アビアンカ・ブラジルがスターアライアンス正式加盟

Sponsored Link

航空業界で最大規模のアライアンスであるスターアライアンスに、7月22日、新しくアビアンカ・ブラジル航空が、正式に加盟しました。
何だか、最近、スターアライアンス以外でも新しく加盟する航空会社のニュースがなくなった感があって、アライアンスの拡大基調はひとまず落ち着いたのかなぁ…なんて思う訳ですが、この正式加盟はそんな中で、地味にスタアラユーザーにとっては嬉しいニュースにはなりそうですね。

アビアンカ・ブラジルがスタアラ正式加盟!!

ブラジルをベースにしているアビアンカ・ブラジルが、2015年7月22日にスターアライアンスに正式加盟しました。

“アビアンカ・ブラジル”と言う名前でも分かるかと思いますが、中南米をベースにしているアビアンカTACAのグループ企業で、ブラジルの地域子会社になり、現在、A318を19機、A320を23機など、合計で51機を保有して、ブラジルのサンパウロ・グアルーリョス国際空港をハブにしている航空会社になります。

ただそこまで路線網(特に国際線)は広く展開があると言う感じはありませんが、ブラジルまでは、旧コンチネンタル航空の流れを持っているユナイテッド航空や、旧宗主国のポルトガルが拠点のTAPポルトガル航空などがスターアライアンスに加盟しているので、そこまで国際線が強くなくても、あまり大差はないのかなぁ…なんて思ったりもしますが。

スタアラ待望のブラジル加盟航空会社!!

世界最大規模のアライアンスであるスターアライアンスですが、南米だけは、あまり力が強くなく、かつてはブラジルのヴァリグ・ブラジル航空(破産)やTAM航空(LAN航空と合併)が加盟していたのですが、現状、アビアンカグループであるアビアンカ(コロンビア)と、アビアンカ・ペルー(元 TACA ペルー)の2社しかくらいしか加盟航空会社がないのが現状で、アビアンカ・ペルーもそう大きな路線網を持っている訳ではナイですし、そもそも地域で最大の国土を誇るブラジルに加盟航空会社がなかったので、やっぱり片手落ちの様な状態だった訳で、待望の正式加盟になります。

それにしても…
アビアンカ航空って、元々はコロンビアをベースにしていたアビアンカと、中南米のアライアンスであったグルーポTACAが合併した企業ですが、何だか合併でそれまでそこまでパッとしなかった2社の相乗効果が上手く出ている気がしますね。
そこにアライアンスの相乗効果が上手く絡まっている気がします。

ただ…

やっぱり南米はLANグループの方が、その勢力は目立つのが、実状ですけれどもね。
アビアンカ・ブラジルは合計で50機程度ですが、TAM航空は、保有機材でも150機以上になっているので、その差は、歴然ですから…


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。