ANAが国際線航空券の日本国内区間のマイル積算率を変更に!

Sponsored Link

ここ最近、出張での仕事を繰り返しているのですが、ようやくそんな生活も今日でおしまい。
下り線のお盆のUターンに対する渋滞をしり目に帰宅した今日なのですが、やっぱり休みが一極集中する日本。
“山の日”なんて良く分からない祝日を増やすよりも、“連休が取りやすい国”であったり、“ピークを外した休み”であったり、“有休の取得率の向上”と言う様な働き方の有り様を変えて行くコトの方が先決の様に思えるし、よっぽど経済効果があるし、意義があるコトの様に思えるなぁ…なんて、つい考えたりしてしまいますけれども、そんな“働き方改革”はやっぱり政府が一丸となって取り組んでくれないと、なかなか解決出来ない話なんだろうなぁ…とも。

ANAが国際線航空券の日本国内線区間のマイル積算率を変更!

さて、ANAから国際線の航空券の、日本国内区間に対するマイル積算率を、2018年10月1日搭乗分より変更するコトが発表になっています。

内容を見てみると…

  • 現状:
    予約クラス“F”→区間マイル数の150%積算
    予約クラス“F以外”→区間マイル数の100%積算
  • 2018年10月1日(搭乗日)以後:
    予約クラス“F・A”→区間マイル数の100%積算
    予約クラス“Y・B・M”→区間マイル数の100%積算
    予約クラス“U・H・Q”→区間マイル数の70%積算
    予約クラス“V・W・S”→区間マイル数の50%積算
    予約クラス“L・K”→区間マイル数の30%積算

と大きく変更になります。

WikimediaImages / Pixabay

現状は、予約クラスがF以外は、もれなく100%加算だったので、ホントに大きな変更となります。
特に、羽田や成田などを経由しないとANAの国際線が搭乗出来ない地方の方にとっては、厳しい話になるかと思いますが、それ以上に厳しくなる方々もいるかと。

プレミアムメンバーを目指している人には、大打撃の改変!!

それは、ANAのマイレージで上位のプレミアムメンバーを目指している方々。

ANAに限らず、JALも同様なのですが、割安な国際線航空券に国内線区間を付けて、より多くのマイルやプレミアムポイントの積算を狙うと言うのは、結構、知られた裏技なのですが、10月1日以降は、その裏技にメスが入ったと言うコトになり、これらの方法でプレミアムメンバーを目指している人にとっては、年度末に向けて、厳しいルール改変と言うコトになりそうです。

しかも変更されるのが、発券日ベースではなく、搭乗日ベースなので、2ヶ月切ってますしね。
こうしたやり方で上位ランクのマイルホルダーを目指している人は、年度末に向けて、綿密にマイルやプレミアムポイントの計算をしている方も多いかと思いますが、既に10月1日以降の搭乗分も予約されている人がほとんどの様に思うので、それらにも引っ掛かって来てしまいますね。

ある意味、マイルの世界の変更の多さを表している話ではありますが、よりによって、年度末に向けて改変しなくても…と思ったりも。

JALでも、同様の方法で上位のプレミアムメンバーを目指している人はいるかと思いますので、この改変に続くかどうかは気になる所ではあります。

関連リンク

国際航空券で発券される日本国内線のマイル積算率の変更について






おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください