埼玉のムーミンバレーパークに行ってみた:1.アクセス編

Sponsored Link

埼玉・飯能にある「ムーミンバレーパーク」に行ってみた

はじまりは埼玉県西部に位置する飯能駅。

とある秋晴れの平日。
「ムーミンの物語を追体験できるテーマパーク」としてオープンした埼玉の「ムーミンバレーパーク」に行ってきました。

“ムーミン”をメインに据えたテーマパークと言えば、本家のフィンランドにありますが、通年営業しているのは、世界でもココだけ!と言うパークです。

因みにこのシリーズ、全4回+番外編2回の合計6回分ですが、まずは1回目。

たびかず
ってか、長っ!

飯能って、そもそもどこ?どうやって行くの?

まず「ムーミンバレーパーク」の場所。
埼玉県飯能市。

飯能と書いて、“はんのう”です。

“めしのう”でも“いいのう”でもなく、“はんのう”です。

東京都心部からだと、西武池袋線でとことこと。

特急だと40分強。特に別途料金の掛からない急行でも50分程度。1時間に1本程度ですが、副都心線・東急東横線・みなとみらい線からの直通列車もあるので、何気に横浜から1本で来れます。

基本的に、途中までしか行かない列車以外で、特急じゃなければ、終点なので、ちょっと距離はある気がするけれども、道中、寝て行けると言う利点が。

終点なので、寝過ごすコトもないですからね。

でも、西武線に新型の特急車両である「La View」が走り始めたので、それで来るのも悪くはないかと。
なかなか斬新なフォルムの車両で、窓がホントに大きく取られているので、明るくて、乗っているだけでも楽しくなる車両です。

飯能駅に到着すると、駅がちょっとだけリニューアルされていて、駅名票とかも、ムーミンバレーパーク仕様になっていました。

まぁ、気が付くかどうかは微妙ですけれども。

もうちょっと大掛かりにリニューアルしても良かったのでは?と思いましたが、そもそも別に「ムーミンバレーパーク」は西武グループ資本な訳でもナイですし、キャラクターを持って来ると、別途使用料も必要でしょうから、この辺りが駅としては限界なのかな…

駅からはアクセスバスですが、悪くはない

改札口は1つ。

左に出て、北口の1番手前のバス停からバス。

・メッツァ行き(直通)
・メッツァ経由武蔵高萩行き

この2路線がアクセスバスになりますが、この他に、八王子と川越を結ぶJR八高・川越線の東飯能駅からも直通バスが出ていますので、立川・八王子・川越・大宮方面からだと、そちらの方が便利かも。

武蔵高萩行きのイーグルバス以外は交通系ICカードが使えて、運賃は200円(バス会社としては、西武バス・国際興業バス・イーグルバスの3社が持ち回りで運転しています)。
直通バスに乗ると、他の停留所には止まらないので、道が渋滞していなければあっと言う間でした。

乗換が面倒だなぁ…なんて思うでしょうが、そんなに苦にならないレベル。

まぁ、今でこそ考えられませんが、ディズニーランドだって、京葉線が出来る前までは東西線とかからバスでしたからね、アクセス(アラフォー以上の人しか分からないかも知れませんが)。

飯能駅からのバスは、結構、頻発で、平日でも最低1時間に4~5本は出ている感じで(土・休日は7~10本ぐらいある)、所要は12,3分と言う所でした。

個人的には、程よい都心からの距離感なのかなぁ…と。
近すぎると、ワクワク感も減ってしまうじゃない?みたいな。

いや、そう思わないと、ダメなんです、きっと。

手前には、メッツァビレッジ

まずパーク自体は、大きく分けて2つから構成されています。

北欧をモチーフにした「メッツァビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」。

2つ合わせて「メッツァ」を構成していると言う形です。

先行開業した時に「メッツァビレッジ」には行っていたので、とりあえず今回はほぼほぼスルーですが、手前にある「メッツァビレッジ」は、入場無料ゾーンです。

北欧へココロ飛ぶ、「メッツァ」に行ってみたー北欧雑貨が可愛すぎた編ー

さて、メッツァに到着です(鉄道+バスによるアクセス情報は、「 北欧へココロ飛ぶ、「メッツァ」に行ってみたーアクセス編ー 」から)。 午前中に仕事を終えて、急いで行ったので、昼下がりと言う時間帯。 当たり前だけれども、既に開門している訳ですが、メッツァの中で、今回、開園した「メッツァビレッジ」は無料ゾーン。 と言うコトだからなのか、特に、大した入り口もなく、1本の道がスーッと伸びているだけ。 …

宮沢湖畔に沿う形で広がっていて、北欧ブランドの雑貨店が入っていたり、飲食店が並んでいるゾーンです。

そう言えば、先行でオープンした時にはまだ工事中だったカフェ&雑貨の「nordics」とスターバックスが出来ていました。

あとファンモックの「PANZA」。

「nordics」は、ロイヤルコペンハーゲン・イッタラ・アラビアと言ったテーブルウェアブランドを傘下に収めているフィスカースジャパンがプロデュースしていて、北欧式のオープンサンドのスモーブローが食べられるそうです。

青色のこじんまりとしたお店ですが、中は明るく、勝手にイメージする“北欧カフェ”って感じ(なんとも中身のない感想ですけれど)。

「PANZA」は、FUN+HAMMOCKと言うコトで、フランスから来た空中アスレチック。

北欧をテーマにしたパークなのですが、コレは、フランスです。
まぁ、細かいコトは気にしちゃダメですね。

パッと外からも見えますが、森の中のそこそこ高い場所にハンモックの網が張り巡らされていました。

子供はもちろん、何だか童心に帰りそうな、そんなアトラクション(有料)。

派手さはないけれども、ちょこちょことこうして手が加えられているんだなぁ…と言うのが、正直な感想。

そもそも秋と冬、春、夏と、それぞれに雰囲気が変わりそうな気がしますね。
カヌーなんかもあるし、天気が良ければ、かなり気持ちが良いです。

が、今回のメインはあくまでも「ムーミンバレーパーク」なので、先に進むコトにします。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください