情報発信や旅の形も変っても…

Sponsored Link

携帯向けサイト作成ツールがまた1つ…

今回の記事は、旅ネタではなく、珍しくブログ運営にまつわる話です。

携帯電話専用のホームページ作成サイトとして知られた「Mobile Space」が2020年9月末で全サービスを終了するんだとか(モバスペブックは今後もサービスを継続予定)。

「Mobile Space」と同様に携帯向けのサイトが作成できた「魔法のiらんど」は、既に2020年3月に多くの機能を終了させており、小説投稿サイトに特化している状態だったりする訳ですが、このスマホ全盛の時代になってしばらくの月日が過ぎているのに、サービスが継続されていたコトに、頭が下がる思い。

で、なんでこの話題を取り上げたかと言うと、ボクのサイトは、今でこそ、WordPressを利用して作っていますが、元々は、携帯向けのサイト作成ツールであった「魔法のiらんど」で作っていました。

「魔法のiらんど」自体、ホームページとしては、もう過去ログも見れなくなっているので、もうちょっとログを残しておくべきだったかな…なんて思ったりもしますが、ま、仕方ない。

ガラケー向けから始めたのですが、気が付けば、ブログになり、PCサイトになり、今の形に落ち着く訳ですが、旅先にケータイを持って行くなんて、絶対、イヤ!と思っていたボクですら、スマホを持って行くようになり、さらにはPCまで持って行くようになり、旅している現地で情報をアップするようにもなり、今やスマホを持たない旅と言うのも考えられなくなって来た感じすらします。

それでもまだスマホが使えなくても、旅ができると言う自信があるのは、昔取った杵柄じゃないですが、アラフォー世代以上ならではなのでしょうけれども。

仮にスマホがなくてもどうにかなるし、どうにかする…みたいな。

でも、「魔法のiらんど」でサイトを作っていた頃は、ここまで何らかの形で情報を発信し続けるとは、思ってもいませんでしたけれどもね。

そもそも当時は、まだガラケー時代。

海外での利用なんて、まだまだ…と言うような時期。

管理人が旅に出ると、一気に交信が途絶えると言う状態でしたから(でもなぜか不在時の方がBBSが盛り上がっていた記憶が…)、旅を挟んで、情報発信を続けると言うのが一苦労でしたしね。

情報発信の形は、日々、変わる

旅の形が変われば、旅の発信の形も変わって行く訳ですし、繋がり方も変わって来る。

ボクのTwitter上だと、毎日15:00に過去旅の写真をアップしているのですが、今はちょうど南米旅の様子をアップしていたりします。

この旅の頃は、「mixi」が全盛期で旅人は色んな人が使っていた感じ。

世界的に見れば、今も主流の位置をキープしている「Facebook」なんてまだ日本人の間では見向きもされていない感じだった。

個人的には「mixi」は話題で繋がるコミュニティがしっかりとあり、旅と旅人と相性が良かったように思うし、今でも復活しないかなぁ…なんて思うのですが(いや、そもそもまだサービスは継続中ですけれどもね)、「Instagram」「LINE」と、SNSもどんどん新しい形ができて行く。

アラフォーとしては、それに付いて行くのがやっとです。

いや、無理に付いて行こうとも思ってはいなくて、「LINE」だって、あまり活用していなくて、前職に務めていた際も、会社でグループLINEを…と言うのに、頑なに反対していたぐらいですし。

 

姿を変えても、旅と情報発信を…

旅と情報発信。

旅先からもそれがし易くなった時代。
これからはどんな形になるのだろう。

やっぱり映像なのかな。

旅と映像と言うのが、個人的に相性が良いのかどうか、今一つ、分かっていないけれど。

と言うのも、ボク個人としては、旅に出る前までにそこまで知っていたくないと言うか、知り過ぎてしまうと旅の魅力みたいなモノが、半減してしまう気がしてならないので。

まぁ、この辺りは編集と構成のセンスの問題なのかも知れないけれど。

それでも情報発信のツールが変わって行ったとしても、旅をし続けている限り、何らかの形で情報は出して行きたい。

今回の「Mobile Space」のサービス中止で、ふとそうした気持ちを再認識。

特に多くの人に響く記事は書けないと思うけれど、それでも発信を続けるコトは楽しいので。

と言うコトで、まだサウジアラビア編も書いていませんけれど、今後も宜しくお願いします( ´艸`)。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください