【徹底ガイド】SPGスターポイント

Sponsored Link

SSPGスターポイントでセール開催中

SPGのスターポイントのポイント購入セールが、絶賛開催になっています。

今回は2018年3月16日までで、通常価格の35%オフに(5,000ポイント以上の購入で)。

1年に数回ですが、ポイント購入セールが行われているホテルチェーンのSPGのスターポイント。

航空会社のマイルへも交換が出来るし、日本人にも人気のあるクレジットカードの「SPGアメックス」でマイルを間接的に貯めている人も多いかとは思いますが、そもそもこのセールがお得なのかどうか。

その前に、スターポイントって?と言うのを、この機会に見てみたいと。

スターポイント35%OFF

・5,000ポイント以上を購入した場合に限り、35%OFF
・期間限定だが、年に何度か開催される(割引率はその都度、異なる場合があり)
・SPG会員であれば、購入が可能だが、登録後、14日間を過ぎなければ、スターポイントの購入は不可
・年間最大30,000ポイントまでの購入が可能

35%OFFでのセール価格

購入ポイント数 割引後価格(US$) 円換算(110円)
5,000 113.75 12,513
10,000 227.5 25,025
15,000 341.25 37,538
20,000 455 50,050
25,000 568.75 62,563

 

・円換算は110円で計算
・購入時の手数料やクレジットカードによるポイントなどは加味せず

高いポイント数を購入してもしなくても嬉しいコトに、1マイル当たりの単価は2.5円と言う計算になります。
実際は、500ポイント単位での購入が可能ではありますが、1マイル=2.5円と言われると、そこまでお得さを感じなくなっちゃいますが…

もしこのセール価格で、1年間で購入出来る最大のポイント数である30,000ポイントを購入した場合、75,000円は掛かる訳で、そこそこな金額にはなります。

スターポイントとは?

そもそもスターポイントとは、SPG系列のホテルを利用すると貯められるポイントのコトになります。

SPGグループと言われてもピンとこないかも知れませんが、世界中に約1,300にも及ぶホテルを保有している巨大チェーン。

・シェラトン*
・ウエスティンホテル*
・セントレジス*
・Wホテル
・ルメリディアン
・フォーポイント
・トリビュートポートフォリオ*
・ラグジュアリーコレクション*
・デザインホテル
・フォーポイント
・アロフトホテル
・エレメント

*マークのブランドは日本に進出しているブランドになります

貯めたスターポイントの有効期限は無期限ですが、1年以上宿泊や、スターポイントの獲得・利用が無い場合は、向こうになってしまうのが注意したい所。

スターポイントの貯め方

宿泊やホテルのレストラン利用で、1US$=2スターポイントを貯められます。

上級会員のゴールド会員になると、1US$=3スターポイント、プラチナ会員になると、ホテルによっては3~4スターポイントが積算出来ます。

また、「SPGアメックス」と言うクレジットカードを持っていれば、日常生活においても、100円=1スターポイントの積算が出来る他、有効期限がカードで決済する度に更新されるコトになります。

マリオットリワードとも互換性が

この他、以下のポイントからスターポイントへの移行でポイントを貯められます。

・アメックスメンバーシップリワード(1,000ポイント→330スターポイント)
・マリオットリワード(3,000ポイント→1,000スターポイント)

後述しますが、航空会社のマイルへと交換する際、「マリオットリワード」へと交換してからマイルへと変えた方が、交換レートが良い航空会社があるのは、覚えておきたい所(と言うか、ユナイテッド航空なんですが)。

上級会員だと、飛行機に乗っても貯められる

またSPGゴールド・SPGプラチナ会員ならば、航空会社は限定的になりますが、飛行機の搭乗でもスターポイントを積算するコトが出来ます。

デルタ航空…
デルタメダリオンシルバー会員以上が対象で1US$=1スターポイント

エミレーツ航空…
エミレーツスカイワーズシルバー会員以上…1US$=1スターポイント

中国東方航空…
イースタンマイルズシルバー会員以上…4マイルあたり1スターポイント

スターポイントの使い道

スターポイントの使い道としては、まずはポイントを使って宿泊すると言うパターン。

無料宿泊に必要なポイント数は、そのホテルのカテゴリーによって区分されています。
空室があれば、除外日ナシで無料宿泊と交換が出来るシステムで、1泊あたり2,000~35,000ポイントが必要になります。

結構、必要なポイント数の幅が広いので、注意したい所ではあります。

また、無料宿泊するだけのスターポイントがない場合などは、ポイント+お金で宿泊が出来る「キャッシュ&ポイント」と言うシステムもあるので、柔軟にポイントを利用するコトが出来ます。

航空会社のマイルへと移行する

スターポイントは、世界30を超える航空会社のマイルに「1スターポイント=1マイル」で交換が出来ます(一部の航空会社を除いて)。

特筆されるのは、20,000スターポイント単位で交換をすると、5,000マイルのボーナスマイルが積算され、25,000マイルになるので、1スターポイント=1.25マイルで交換するコトが出来ます。

アライアンス 航空会社 交換比率
スターアライアンス エーゲ航空 マイル+ボーナス 1対1
エアカナダ アエロプラン 1対1
中国国際航空 コンパニオン 1対1
ニュージーランド航空 エアポインツ 65対1
ANA ANAマイレージクラブ 1対1
アシアナ航空 アシアナクラブ 1対1
アビアンカ航空 ライフマイル 1対1
ルフトハンザ マイルズ&モア 1対1
シンガポール航空 クリスフライヤー 1対1
タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス 1対1
ユナイテッド航空 マイレージプラス 2対1
スカイチーム アエロメヒコ クラブプレミア 1対1
アリタリア航空 ミッレミリア 1対1
中国東方航空 イースタンマイルズ 1対1
中国南方航空 スカイパールクラブ 1対1
デルタ航空 スカイマイル 1対1
エールフランス航空 フライングブルー 1対1
KLMオランダ航空 フライングブルー 1対1
大韓航空 スカイパス 1対1
サウディア AL Fursan 1対1
ワンワールド アメリカン航空 アドバンテージ 1対1
ブリティッシュエアウェイズ エグゼクティブクラブ 1対1
JAL JALマイレージバンク 1対1
LATAM LATAMパス 1対1.5
カタール航空 Qatar Airways Privlilege Club 1対1
アライアンス未加盟 アラスカ航空 マイレージプラン 1対1
エアアジア BIG 1対1
エミレーツ スカイワーズ 1対1
エティハド航空 エティハドゲスト 1対1
GOL Golスマイル 2対1
海南航空 Fortune Wings Club 1対1
ハワイアン航空 Hawaiian Miles 1対1
ジェットエアウェイズ Jet Privilege 1対1
ヴァージンアトランティック フライングクラブ 1対1
ヴァージンオーストラリア  Velocity Rewards 1対1

ニュージーランド航空の交換比率の意味不明さが目立ちますが、ユナイテッド航空のマイルに交換する場合は、1度、マリオットリワードへと交換するだけでお得になるのが注意点になります。

スターポイントからのマイル上限は24時間で79,999ポイントまでになっていますが、20,000ポイントで5,000マイルが付与されるので、20,000マイル単位で交換するのが重要になります。

セールに参加するべきかどうか…

これを踏まえて、今回のセールです。

まず考えたいのは、1マイルの単位の価格ですが、確かにセールで買えば、お得感はあるのですが、そこまで1マイル単位が安いとは感じられない部分が。

まぁ、ブリティッシュエアウェイズのマイルへの交換は、時々、交換率が高くなるキャンペーンを行っているので、それを踏まえればアリかな…とは思いますが、その他の航空会社だと、正直、「お金に余裕があれば」セールに乗っても良い…と言う感じがしてしまうんですよね(笑)。

逆に言うと、セール期間中以外ならば、ナシだなぁ…とも。

またマイルに交換ではなく、そのままホテルに宿泊で使う場合は、アリですね。

…と、交換まで見据えて動くべきポイントの様にも思えてならないですかね。





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。