無事、帰国!日本人に戻りました~(笑)

Sponsored Link

初・スクート搭乗!

バンコク・ドンムアン空港からはLCCのスクート利用。

セールのタイミングで買うと、10,000円強で片道が飛べると言う日本~タイ間のLCC。

確かに昔もビーマンバングラデシュやエジプト航空とかで格安の運賃はありましたが、LCCが日本とタイの間に飛び始めて、一気に心理的な距離が近付いた感じがありますね。

深夜発なので、ぶっちゃけ、LCCで充分と言う感じも。

いや、もちろん、ココロの中ではフルサービス型のJALだとかタイ国際航空とかにも乗りたいですけれどもね。
ただ深夜発だと、機内食などで起こされたりするぐらいならば、そうした付随サービスがない分、しっかりと寝れるLCCを敢えて選ぶと言うのもアリなんだと思う。

特に日本人は、痩せ型の人が多いので、“LCCは座席の間隔が狭い”と言っても、耐えられると思うし。

ってか、所詮、フルサービス型の航空会社を選んでも、エコノミークラスなんて、狭いですからね、座席の間隔は。

と言うコトで、スクート搭乗。

何気に初スクートなのですが、搭乗してスグに爆睡しました。

もうほとんど記憶がないレベルで。
逆に下手に起こされないLCCだからこそ、爆睡出来ると言う感じでしょうか。

まぁ、寝る為に窓側シートを選んでいましたから、寧ろ、爆睡は、予定通りと言う感じでしょうか(笑)。

個人的に、今、どこを飛んでいるのか分からないコトだけが不便ではありますが(単に機内で見る飛行地図が好きなだけなのかも知れないけれど)、寝てしまったら、そんなのカンケーないですし。



無事、日本帰国!

で、気が付けば、すっかり機材は日本上空を飛行していたみたい。
ってか、もう関東圏内にすら入っていたみたい。

成田空港に、ほぼ定刻通りの到着。

スクートはLCCだけれども第3ターミナルではなく、第2ターミナルの利用。

あぁ、帰って来ちゃったな。

いつも思う感覚。
この感覚は、何回経験しても、コトバに出来ない感覚。

でも、とりあえず今回も、無事に帰ってこれたコトに感謝。
五体満足と言うのもそうだし、盗難だとかにも遭わずに帰国出来たコトに感謝。



いきなり日本人に戻る瞬間

旅人と言う宙ぶらりんの存在。
特に、日本人があまり多くいないエリアだと、日本のコトを忘れてしまう日々になるし、そうなると自分が無国籍の様に思えたりするぐらい。

それが日本の空港に辿り着いた瞬間に、“日本人”に切り替わる。

旅人から無職へ。
いや、正確には旅の最中も無職なんだけれども(笑)。

否応なしに日本の枠組みの中に入らざるを得なくなる瞬間。
旅が終わったと言う感覚よりも、日本の空港に到着した瞬間は、そちらの方が強い感じ。

エスカレーターは片側を空けて、電車に乗ったらマナーモードにして…

そうした日本人なら意識するコトなく行っているコトの枠組みの中に、吸い込まれて行くコトを、一気に自覚します。

もちろん、“これからまた新しい生活”がスタートするんだ~と言う感覚がない訳じゃないし、それがちょっと楽しみと思わなくもないけれどもね。

とりあえず、今回はそう言う感覚がイヤだったので、もうフワッと日本人に切り替わるのではなく、強制的に切り替えてしまおう…と、空港から職場まで直で行ってしまうコトにしました。

職場と言っても、期間限定で働く場所なんですけれども、以前、一緒に仕事をした際に、お呼びを掛けて頂いたので。

強制的に日本人に戻す。
旅の余韻を引きずるコトもなく。

と言うコトで、あっと言う間に“日本人”に戻りました。

まぁ、今回は旅の期間もそれほど長かった訳じゃなく、2ヶ月程度でしたしね。
そもそもお金が底をつきかけているので、一気に働かないといけませんでしたし。

と言うコトで、バングラ・インド・バンコク旅行、終了~。

行くまではあまり情報を持っていなかったし、メインで行きたい場所がぼやけていたので、どうなるのかな…と思っていたのですが、やっぱり行くと楽しいモノです。

ブログ、読んで頂いてありがとうございました。
まぁ、また旅情報をメインに更新して行くので、宜しくお願いします。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください