ソウルの激ウマ、パンケーキのお店はマジおススメ。

Sponsored Link

南大門市場からソウル駅へ移動。

1駅なので、歩いて移動してみましたが、思ったよりも近くて、ちょっと時間が余るぐらい。
ただA’REX乗り場は一番端だし、地下深いので、ちょっと早めに行った方がイイかと。

駅で、日本に帰国するシロさんを駅までお見送り。

ってか、あっと言う間の1泊2日の一緒の時間でした。
欲を言えば、もう1日ぐらい一緒でも良かったな…とは思うけれど、きっともう1日一緒でも、朝遅くに起きて、飲んで、食べて終わるだけなんだろうな…

なので、何もしなかった感しか残らないけれど。

ソウルで有名なパンケーキ屋へ~

さて…
どうしよう。

そう考えながら弘大(ホンデ)へと戻る。

とりあえず、スイーツでも食べようと、弘大入口駅直結の「ノランコン(Yellow Bean Coffee)」と言うお店へと向かう。

昨日、シロさんが行った際にはやってなかったみたいなのですが、ちゃんとやっていました。

しかも、地下鉄の5番出口を出てホントにスグと言う立地。
さらに言えば、昼下がりで他のお客も少ない。

1階は開放的な感じで、2階にも席があるカフェ。

この店で食べたかったのは、パンケーキ。

やっぱり“辛い”と言うイメージの強い韓国ですが、アラフォーおっさんなのに“スイーツ好き”としては、何か美味しそうなスイーツに挑んでおかないと…と言う謎の使命感(笑)。

お店について、メニューを見ると、クリームが山ほどついているパンケーキ(10,800W)とクリーム無しがありました。

人気なのは、クリーム山ほどパンケーキらしいのですが、まだそこまで空腹感がなかったコトもあって、クリーム無しをオーダーしてみます。

作るのに、若干、時間が掛かるみたいで、出来上がったら振動でお知らせしてくれる機械(よくフードコートとかで貰うヤツ)を貰って、2階に席を陣取って待ってみます。

が、そもそもこの2階も、雰囲気良好。
Wi-Fi通っているし、電源がある席もあるし、ゆっくり待っていても何も不便がナイ感じ。

「幸せ」過ぎるやろ、このパンケーキ

待つコト10分ぐらい。

パンケーキが出来たみたいです。

こんな感じ。

分厚いパンケーキが2段。

その段の間から、カスタードがもうはみ出ています。

 

もう…

それだけで、ノックアウトでした。

これは…

絶対、美味やろ。

もう食べる前に確信しました。

一口食べてみると…

 

何かね…

きめ細かいんです。

スッカスカのパンケーキじゃなく、それでいてそこまでの重厚さがある訳でもなく、ふわっとした食感。

滑らかなんです。

そしてしっとり。

 

激ウマッ!

 

もう幸せすぎるパンケーキ。

アラフォーおっさんが、何を言っている…と言われても良いんです。

とにかく、美味すぎる。

分厚い2段重ねのパンケーキが、ひょいひょいと胃の中に入って行きます。

久しぶりに、満足するパンケーキに出会えたな~と言うレベル。

味、ボリューム、お店の雰囲気、アクセス…と、どれを取っても、大満足。
ってか、弘大近辺に宿を取っていなくても、これだけを食べにくるってのも、アリの様に思えてくるほど。

もしくは、朝食とかでも行けるかも。

次、訪れる機会があったら、その時は、クリームが山ほどついたパンケーキを頼むコトにします!
そちらは、日本円換算すると1,000円を超えて来るので、パンケーキにしてはちょっと値段が張りますが、絶対に美味いと確信出来るので。

そして何より、アラフォーおっさん1人でも入りやすいってのも、ポイントですかね。

まぁ、あまり1人で入っている人はいなさそうでしたけれど(1人の人は大体、コーヒーテイクアウトするだけ…みたいな)。

でも、お店自体、カッコいいデザインでまとめられているので、別に1人でいても変な感じはなかったです。



YELLOW BEAN COFFEE(ノランコン)

住所:ソウル特別市麻浦区東橋洞 172-3
営業時間:13:00~23:00
定休日:なし
アクセス:地下鉄弘大入口5番出口上がってスグ(出て左斜めスグ)
*5番出口は2号線からはちょっと離れていたりしますが、訪れた時、近くが工事中で、5番出口以外から出るとかなり遠回りをする羽目になるのが注意です。工事が終われば、他の出口から上がっても、そんなに不便はしないと思いますが。

「アラフォーだってスイーツは好きなんです!」的な話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。