旅をお得に!りそなの株主優待って、お得なの?

Sponsored Link

6月は株主総会の時期!と言うコトで、久しぶりに「旅×株×優待」シリーズ。

前回は「H.I.S」を取り上げてましたが、それ以来。

今年の株主総会は、また別の記事で書くとは思いますが、コロナウイルスの感染予防のために、今までとはまた違った感じになりそうですが、今回、取り上げるのは、「りそなホールディングス」(りそなホールディングス:8308)。

たびかず
え?銀行株?

そう、銀行。
旅と銀行。

なかなか縁がなさそうな感じですが、「りそなホールディングス」の株主優待は、マイルにも通じる優待だったりするので、普段使いで、「りそな銀行」やグループ銀行が身近にある人は、考えてみてもイイかも…と。

100株で月間20ポイント+ステータス

まず「りそなホールディングス」は、「りそな銀行」・「埼玉りそな銀行」「関西みらいフィナンシャルグループ(関西みらい銀行・みなと銀行)」などからなる銀行グループ。

大手銀行の一角ではありますが、正直、“メガバンク”かと言われると、MUFJ・三井住友・みずほの3メガバンクから見ると、規模ではかなり落ちます。

その「りそなホールディングス」の株主優待は、りそなグループのポイントである「りそなクラブポイント」。

まずその株主優待の内容について見てみると、こんな感じ。

保有株式数 優待内容
月間付与ポイント数 ステータス
100株以上 月間20ポイント パール
500株以上 月間25ポイント パール
600株以上 月間30ポイント
以降、100株毎に5pt加算
パール
2,000株以上 月間100ポイント
以降、100株毎に5pt加算
ルビー
4,000株以上 月間200ポイント ダイヤモンド

最大で4,000株につき年間2,400ポイントが進呈されると言うシロモノ。

注意点としては、優待対象銀行が、「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「関西みらい銀行」の3行で、「みなと銀行」は対象外なのと、個人名義の普通預金口座を持っているコトが、優待を受けるにあたって必要になります。

マイルに変えられるりそなのポイント

優待で得られる「りそなクラブポイント」は、キャッシュバックも可能ですが、以下のパートナー企業ポイントにも交換が出来ます。

パートナー先 交換クラブポイント数 交換後のポイント数
JALマイル 100ポイント 50マイル
ANAマイル 100ポイント 50マイル
WAONポイント 100ポイント 100ポイント
nanacoポイント 100ポイント 100ポイント
楽天Edy 100ポイント 80ポイント
Tポイント 100ポイント 90ポイント
キャッシュバック 1,000ポイント 700ポイント

*上記以外にも交換先はあります

キャッシュバックが換算率70%なのに対して、電子マネーなどの方が、換算率が良いのですが、JALとANAのマイルに交換ができると言うのが、貴重な所。

まぁ、4,000株を持っていると、年間2,400ポイントですから、マイルに換算すると1,200マイル。

そこまで大きなマイル数ではありませんけれどもね。

因みに、「りそなクラブポイント」は、基本的には銀行取引で貯められる訳ですが、案外、ハードルが低いのが特徴だったのですが、2020年10月以降にリニューアルが予定されており、今までに比べると、やや貯めにくくなるかな…と言うのが、正直なところ。

ただリニューアル後も、株主優待のポイント数などは変更がない模様ですが。

手数料でも優遇が!

「りそなホールディングス」の株主優待がお得なのは、最低単元株でも、ステータスが得られると言う点。

具体的に、サービス優待が得られるステータスの内容は、以下の通り。

ステータス 株式数 ATM利用手数料 振込手数料
りそな
グループ
コンビニ
ATM
他行
ATM
マイ
ゲート
りそな
ATM
ダイヤモンド 4,000株 0円 月3回0円 月3回0円 月3回0円 月3回0円
ルビー 2,000株
以上
0円 月3回0円 × 月3回半額 ×
パール 100株
以上
0円 × × × ×

2020年10月以降、こちらも改定が行われる予定で、「パール」を得ようとすると、月末残高が200,000円以上になっているのに対して、100株の株を持っていれば、「パール」を維持できると言うのは、行動圏内にりそなグループのATMや支店がある場合は、魅力的です。

ただ10月のリニューアル以降は、かなりステータスのハードルが上がるので、ステータスがルビー止まりでOKと言うサブバンクとして利用している人には、おススメ出来る感じで、メインバンクとなると、2,000株まで持っていないとちょっと辛いですかね。

楽天証券ならば、楽天カードとの提携でお得に!!

りそなHDの業績は?

ただ気になるのは、「りそなホールディングス」の業績。

そもそも銀行自体が、最早、斜陽産業に近付きつつある中で、メガバンクでも地方銀行でもナイ「りそなホールディングス」って、どうなのよ?と。

業績 経常収益 経常利益 当期純利益 1株利益
2018年3月連結 742,927 217,777 236,251 100.51
2019年3月連結 860,706 203,018 175,162 75.63
2020年3月連結 880,544 214,290 152,426 66.27

配当状況は、以下の通り。

分配時期 配当金
2018年度中間配当 10円
2018年度期末配当 10円
2019年度中間配当 10.5円
2019年度期末配当 10.5円
2020年度中間配当 10.5円
2020年度期末配当 10.5円(予定)

PERは7.23倍。PBRは0.41倍。
年初来高値は478円。年初来安値は295.7円。

で、現状の株価は、こんな感じ。

業績的には緩やかに下降線。
そして、銀行株自体、コロナ以降の復調が遅い。

でも、それってまだまだ株価が低いとも言えるけれど。 

株主優待狙いのりそなHD株式は、お得か?

さて、これを踏まえて、「りそなホールディングス」の株式はお得なのか。

そもそも銀行株は、現在、総じて安値圏。

それを考えると、アリなのかな。
そう思います。
配当性向も良好で、そこに優待が加わる形になりますからね。

特に、ATM使用時の手数料を払っている人なんかには、良いかも。

ただマイルが得られると言っても、やっぱり弱いですよね。
そもそも獲得できるマイル数が、そこまで多くないですからね。

でもJALやANAですら、保有しているだけではマイルに繋がらないのに、りそなはそれが通じていると言うのは、特筆できますけれど。

あと銀行と言うセクターの中でも、りそなは今後のビジョンが分かりにくい。
そして、年々、何かしらの改悪が行われている感じがしなくもないですが。

それでも、近くにりそな銀行グループの支店やATMがあれば、ステータスが得られるので、最低単元株だけでも持っておくのは、アリかと思いますが。

100株ならば、そんなに習得必要金額も高くないですしね。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください