【徹底ガイド】SPGスターポイント(上級会員制度編)

Sponsored Link

シェラトンやウエスティンが加盟しているSPGのスターポイントプログラム。

前回はスターポイントの概要を見ましたが、このプログラムには上級会員制度があるので、今回は、そちらを見てみたいと。

上級会員制度と必要条件

SPGの上級会員制度は、宿泊実績に応じて3つのランクにカテゴリーされます。

・プリファードゲスト(入会時はこのランク)
・ゴールドプリファードゲスト(以下、ゴールド)
・プラチナプリファードゲスト(以下、プラチナ)

上級会員になるには、1暦年でSPG系列のホテルに幾度となく宿泊する必要がありますが、そちらの必要宿泊数がこちら。

会員ランク 滞在数 宿泊数
ゴールド 10滞在 25泊
プラチナ 25滞在 50泊

*滞在→チェックインしてからチェックアウトまでの期間・宿泊→宿泊した数
例)同じホテルに連続して2泊3日→1滞在2泊でカウント

ってか、50泊とか、もう住んでるの?レベルに思えます。幾ら1暦年の合計だとしても。

上級会員特典

それぞれの会員カテゴリーで得られる主だった特典は以下の通りになります。

特典 プリファード ゴールド プラチナ
スターポイント獲得(1US$あたり) 2P 3P 3~4P
客室アップグレード ×
客室アップグレード(スィート含む) × ×
宿泊時の250P/無料WiFi/無料ドリンク ×
宿泊時の500P/ギフト/朝食 × ×
ペットボトル水サービス
16時までのレイトチェックアウト ×
クラブラウンジの利用 × ×
優先チェックイン&チェックアウト ×

 

SPGアメックスを持てば、一躍ゴールドに

「SPGチャレンジ」と言うシステムがあったりもしますが、基本的に日本人の方で上級会員になられている人が、かなりの数が、「スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エクスプレス・カード」(以下、SPGアメックス)と言うクレジットカードを持っているのでは…と。

このSPGアメックス。

持っているだけで、ゴールド会員に自動的になり、持ち続けている限り、ずっとゴールド会員資格を継続出来ると言う優れモノ。

しかも、です。

年会費が31,000円(税別)とお高いんですが、更新する毎に無料宿泊券を貰えるので、年会費分の元がスグに取れてしまうと言うクレジットカード。

・スターポイントでマイルを間接的に貯める
・SPGで上級会員を目指す
・ホテルライフを楽しみたい

この3つを目指す方で尚且つ1年に1回ぐらいは旅に出ると言う方は、持っていたい1枚ですね。

マリオットとの合併で…

実は、SPGは2015年にマリオットグループに買収されています。

マリオットグループにも、「マリオットリワード」「ザ・リッツ・カールトン・リワード」と言うポイントプログラムがあるのですが、SPGでゴールドやプラチナ資格を持っている場合、「マリオットリワード」でも「ザ・リッツ・カールトン・リワード」でも、同等の資格が保持出来る様になっています。

但し、2018年度中にはプログラムの統合がアナウンスされているので、今後の展開には注目ではありますが。

SPGだけでも大きなチェーンなのですが、マリオットグループに買収された為に、世界で5,700以上のホテルで利用出来る様になったSPGのスターポイント。

今後の展開は気になる所ですが、これだけ大きなグループなので、利用価値は高いプログラムですね。

SPGの上級会員制度は果たしてお得か?

個人的に考えると、上級会員特典でイイな…と思うのは、

・レイトチェックアウト
・客室アップグレード

ですかね。次にプラチナならば、ラウンジ。

「朝食無料」とかもありますが、寧ろ、SPGぐらいのチェーンでも朝食有料かよっと言いたくなるビンボー人ですから(笑)。

上述の「SPGアメックス」を保有するのであれば、断然アリだとは思うのですが、それ以外ならば、めちゃくちゃ惹かれるか…と言われると、正直、ビミョーに思う所も。

マイルへの交換を考えた時も、スターポイントが倍額付与される訳じゃないし、ハードルはやっぱり高いですからね。

結論的には、「SPGアメックス」を持たない限り、そこまで“上級会員制度に拘らない”ですかね…
逆に「SPGアメックス」を持つならば、めっちゃくちゃ魅力的な制度です。

ってか…

こんなお高いホテルに泊まったら、きっと緊張してリラックス出来なさそうな自分がいますね…





にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。