青函フェリーはアリだと思う、18きっぷオプション券より。

Sponsored Link

2,300円のプラス料金を考える

先日、北海道新幹線開業に伴う青春18きっぷの取り扱いについての記事をUpしましたが、ちょっと考えてみました。

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券。
先日も書いたとおり、北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間(普通車の空いている座席)および道南いさりび鉄道線の木古内~五稜郭間(普通列車)に1枚につき、片道1回のみ利用出来ると言うチケット。

気になるお値段が、2,300円。

この値段が何とも言えない値段。
絶妙な設定と言うのが正しいのかも知れない位のライン。

確かに、青函トンネルを跨いでいるので、距離的にもそこそこの距離。

でも、一番利用したい新青森~新函館北斗間ではなく、あくまでも奥津軽いまべつ~木古内間の新幹線と木古内~五稜郭間の道南いさりび鉄道線が利用出来るだけ。

しかも1枚につき、片道1回分だけが利用出来ると言う代物。
つまりは青春18きっぷで青函トンネルの区間を往復しようとしたら、2枚分が必要になってしまう訳で、そう考えると18きっぷ本体の値段もあるので、決して安くはない。

そもそも北海道まで関東から18きっぷで行こうという人は、そう多くはないのでしょうが、それだけの値段を払うならば、平時でもLCCで往復が出来てしまう訳で、そりゃ、LCCに人は流れるのは当たり前。

そして、これだけの値段を支払うのであれば、寧ろ、青函フェリーを利用した方が良いのでは…と。

青函フェリーの現状

青森から函館までは1日8往復運航されている青函フェリー。
ってか、未だに青森発も函館発も、共に夜中の2時出発で目的地に5時50分に到着する夜行便もあります。

料金的にも、燃油価格変動調整金があるので、時期によって変動はありますが、1~3月で見ると、片道が1,630円(通常の運賃は、1,540円)。

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券よりも安い訳です。
さらに、往復で利用すると、復路の運賃が1割引きになりますし、学割も2割引きで可能だったりします。

18きっぷで北海道へ…と言うプランを考えている最中で、フェリーを使うのもアリだなぁ…なんて書くのは、アンフェアーなのかも知れませんし、そもそもそれならば、18きっぷに拘る必要性もなくなるのでしょうが、夜行便があると言うのは、案外、活用のし甲斐があるのでは…とも。

青森側のターミナルは、青森駅西口から歩いて約30分。
函館側のターミナルも、五稜郭駅から歩いて約30分なので、利用出来ない距離ではないですしね。

…って、こんな妄想旅を考えていると、キリがなくなってしまいますが、フェリーの存在を考えると、値段的にも、今回発表になったオプション券の存在が、より微妙な立ち位置になるような気がしてなりません。

mrNilssen / Pixabay

そもそも、旅情をさすらう旅ならば、18きっぷもおススメではありますが(旅情をさすらうのか、苦行なのかは微妙な所かも知れませんが)、“船旅”ってのも、旅情をさすらうにはもってこい。
新幹線が使えると言っても、その区間は基本的にトンネルであるコトを考えると、寧ろ、船で津軽海峡を渡る方が面白いかも知れませんね。

【関連リンク】
青函フェリー

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。