【ラウンジ】香港でプライオリティパスが使えるラウンジ<朝編>

Sponsored Link

香港は、ラウンジ直行するだけの破壊力!

香港に戻って来たのが朝の7時。

次の日本行きのフライトが10時発。

トランジットが3時間あると言うコトで、もれなくプライオリティパスが使えるラウンジ直行~。

そう言えば、香港でプライオリティパスが使えるラウンジって、3ヶ所(第1ターミナルに2つと第2ターミナルの制限区域外に1つ)とも行っているし、複数回行っていたりするのですが、朝の時間帯に行くのは初めての様な気が(他の香港のラウンジの情報はコチラ!)。

夜を過ごしたコトはあるのですが、いつも朝食メニューになる前に搭乗ゲートへと向かっていて、前回はフライトの遅延もあって朝4時30分発だったし、その前も朝7時ぐらいのフライトだったので時間が無かったし(基本は朝の6時からが朝食メニュー)。

今回、利用したのは第1ターミナルの本館の方のPlaza Premium Lounge(40ゲートに近い7階の方ではなく、出入国審査に近い方)。

ホントは40ゲートの方が近いのですが、何となくです。

系列が一緒なので、中身は変わらないと思うので、好みですね。

プライオリティパスが使える3つのラウンジの中で、一番混み合っているラウンジと言うイメージなのですが、さすがに朝の7時と言うコトもあってか、すんなり中に入れて、座席も確保出来ました。それでも8割ぐらいの席が埋まっていたのは、さすが香港と言う感じがしなくもない。半分ぐらいは夜を越した人って言う気がしますけれども。

茹で立て麺は、朝でも健在!

朝時間だけれども、“香港のラウンジ”と言えば、やっぱり“茹で立ての麺”デスね。

しっかり朝から目の前で茹でるサービスをしてくれるのが嬉しいです。

あれ?細麺だったけ?と思わず過去の写真を見てみたら、やっぱり前に来た時は太麺でしたね(↓が前に訪れた時の麺の様子です)。

朝だからなのかな?
でも、味のベースは変わっていない様な気はする(あまり覚えてないですが)。

トッピングはお好みなので、大好きなネギをたんまり~♪

そして、ゆで卵。

写真的には、2個しか見えませんが、その後、結局、ゆで卵お替りをしてしまって、朝から4個も食してしまいました。

ってか、香港到着前に機内食を食べたばかりだし(そう言えば、そこでも卵が入っていたので、朝だけで5個分は食べているコトになりますね)、この先の乗り継ぎ便でも機内食あるのに…と思いつつ、つい、朝からビールも飲むし、コーヒーとオレンジジュースも持ってくるし、さすがにもうお腹いっぱい。

 

ってか、朝のボリュームじゃない、コレ。

いや、そもそも“昼からビール”を上回る“朝からビール”。

ホントに、アジアのラウンジ、恐るべし…デス。

 

まぁ…

単に食い意地が張っていると言うか、ビンボー症と言うだけの話なんですけれどもね。

それにしても、アジア以外のラウンジも、もう少し食事が充実していたらなぁ…と、やっぱりアジアの空港ラウンジを使うと、つい思ってしまいます。


プライオリティパスについてはコチラ参照~。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。