどもね。

乗り換えもしやすいし。

しかも、セントレアの場合、国内線も国際線も出発フロアが一緒なので、ホントに分りやすいですし。

それを崩すのがもったいない気がしてならないのだが。

セントレア着にした理由は、マイルです!

さて、今回、わざわざ成田や羽田発着じゃなくて、バルセロナ~香港~名古屋と飛んだ理由。

それは単にマイルを貯める為です。

基本的に、今、ボクが貯めているマイルは、

メイン:JALマイレージバンク(JAL)
サブ:マイレージプラス(ユナイテッド)
その他:スカイマイル(デルタ)・アジアマイル(キャセイパシフィック)

キャセイのアジアマイルは完全に使い切って死蔵していたのですが、今回のキャセイ利用で復活してしまいました(JALへのマイル加算が不可の予約クラスだったため)。

その内、クレジットを持っているのが、JALとユナイテッド。

今回、飛んだ理由はそのクレジットにあって、JALカード保有者がその年に初めてJALに搭乗すると1,000マイルがプラスで加算されるから。

基本的には、それが大きい理由。

2017年は日本に半分ぐらいいなかったので、JAL、乗ってなかったんですよね、何気に。



そして、国内線ならばどのキャリアでもマイルが積算出来るデルタの大盤振る舞いキャンペーンである「ニッポン500マイルキャンペーン」を利用したかったから。

名古屋→羽田の区間マイルはたかが知れているのですが、併せて1,500マイルのボーナスマイル加算が欲しかっただけです。

たかが1,500マイル。

国際線に乗ればすぐに貯められそうなマイル数ではあるのですが、100円=1マイルで計算をする陸マイラーとして考えると、馬鹿になりませんから。

しかも…です。

この名古屋→羽田って、早期の割引で航空券を購入してしまえば、新幹線よりも安いお値段だったりする。

まぁ、距離もたかが知れてますから、値段が高かったら、没ですけれどもね。

無事、羽田に着きました。

ってか…

誰が使うんだろう…と、つい思いますけれど、この路線。

セントレアのある常滑に近い場所で働いている人か、羽田発の深夜便に乗り継ぐ人なのかな。でも、JALの羽田発深夜便で名古屋からJALのフライトが無いのって、コードシェア便を含めても、サンフランシスコ・ホーチミン・ドバイ・ドーハ行きぐらいじゃないんだろうか…

利用者層が結構、謎です。

でも最終便グループなので、荷物検査場もガラガラなのは有り難い。

最終便グループで空港自体はガラガラなのに、何故か、搭乗ゲートが11番と奥の方なのが、意味不明ですけれど。

これだけ人がいないターミナルも、久しぶりに見た気がします(笑)。

そして、ほぼ定刻通りの20時20分に搭乗アナウンスが掛かり、20時40分離陸。

さすがに座った瞬間、どっと疲れが出ました。

バルセロナ→香港→名古屋→羽田。

まぁ、それだけ乗れば充分でしょ(笑)。

でも、疲れた余韻に浸る暇もなく、上昇→すぐ着陸体制。

忙しいフライトです。

フライト時間は1時間なのですが、高度をめちゃくちゃ上げる程の距離も無ければ、サービスをするだけの時間がふんだんにある訳でもなく。

飲み物サービスがあるぐらいで(もちろん、頼むのは、スカイタイムです♪)。

 

ホント、あっと言う間のフライト。

左窓側を取ったんだけれども、さすがに外は真っ暗で、何も見えないし(笑)。
お手振りも逆側だったし(めっちゃ残念…)。

久しぶりのJALなんで、もっと長く乗っていたかったなぁ…と言うのが、本音です。

定刻通りに羽田到着。

ただいま、ニッポン。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



2 件のコメント

    • あかきしぼす>
      ついこないだですよ、ついこないだ。
      まるで昨日の様な、そんなぐらいについこないだ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。