インド・アンダマン諸島ハブロック島の宿:Coconut Grove Beach Resort

Sponsored Link

色々と部屋にタイプがありそうな安宿

ニール島の宿よりもキレイと言えるかも知れませんが、実際はそこまでの大差はないかと。

特に、共用の水回りは、“ザ・安宿”と言う感じで、キレイさは皆無。
海の家に近いモノがあるかと。

この宿の変わっている所は、住んでいると言っても良い人たちがいると言う点でしょうか。

寧ろ、外国人旅人とインド人がちょうど半々と言う感じでしたが、安い部屋は大体、外国人。
ただ滞在していたインドの方々も、雰囲気は良い感じのインド人でしたけれど。

奥にもコテージタイプの部屋がびっしりとあるので、部屋のタイプはそこそこあるんだと思います。

部屋はベッドがあるぐらいで、とっても簡素。

ただベッド自体はやや広めだし、清潔だったし、部屋自体もやや広め。

蚊帳もしっかりとある。

そして外側にはテラスと言うか、ちょっとしたスペースがあって、そこにイスがあって、ゆらりと出来る宿で、個人的にはそのスペースがお気に入りでした(別に部屋の中には机とかがある訳じゃないので、部屋の中でゆっくりする人はあまり見受けられなかった感じがします)。

外テラス部分と低いテーブルに加え、電源があるので、PCとかも打ちやすく、そこでブログの下書きとかを毎日していました(但し、現在、宿にWi-Fiはナイです)。

元々は食堂スペース(と言うかBARなのかも)があったみたいなのですが、工事をしていた関係なのか、滞在していた時には閉鎖されていました。

食事出来る場所があったら、より快適だったのですが、歩いて行ける範囲にも食堂はあるし、自転車でちょっと行けば中心地にも出られるので、別になくても不便はしないかと。



夜は隣が賑やかなのが難点

難点は2つで、1つ目は宿に面したビーチゾーンがナイと言う点。

ビーチまでは宿から徒歩1分ではあるのですが、そもそも砂浜が広がるエリアじゃなかったのは残念な所(とは言っても砂浜までもスグなんですが)。

そして2点目は、隣のホテルの音楽がややうるさいと言う所。

それがなかったら、かなり快適だったのですけれど。

夜遅くまで音楽が流れている訳じゃなく、22時ぐらいまでが目安ではありましたが、とりあえず毎日、音楽が流れている形です(時々、弾き語りのインド音楽だったりもするので、ある意味、タダで聴けてラッキーと考えるべきなのかも知れませんが)。

何となくですが、もし次に来る機会があれば、その時にはWi-Fiは付いていそうな気がします。

因みに、この宿の先には、ほとんど宿が無くなると言う最奥にある感じ。

食堂の他に、カフェやダイブショップ、レンタルサイクル、商店など、滞在に必要なモノは、全部徒歩圏内にあるので、最奥でも問題はないかと。

宿のスタッフは、全員、気さくな感じ。
そこまでお節介を焼いてくるタイプでもなく、適度に放っておいてくれるし、構ってくれると言う感じが、寧ろ、心地良さすら感じます。

Wi-Fiさえあれば、なかなか良いんじゃない?って言う宿だったかと。

荷物がそこまで多くなければ、ジェッティー(船着き場)近辺にあるレンタルサイクル屋でレンタルサイクルもしくはレンタルバイクをするのが、ホントはベストな選択なんだと思います。
そうすると、宿までの往復でオートリキシャに乗る必要もなくなりますし。

因みに、ジェッティーから宿までのリキシャの言い値は、100INR(往路)。
復路は船着き場近辺で迂回が必要になるので(特に朝)、もうちょっと高くなります。

レンタルサイクルならば、同じ料金で1日借りれますからね。

そちらの方がお得感があるかと。

Coconut Grove Beach Resort

シングル:600INR(言い値は700INR)
住所:#5 Beach, Havelock, Andaman Nicobar Islands
Wi-Fi:なし
朝食:なし
キッチン:なし
ホットシャワー:なし
喫煙スペース:室外のお好きな場所でどうぞ
アクセス:ジェッティーからオートリキシャで向かう感じ

「インドで泊まった宿」関連はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。