10%offのスカイチーム世界一周航空券で何処に行く?

Sponsored Link

世界一周航空券が10%オフに!!

世界一周航空券が、結構、一般的になってから、そこそこの時間が過ぎるかと思いますが、やっぱりこの世界一周航空券が長い旅に果たしている役割と言うのは、そこそこ大きいのかなぁ…と。

そもそもこの航空券のお陰で、世界一周に出る人も随分と増えた感じがしますからね。

ですが、どのアライアンスの世界一周航空券で飛んでいるの?と言われると、ワンワールドとスターアライアンスの人が多くて、スカイチームの世界一周航空券で出ていると言う人は、あまり聞かない感じが。

加盟航空会社の数だけで見ると、他のアライアンスと比べて、特に見劣っている地域と言えば、オセアニアくらいなモノだとは思いますし、日本の航空会社が加盟していないと言う側面はありますが、日本を1回離れてしまえば、日本の航空会社が加盟しているかどうかは関係はないとは思うので、あまり日本人の旅人の中で使っている人がいないと言うのは、他の理由があるのかと思いますが。

まぁ、アルゼンチン航空も加盟して、南米にも加盟航空会社が出来ましたし、これから利用者も増えて来るのかも知れませんけれども。

さて、そのスカイチームの世界一周航空券が、期間限定で10%割引になるのが発表されています!
たかだか10%ではあるのかも知れませんが、そもそも世界一周航空券は、値段が高い航空券ではあるので、割引金額自体はそこそこ大きい値段になるので、世界一周の旅に出ようかと思っている人は、この機会に…と言う情報になります。

って、10%割引になるから、世界一周に出る!!と言う人も、そうそういないとは思いますが。

10%割引の詳細とスカイチーム

期間は2016年2月6日~6月30日までに旅行を開始するエコノミークラス利用の26,000マイル以内での行程が有効で、2016年3月31日まで販売されるとのコトです。

ストップオーバーが最大5都市(最低3都市以上に滞在)で、最低旅行期間が10日間。

スカイチームの世界一周航空券の場合、そもそも東西のどちらか一方向への飛行が決められており、

  1. 北米・中米・南米
  2. 欧州・アフリカ・中近東
  3. アジア・オセアニア・太平洋諸島

の3エリアに分けられており、大西洋と太平洋を横断する路線を1つずつ選択し、それぞれのエリアを引き返す旅程が不可になっています。

スカイチームの加盟航空会社を上のエリアに分けて考えると…

  1. デルタ航空・アエロメヒコ・アルゼンチン航空
  2. KLMオランダ航空・エールフランス・エアヨーロッパ・アリタリア・チェコ航空・TAROM・アエロフロート・ケニア航空・ミドルイースト航空・サウディア
  3. 中国東方航空・中国南方航空・アモイ航空・チャイナエアライン(中華航空)・ベトナム航空・ガルーダインドネシア航空

がそれぞれ加盟していますが、これをどう組み合わせていくのか…

世界一周航空券の難しさはそこにある訳ですが、逆に言えば、楽しさもそこにある訳です。

こう見ると、西回りでアジアからの脱出の際に、使える航空会社がそもそも限られている(欧州の加盟航空会社は多いですが、規模がそんなに大きくないのがポイントですね)感じがしますね。
ベトナム航空で一気にヨーロッパと言うのも、何だかもったいなさすぎますし。
そう言う辺りが人気の伸びない理由なんでしょうが。

逆に言えば、周遊の仕方に限りが出て来そうな気もしなくはないですね。

でも、折角の10%オフ。
世界一周航空券で旅に出ようと思っている方は、この機会にスカイチームの世界一周航空券を考えてみても悪くはないかもしれませんね。
割引になった分で、不便な所をLCCで補うなんて言うやり方もあるでしょうから。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください