ジェッソールの宿:Hotel Monihar

Sponsored Link

バスターミナル目の前の宿

ジェッソールのバスターミナルの目の前にある安宿。

D35 地球の歩き方 バングラデシュ 2015~2016』にも掲載されている宿なのですが、ホントにバスターミナルの目の前。

ただそもそもこの街に宿泊すると言う人が、どれだけいるんだろう…とは思いますけれどもね。

だって、この街からもダッカまで行く直通バスは出ていますし(夜行を含め)、ほとんどの人は、素通りする様な街だとは思うので。

因みに、バスターミナルの目の前にはありますが、入口は脇から入った裏側。

表側は映画館があり、映画館を正面に見て、左奥に入口があり、レセプションは2階に上がった所にあり、バスターミナル徒歩1分と言う感じです。

部屋もかなりキレイ

部屋はかなりキレイです。
ボクが入った部屋は、角部屋だったので、2方向に窓もあり、明るかったと言うのもありますが、そもそも部屋自体がキレイ。

建物自体は、そこそこ年季が入っていると思うのですが、改装されているが故に、その古さを感じなかったかな…と言う宿。

だた最初に案内された部屋は、コンセントに電気が来ていなかったので、トータルとしてみれば、やっぱり建物の古さはありますけれど。

部屋自体も狭くないし、トイレ・シャワーも広めでキレイ。
机・椅子・テレビがあって、それでいて明るい。

これで500タカぐらいだったら、ホントにお買い得なレベルなんだとは思うのですが、値引きは同意してくれませんでした(チェックインが昼だったと言う時間的な部分もあるかも)。

ただこのキレイさを考えると、まぁ、妥当なレベルかな…とも。

Wi-Fiないけれど、大丈夫?と、チェックインの際に聞かれたので、恐らく、外国人旅行者もチラホラと来ては、Wi-Fiを求めるのでしょうね。

いずれ整備されると良いのですけれど。

バスターミナルが近い分、市街中心部までは少し距離がありますが、そもそもジェッソールの街自体、そこまで大きな街とは言えないので、歩ける距離です。

因みに、国境の町であるベナポールまでのバスは、このバスターミナルからではなく、鉄道駅を挟んだエリアにある別のターミナルから出発するので、要注意です。

そこまで歩けるか?と聞かれたら、無理なレベルで離れています。

また安い屋台などは、バスターミナル周辺と言うコトで、宿の周りに結構あるので、中心部じゃなくても、食事自体にそう困るコトはナイかと。

ただボクの部屋自体は、バスターミナル側じゃなかったのですが、バスターミナルに近い部屋だと、もしかしたら朝晩はちょっとクラクションなどの賑やかさが伝わってくるかも知れませんけれど。

クルナでも、このぐらいのキレイな宿に出会えていたら良かったのになぁ…なんて。
だって、ジェッソールはそもそも泊まったとしても1泊でしょうからね、外国人は。



Hotel Monihar

シングル:600タカ
住所:Old Central Bus Staition, Jessore
Wi-Fi:なし
朝食:なし
キッチン:なし
ホットシャワー:なし
喫煙スペース:あり(室内喫煙可)
アクセス:バスターミナルのホントに目の前と言う好立地な宿

「バングラデシュで泊まった宿」的な記事はコチラもチェック!







おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。