北陸新幹線金沢延伸開業(1)概要

Sponsored Link

いよいよ14日に北陸新幹線が、金沢まで延伸開業しますね。
“新幹線”と聞くと、何か、ワクワクします。

って、お前は小学生か!?と突っ込みが来そうですが、昔から、旅をしていても、なかなか新幹線に縁がないので、余計にワクワクしちゃうんでしょうね。
トワイライトエクスプレスがなくなったり、在来線が第3セクターになったり…と、色々と変わって行く訳ですが、それを順にちょっとずつ見てみたいと思います。

長野~金沢までの北陸新幹線とは

今回、開業するのは、長野~金沢までの区間になります。
その区間に、次の駅がそれぞれ設けられます。

  • 長野駅(既存):長野県長野市:JR信越本線・長野電鉄長野線・しなの鉄道北しなの線
  • 飯山駅(併設):長野県飯山市:JR飯山線
  • 上越妙高駅(併設・改称):新潟県上越市:えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン
  • 糸魚川駅(併設):新潟県糸魚川市:JR大糸線・えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン
  • 黒部宇奈月温泉駅(新設):富山県黒部市:富山地方鉄道本線(新黒部駅)
  • 富山駅(併設):富山県富山市:JR高山本線・富山地方鉄道本線/軌道線・富山ライトレール富山港線
  • 新高岡駅(新設):富山県高岡市:JR城端線
  • 金沢駅(併設):石川県金沢市:JR北陸本線・IRいしかわ鉄道・北陸鉄道浅野川線

新幹線だけの単独駅はナイと言うコトになりますね。
なので、新設駅も在来線か私鉄と乗り換えが出来るので、アクセスはどの駅も、そう悪くない感じです。

ダイヤについて

長野までの新幹線を合わせて、停車駅と種別は、こんな感じです。

  • かがやき:東京~金沢:10往復
    【停車駅】東京・上野*・大宮・長野・富山・金沢
  • はくたか:東京~金沢:14往復/長野~金沢:1往復
  • つるぎ:富山~金沢:18往復
  • あさま:東京~長野:16往復

最速はかがやきになり、東京~金沢間が2時間28分、東京~富山までを2時間8分で結ぶコトになります(上野駅は一部の列車が停車)。高崎もスルーして金沢まで2時間半を切る俊足ぶりを見せてくれます。

かがやき・はくたか・あさまはグリーン車とグランクラスが設けられますが、つるぎはグランクラスへの乗車が出来ないとのコト。
また、自由席ははくたか・つるぎは4両・あさまは5両、設けられますが、かがやきは全車両指定席になるので、注意が必要になりそうです。

東京発の始発のかがやきで6時16分発→富山8時26分着→金沢8時46分着。
金沢発の始発のかがやきだと6時ちょうど発→富山6時19分発→東京8時32分着。

東京発の終発のかがやきだと21時4分発→富山着23時15分着→金沢23時35分着。
金沢発の終発のかがやきだと21時ちょうど発→富山発21時20分発→東京23時32分着。

当たり前ですが、ビジネスにも観光でも、利用勝手の高いダイヤが組まれており、かなり金沢が首都圏に近くなった印象。
と言うか、ここまで来ると、もう充分、日帰り圏内になってしまいますね。

こうなると気になるのが、運賃と言うコトになりますが…

  • 指定席:東京~富山:12,730円/東京~金沢:14,120円
  • グリーン席:東京~富山:17,360円/東京~金沢:18,750円
  • グランクラス:東京~富山:25,580円/東京~金沢:26,970円

さすがに…
グランクラスともなると、値段が跳ね上がる感じです。
2時間半で26,970円。
これを高いと見るか、そうでもないと見るかは、判断が個人によって違うでしょうが…

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください