【空港喫煙所情報】バンコク・ドンムアン空港で喫煙所に行ってみた

Sponsored Link

久しぶりにドンムアン空港からの出発~!

怠惰なカオサンライフ。

それもいよいよおしまい。
今回の日本行きの飛行機は、LCCのスクートと言うコトで、ドンムアン空港からの帰国でした。

思えば、久しぶりのドンムアン空港です。
前回、ドンムアン空港を使ったのは、チェンマイからの帰り(往路はスワンナプーム空港出発だった)。

ボクの旅の原点がココ | now here,no where

おっ。 今日で10月もおしまいかぁ… ってか、未だに9月の上旬を書いているこのブログ。 まぁ、完全に2ヶ月遅れにならない様に、頑張って更新掛けていきます!! 朝食を食べて、チェンマイの空港へと向かう。 …

でも、これは到着した時の話。
出発便ともなると、いつ以来なんだろう…と思ったら、現在のスワンナプーム空港が開港する前の2005年でした。

スゴイ久しぶり。
でも、利用したコトのある空港としては、ボクとしては未だに香港に次ぐ回数を維持していたりする空港です。
つまりは、どれだけスワンナプームに移転する前に、利用してたんだよって話なんですが。

電子タバコ パワー調節機能付き スターターキット Eonfine 2600mAh大容量バッテリー 爆煙 Vape 日本語取扱説明書付き 禁煙減煙サポート LEDスクリーン 視覚化タンク

新品価格
¥3,000から
(2019/5/21 08:40時点)

ドンムアン空港に喫煙所はあるの?

さて、久しぶりのドンムアン。

1番変わっていたコトと言えば、喫煙所。

以前は、ターミナルビルの中にも喫煙所がありましたし(国際線)、降機したらすぐに喫煙が出来たのですが、2019年2月3日から、タイ国内6カ所の空港で、全面館内禁煙が施行されました。

この全面館内禁煙になったのは、

・スワンナプーム国際空港(バンコク)
・ドンムアン空港(バンコク)
・プーケット国際空港
・チェンマイ国際空港
・ハートヤイ国際空港
・チェンライ空港

の6カ所。

スワンナプーム国際空港の様子は、前に記事で書きましたが、ホントに、喫煙所が消えていました。

【空港喫煙所情報】バンコク・スワンナプーム空港で喫煙所に行ってみた

2019年2月3日。 この日から、タイ国内6カ所の空港で、出国審査後の制限区域内が全面的に禁煙になりました。 全面禁煙になったのは、 ・スワンナプーム国際空港(バンコク) ・ドンムアン空港(バンコク) ・プーケット国際空港 ・チェンマイ国際空港 ・ハートヤイ国際空港 ・チェンライ空港 の6カ所。 マジか~っ! タイも空港禁煙化か~っ!! …

ただスワンナプーム国際空港の場合は、屋外の喫煙所が残っていたのは、助かる所で、とりあえず、空港に到着してもタバコが吸えないと言う事態は避けられたのは、愛煙家としては嬉しい所。

さて、バンコクの旧空港であり、現在は、LCCの離発着で賑わうドンムアン空港。

今回は、日本までの帰国便と言うコトなので、そこそこの時間のフライトになる訳で、やっぱりそうなると“吸っておきたい”と思うモノ。

で、ひとまず探してみますが、なかなか見当たりませんが…

が、館外にありました。

国際線ターミナル到着フロアを出て、左へ。
国内線ターミナルとの間ぐらいに1カ所と、国内線ターミナルの出口近辺に1カ所。

共にコンテナを喫煙所として使っていると言う感じでした。

一応、車道を越えた先にあるので、案内看板もちらりと。
そして、コンテナの中に入ってみると、タイらしい“砂”の入った昔ながらの灰皿がドーンッと。

喫煙所内は、ちゃんとエアコン装備なので、悪くはないです。
寧ろ、コンテナではありますが、ちゃんとしている感すらあって、清掃もしっかりとされていました。

ってか、タイって基本的に“屋内禁煙”と言うお国柄なので、こうしてエアコン完備の喫煙所って、なかなかお目に掛からないのに、なぜ、空港に?と言う気がしますが、まぁ、喫煙所がちゃんとあるだけ有り難いです。

でも…

国内線ターミナル側なんですよね、共に。

どうせならば、国際線ターミナル側と国内線ターミナル側と、1ヶ所ずつ設けてくれると、より便利で嬉しいのですけれどもね。

現状、到着階にはこうしたコンテナ喫煙所がありましたが、出発階は…と言うと、国内線ターミナル側に同じ様なコンテナ喫煙所があります(15番出口から左に出て進んだ所)。

が、それ以外は皆無。
しかも15番出口って、不便なんですよね…

と言うコトで、ドンムアンから国際線を利用する場合の喫煙所は、1階に降りて、国内線と国際線ターミナルの間にあるコンテナ喫煙所が、一番近くなります~。

一応、かつて喫煙所があった場所などで、吸っている人はいましたけれども、個人的には、喫煙所が遠くても完備されているので、そちらをしっかりと使いたいし、使って欲しいとも思う。

これ以上、喫煙所が無くなってしまうのを避ける為にも。



タイの禁煙政策は、結構、徹底している

それにしても…

屋内禁煙。

タイも空港までいよいよそうなっちゃいましたか。

タイの場合、空港の免税店のタバコ販売も、“隠された”感じを出していますしね。

ってか、免税店のタバコ販売でも、がっつり“身体に悪いアピール”で、タバコの箱自体、カーテンで隠してしまうぐらい。

“タバコ=悪”

タイの政府の立場は一貫している感じがしますから、空港が禁煙になっても、不思議じゃない気はしますけれどもね。

ただ国民は、案外、吸うと言う事実はあり、どう言う感じで受け止められているんだろう…なんて、ちょっと思っちゃいますけれども、それは日本も同じ話なのかな…なんて。

ただどの国でも思うのですが、1ヶ所ぐらい、制限区域内の出発階にちゃんと完全に煙などが外に漏れない様な喫煙所があると良いのに…と。

別に愛煙家は、タバコが身体に悪いのは、充分、存じているでしょうし、好きで吸っているのだから。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください