ANAとスルガ銀行から海外でも利用出来るデビットカード発行!!

Sponsored Link

海外旅行に行くのに、みなさんはどうやってお金を持ち出しているんでしょう?
現金一辺倒の人も勿論いるでしょうし、クレジットカードと併用している人もいるでしょう。
昔だったら、そこにトラベラーズチェック(T/C)が加わっていたのでしょうけれど、今はそれに代わって、海外のATMでも引き出しが出来るインターナショナルカード(国際キャッシュカード)の併用がメイン処でしょうか。

さて、ANAとスルガ銀行から、“ANAマイレージクラブFinancial Pass Visaデビットカード”の発行を2015年1月20日から開始するコトが発表になっています。

ANAとスルガ銀行と言えば、、インターネットバンキングとして、“スルガ銀行ANA支店”を設け、キャッシュカード機能とANAマイレージクラブの機能が一体化した“ANAマイレージクラブFinancial Passカード”を発行していますが、今回発行されるカードは、そこにVisaのデビットカード機能がプラスされたカードと言う認識で良いのかと思います。

【ANAマイレージクラブFinancial Pass Visaデビットカード】

年会費:無料
発行手数料:無料
引出手数料:未発表
付帯保険:有
インターナショナルカード機能:有
デビットカード機能:有(マイル加算も有)
発行開始日:2015年1月20日~

このカード発行を記念したキャンペーンも行われるコトが、発表になっていますが、現状、未発表な部分が多いので、何とも言えない感じはあります。
そもそも手数料が発表になっていませんからね。
既存のSURUGA Visaデビットカードだと、出金手数料が1回210円で、換算レートがVisaインターナショナルが定めたレート+3%になっているので、これに準じる扱いになるのかなぁ…とは思いますが。
このカードが出来たのは、JALがりそな銀行と組んで、海外でも利用出来るキャッシュカードを発行し始めているのに、対抗した感じでしょうか。
ただ、JAL+りそな銀行のりそな銀行Visaデビットは、年会費が1,000円掛かるのに対して、今回のANAマイレージクラブFinancial Pass Visaデビットカードは、年会費が掛からないと言うのは、メリットになりそうです。

トラベラーズチェック(T/C)が、壊滅状態になりつつある現状で、海外旅行へのお金の持って行き方と言うのは、苦心する所になりつつありますが、選択肢が増えた感じなのは、嬉しい所。ANAとJAL共に、デビットカードと海外のATMで引き出せるクレジットカーではないカードが出来たコトになりますしね。
ただインターナショナルカードは、発行会社によって少し違いがあるのも事実なので、それは明日にでもまとめたいと思います。

因みにボクは、未だに新生銀行、利用しています。“未だに…”と書いたのは、後日のまとめで分かる様にしておきます~。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。