ジェットスターとチェジュ航空は第3ターミナルから

Sponsored Link

最近、LCCの話題しか出て来ない気がする成田空港。
今でも東京の玄関口であるコトには、変わりがない訳ですが、目に付くのは、やっぱり羽田になってしまうのは、成田に行くのが不便な埼玉西部県民だからなのでしょうかね。
昔、ブダペストで出会った旅人が、最後、ソウルから帰国したのを迎えに行った際、彼がソウルを出る前に、ボクが家を出ないと間に合わないと言う事実に愕然とした記憶がありますが、それほど、我が家からは成田って遠いんだよなぁ…
まぁ、羽田も決して近くはないんですけれどもね。

第3旅客ターミナルにジェットスターと済州航空も!!

4月8日の開業に向けて、鋭意、準備が進められているLCC向けのターミナルである成田の第3ターミナル。
これまでにジェットスター・ジャパンとバニラエア、春秋航空日本が、第3ターミナルへの乗り入れを表明していますが、このたび、オーストラリアのジェットスターと、韓国の済州航空(チェジュ)が第3ターミナルへの乗り入れを行うコトが発表になっています。

これで合計5社が第3ターミナルに揃うコトになりますね。

因みに、ジェットスターはケアンズ・ゴールドコースト・メルボルン線に就航、済州航空は、ソウル線を運航しています。

この他に、成田には

・イースター航空:第2ターミナル(ソウル)
・エアアジアX:第2ターミナル(クアラルンプール)
・タイ エアアジアX:第2ターミナル(バンコク)
・エアプサン:第1ターミナル(釜山)
・スクート:第2ターミナル(台北経由シンガポール)
・香港エクスプレス:第2ターミナル(香港)
・セブパシフィック航空:第2ターミナル(マニラ)

がLCCとしては乗り入れています。
ってか…
どうせなら、LCCは全部第3に移行して欲しい様な気もしますね。
そうすれば、LCC=第3ターミナルと言う形で、すっきり分かり易くなるのですが。
ただ第3ターミナルは今までの2つのターミナルよりも、多少、利便性が落ちますし、広さもある程度でしかないので、免税店なども限られているので、そう言う点においては、今までのターミナルを利用し続けてくれていた方が、有難い所もあったりはしますね。
せめて、エアプサンが第2に移行すれば、LCCは第2か第3ターミナルから…と分かり易くなるのですが、エアプサンはスターアライアンスメンバーのアシアナ航空が親会社。そのアシアナ航空がスターアライアンス加盟航空会社が集結している第1ターミナルを利用しているので、ターミナルの移行は難しいのかも知れませんね。

初年度で500万人、最終的には、750万人の利用を想定していると言う第3ターミナル。
個人的には、もう少し、今後の拡張性を持たせたターミナルを造成するべきだった様な気もしますけれども。世界的に見ても、LCCが拡大して行くと言う流れは、止められないし、止まらない訳ですから。

ともかく成田と言えば、2つのターミナルと言う意識が強い人も多いでしょうから、開業後にLCCを成田から利用する人は、どのターミナルから発着するのか、注意が必要になりそうですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください