カオサンの居心地の良い宿は旅人を怠惰にさせる

Sponsored Link

11月です。
今年もあと2ヶ月。
果たして、年末年始は何処で何をしているのやら…

カオスなカオサン

バンコクに戻って来て向かったのが、カオサンエリア。
安宿が集まるエリアなのですが、ここ数年来、単なる安宿街と言うには程遠いぐらいの発展をしているエリア。マクドナルドが出来た辺りから、何だか明るくなった感じはしていたけれども(因みにマクドナルドが出来たのは数年前でもなく、もっと前だとは思うけれど)、久しぶりに行ってみて、更に驚き。

洗練されすぎてるじゃないか…っ
怪しい人や店が減った感じが。

しかも、人・人・人。

いや、それは昔からだったかも知れないけれど、音も大爆音で向かいの店通しで音量の競争でもしてるんか!?と言うぐらいに、響き合っていて、賑やかを通り越して、やかましさすら。

カオサンは好きなんだけれども、あまりにもカオスすぎて辟易してしまう感じ。

img_4218

んで、つい宿から出不精になってしまう。

そもそもカオサンって、王宮とか川沿いに用事がない人にとっては、結構、不便だったりするからね。
BTSも地下鉄からも遠いし。

居心地の良い宿は、人を怠惰にさせる

しかも、宿が心地良くて…

まぁ、宿の情報はまた後日にUpしますけれど、冷えた瓶ビールが60バーツ。

ついつい夜な夜な飲みすぎてしまう自分。

しかも、日本人宿なので、日本人しかいないから、コトバの面では気兼ねもなく。

そして、最近、あまり出会えていなかった若い旅人がウヨウヨ(中央アジアはヨーロピアンの若い旅人はいましたが、それでもやっぱり若干、年齢層は高めでしたし、日本人になるとホントにグンッと高くなっていたので)。

新鮮です!!

朝まで夜通しで飲んでいる旅人もいるけれど、さすがに夜通しは起きていられなくて、大体、明け方の3時ぐらいでダウンしてしまっていたけれども、その時間まで起きて飲んでいたら、そりゃ、翌日の起床も遅くなり、朝食を食べ終わる頃には昼になってしまって、何処に行くにも不便なカオサンだから、つい何処にも出たくなくなると言う見事なまでの無限ループに…

まぁ、夜遅くなってもコンビニはやっているし、屋台もあるから、小腹も満たせるし、飲みやすい環境なんだとは思うけれど。

まぁ…

バンコクも何度目かだし、特に見たい場所がある訳でもないから…と、自分に自分で言い聞かせてみる様な、そんな状態。

元々、旅最中はそこまで精力的に動くタイプじゃなくて、自分の行きたい所だけをじっくり回るタイプなんだと自覚しているんだけれども、ここまで落ちるのも久しぶりだなぁ…と。

それもバンコクだからこそ。
それもタイだからこそ。

…と、自分に言い聞かせて、タイに甘える日々になってしまいました。

ってか、カオサンから出なくなったのは良いとしても、カオサンに行くのも億劫になりつつあるのはヤバいよなぁ…

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください