ポートブレアからコルカタへ~マハラジャくん、カワイイ…

Sponsored Link

市内からはそう遠くないポートブレアの空港

ポートブレアの空港へ。

何気に市街地から距離的には近いんです。
Google Map的には3kmなんで、歩けない距離じゃないんです。
ですが、アップダウンがあるので、歩いてだとなかなかしんどいかも。

少なくとも、“3km”と言う距離の割には、疲れるハズ。

なので、アクセスは専ら、オートリキシャ。

飛行機自体は、朝出発便でしたが、オートリキシャは朝5時ぐらいから動いていて、簡単に拾えました。

大体、市内中心部から空港まで、100~150INRが相場みたいです。

で、空港。

到着した時にも思いましたが、ホントに小さな空港。
ターミナルがポツンとあるだけ。

とりあえず中に入ってみます。
2時間半ぐらい前に到着しましたが、まだエアインディア、搭乗手続き、スタートしていなかったです。

やっぱり国内線だと3時間前を目標にして、早めに来なくても良かったかな…なんて思いつつ、特に開いているお店も持ち帰りのみのカフェだけ。

大人しく昨日の夜に、市内で買っておいたパンとジュースで朝食を済ませましたが、そもそも空港のターミナルも大きくないので、“朝食を空港で食べよう”と言う考え自体が、間違っているかと。



次のフライトは、エアインディア!

さて、この旅では3本目になるインドの国内線。

今度はエアインディア。

LCCじゃなく、ナショナルフラッグです。
日本にも乗り入れている航空会社なので、知名度は低くない航空会社。
スターアライアンス加盟航空会社でもありますしね。

ただ国内線では既にシェア首位でもなく(首位はIndiGo)、経営難が続いていたりはしますけれども。

さすがに3本目ともなると慣れたモノで、サクッと先に荷物チェック…

そう、慣れたモノで。

な…れた…

 

見事に引っ掛かりました。

今度は機内持ち込みに入れていた単3電池。

ダメみたいです。

しかも、引っ掛かったのは、ライトに入っていた電池。

IndiGoはスルーだった様に思うんだけれどもね。

まぁ、ダメと言われたら取るしかないんですが。

とりあえず3本目で分かったコトは、インドで飛行機に乗る際は、バッテリーと言うバッテリーをやたら警戒されると言うコトでしょうか。

荷物チェックが終わって、カウンターへ向かって、チェックイン。

混んでいないからか、スムーズです。
この先、国際線に乗り継ぎますが、国際線分のチェックインも同時に完了。

荷物もスルーバゲージなのは、非常に助かる所です。

けれど、“インド”と言う勝手なイメージが、“スルーバゲージで大丈夫なんだろうか…”と言う気持ちにさせてくれますけれどもね。

搭乗券にも、マハラジャくんがデザインされています。

やっぱりかわいい、マハラジャくん。

ちょっとしたグッズがあったら、買っちゃいたいぐらいにかわいいです(笑)。

特大希少ビンテージ非売品 マハラジャくんAir India インド航空エアインディアマスコットフィギュアインド人形C

こうした航空会社でマスコットキャラクターがいる所って、あまりナイかと思うのですが、しろたんとコラボしているJALも捨て難いですが、このマハラジャくんは、その双璧を成すぐらいのお気に入りかも。

しかもマハラジャくんは、歴史、持ってますし、独自のキャラクターですからね。

小さなポートブレアの空港

さて、チェックインまで終わってしまうと、どうしよう…的な。

想像以上に空いていてスムーズな搭乗手続きでしたから、時間があり余り。

チェックインカウンターの前の座席が空いていたので、座ってぼんやりしてみましたが、やっぱりちっとも時間が進まない。

だけれども、特に時間を潰す所がない空港。
小さな空港なので、ラウンジも皆無。
ただとりあえず、他に便がない訳じゃないので、混みあうと嫌なので、制限区域内に入ってみました。

お店。

辛うじて数軒ありました。

が、やっているのは、「AIRPORT SNACKS BAR」と書かれたお店だけ。

食事処皆無。

搭乗口はブリッジがなく、バス移動のみで、出口も2つのゲートがあるだけ。

そして何より痛かったのは、“喫煙所がナイ”と言う事実。

インドの空港って、どこも喫煙所、標準装備なんだと思っていたのですが、ありませんでした。

さらに言えば、Wi-Fiもなし。
と言うコトで、大人しくブログの下書きをオフラインで書くのと、日記を書く以外に術がありませんでした。

州都の空港。

島ですから、空港は重要な場所。
だけれども、小さくてちょっと古めのターミナルな訳で、何かを期待したボクが間違っていましたよね、きっと。

でも、空港自体は清掃が絶えず行われていて、キレイでしたけれどもね。



マハラジャくんに乗って、コルカタへ~

1時間ぐらいはブログの下書きをしていたでしょうか。

ようやく搭乗に。
連絡バスに乗って、機内へ。

一応、到着時には何も言われませんでしたが、滑走路などで写真を撮るのはNGだそうです、この空港。

機内にもマハラジャくん。

ポートブレアからコルカタへ。

コルカタからバンコクへ。

このフライト、合計で10,000円強(諸税込みで)。
諸税抜きにすると、10,000円を切って来る安いフライト。

搭乗してみて、その理由が分かりました。

めちゃ空いていました。
久しぶりに3列独占したぐらい。

まぁ、確かにポートブレアへのメイン路線は、コルカタじゃなくて、チェンナイでしょうし、その先に乗り継ぐとしても、コルカタよりもチェンナイの方が国内線は便利なのでしょう。

でも、ちゃんと機内食も出ます。

インドの国内線で有り難いのは、機内食の存在。
このフライトも2時間強ではあるのですが、ちゃんと機内食が出されます。
ただ色々と選べる訳じゃないし、基本的に西洋風なモノはナイのですけれどもね。

でも、国内線で機内食が出ると、ちょっとお得な気持ちになるモノです。

で、無事、コルカタ到着。

ほぼ定刻通りに到着でした。

おおっ!
まさか、定刻で着くとは思ってなかった!

だって、エアインディアって、そんなイメージじゃない?(→かなり失礼だけれど)




おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。