旅をお得に!H.I.Sの株主優待って、お得なの?

Sponsored Link

2019年10月から消費税が8%から10%に上がって、やっぱり節約モードかと思いきや、政府主導の「キャッシュレス還元」や店舗や決済側が大規模な還元策を行っている最中なので、逆に消費税が上がる前よりも、税込金額で安く購入が出来る様なコトが多々、起きていて、もう何が何だか…

でも、所詮、そうした還元策は、一過性のキャンペーンに過ぎない訳ですから、何とかして家計を防衛したい所ではあります。

「株主優待」って、そう言う意味で、貰う部分に関しては増税に関係はないので、ある意味、節税対策にもなるんだよなぁ…なんて、改めて思いつつ、シリーズ3回目(実質、2回目だけれど)。

初回はJALの株主優待について取り上げましたが、今回は、大手旅行会社のH.I.S(エイチ・アイ・エス:9603)を見てみます。

H.I.Sの株主優待は100株で2,000円相当!

H.I.Sと言えば、海外への格安航空券、そして格安ツアーの印象が強い旅行会社ですが、国内についても取り扱いがある他、2010年からは長崎のハウステンボス、2014年からは愛知にあるラグーナテンボスを運営しつつ、ホテル事業も拡大させるなど、事業領域を拡げている会社。

まずはH.I.Sの株主優待の内容について、見てみると、こんな感じ。

保有株式数 優待内容
H.I.S株主優待券 ハウステンボス入場割引券 ラグーナテンボス入場割引券
100株以上 2,000円分相当 500円分相当 500円分相当
500株以上 4,000円分相当 500円分相当 500円分相当
1,000株以上 6,000円分相当 500円分相当 500円分相当

それぞれの利用条件は、こんな感じ。

最低の単元株である100株でも、2,000円分相当の優待券が貰えます。
さらにグループ会社のハウステンボスとラグーナテンボスの入場割引券もゲット出来ると言うシロモノ。

H.I.S株主優待券利用条件

利用可能場所:
・エイチ・アイ・エス
・エイチ・アイ・エス沖縄
・ハウステンボス(直営ホテルの自社宿泊プラン限定)
・クオリタ
・クルーズプラネット
・欧州エキスプレス
・自社サイト(現地決済の海外ホテル・国内航空券/レンタカー/体験レジャーは不可)
サプライス!(海外航空券ならびに海外航空券+ホテルのみ利用可能)

利用条件:
・1回の旅行につき、1名分の旅行商品の販売価格が12,000円以上については1枚
・1回の旅行につき、1名分の旅行商品の販売価格が24,000円以上については2枚(上限)

注意点は、12,000円以上で1枚(1,000円分)が利用出来、上限が1回の旅行につき2枚までと言う点でしょうか。
ただ家族や複数人で旅行の際は、予約を分けてしまえば、使えるってコトかな…(←未確認です)?

ハウステンボス・ラグーナテンボス割引券利用条件

ハウステンボス入場割引券■
利用条件:
・入園券をハウステンボス料金所で購入時に提示するコトで、1人につき500円割引
・入場割引券1枚につき最大5名まで利用可能

ラグーナテンボス入場割引券■
利用条件:
・入園券をラグーナテンボス料金所で購入時に提示するコトで、1人につき500円割引
・入園割引券1枚につき最大5名まで利用可能

権利確定日は、毎年4月末と10月末。
それぞれ7月下旬と翌年1月下旬ごろに到着すると言う形で、年に2回、優待が貰えると言うのは、やっぱり嬉しい限りですね。

特に4月末確定分は、7月下旬に到着する形なので、ギリギリ夏に使えると言うコトになります(さすがにそこからの旅行の手配は、予約状況的に厳しいかも知れませんけれど、ハウステンボスとかでは利用価値が高いかと)。

H.I.Sの業績はどうなの?

とは言っても、そもそも「株価が下がったら元も子もない」のが、株式の世界。

それは優待を主目的にした株式取得であっても同じコト。
しかも旅行産業は、世界的な動向にも大きく左右されますから、なおさら気にしたいのが、業績と言う部分になります。

と言うコトで、直近のH.I.Sの業績を見てみます。

業績 売上高 営業利益 経常利益 利益 1株利益
2016年10月連結 523,705 14,274 8,648 267 4.3
2017年10月連結 606,024 15,915 19,647 13,259 219.5
2018年10月連結 728,554 18,024 19,440 10,971 191.3
2019年10月連結会社予想 800,000 16,000 15,300 11,300 167.3

配当金を見てみると、こんな感じ。

配当 配当金
2017年10月 29円
2018年10月 29円
2019年10月予 30円
2020年10月予 30~32円

自己資本比率は14.7%。PERは13.69倍。PBRは1.72倍。
高値と安値は、以下の通り。

銘柄名 H.I.S
年初来高値 4,520円(2019年3月1日)
年初来安値 2,346円(2019年8月15日)
上場来高値 6,060円(2014年2月27日)
上場来安値 870円(2008年10月10日)

で、現在の株価は、こんな感じ。

H.I.Sの株主優待は、お得なのか?

さて、これを踏まえてみると…

優待までの単位株である100株までの最低売買代金は、27万円近い金額になっています(2019年10月5日時点)。

優待の旅行券+入場割引券1人分を使った所で、年間の優待金額は6,000円。
配当利回り+優待利回りを合わせても、そこまでお得感があるかと言われると、正直、そこまでの妙味はないですかね。

ご家族でハウステンボスなどに行かれる予定がある場合は、ハウステンボス優待が1枚につき最大5名まで利用可能なので、例えば、家族4人だった場合は、2,000円分の割引にパワーアップするので、配当利回り+優待利回りがアップしますけれども。

ただハウステンボスって、国内でも確かに人気のあるスポットではありますが、そう度々、訪れる人が多いかと言われると、行きやすい人以外は、そう多くない様にも思いますし。

また仮に売買をするとした場合の流動性も高くはない気がします。

格安航空券を取り扱う「サプライス!」で利用可能と言うのは、有り難い感じはありますが、「サプライス!」は比較的よく割引券を配布しているサイト。

ですが、こうした優待券は、他のギフト券やクーポン・割引券・割引制度との併用が出来ないと言うのも、ネックですね。

H.I.Sはホテル事業も手掛けていて、「変なホテル」・「ウォーターマークホテル」・「グアムリーフホテル」・「グリーンワールド」の4ブランドを持っています。

「変なホテル」は国内14ヶ所(今秋、変なホテル関西空港もオープン予定)。
「ウォーターマークホテル」は長崎とバリの2ヶ所。
「グアムリーフホテル」はグアムに1カ所。
「グリーンワールド」は、台湾に16カ所。

「H.I.Sホテルホールディングス」を中間持株会社として、これからも拡大を続けて行くのでしょうし、TOBには失敗しましたが、ユニゾホールディングスを傘下に入れようとしたのは、その表れ。

また熊本の「九州産業交通ホールディングス」も傘下に持っていたりします。

これらの参加企業グループでも優待券利用が拡大すると、また株式を持つ理由が増えるとは思うのですけれどもね。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。