羽田到着後、24時間の話

Sponsored Link

南米のペルーから羽田空港に無事、帰国。

最近の旅(と言うか、約6,7年)は、ずっと羽田発着を利用している感じ。
まぁ、働いている時は、仕事終わりに搭乗出来る便があるので、数少ない休みを効率的に利用出来たのは、大きかった。
遠距離の就航都市がまだまだ少ない感じはあるけれども、カタール航空やエミレーツ航空が深夜便で就航しているから、乗り換えれば、大体の場所には行けるし、近距離であっても深夜便があるのは、有り難い所で、元々、成田空港って埼玉西部エリアからだと不便極まりないので、もう羽田一辺倒に。

なので、本来ならば、“帰って来た”感がもっとあっても良いんだけれども、深夜便の場合、空港野宿って形になるので、何だか帰って来た感じが皆無。
帰って来ても、空港泊をすると、どうしても“旅がまだ終わっていない”と言う気分になってしまう自分がいます。

なので、今回も、“帰って来た~!!”と言う感じは薄かったなぁ…(下の写真は、翌朝の羽田空港の出発フロア)。

さて、帰って来たのは4月の初め。
つまりこのブログ、大体、2ヶ月弱の遅れな訳ですが、何で旅blogって、リアルタイムでなかなか書ききっている人が少ないんでしょうね。
ツアーに参加しての旅行だと、1日の旅程もギュッとなっている人が多いでしょうから、仕方がないのかも知れないけれど、世界一周の旅人とか、暇な時間は結構、あるハズなのに…(笑)。

でも、気にしちゃダメですね、そこは。

さて、そんな4月初めに帰国して、24時間でやったコト。

  1. コインロッカーに荷物を入れて、身軽になって家に帰宅

    空港にもコインロッカーってあるんですね(笑)。
    ってか、どんな人が使うんだろう…なんて、つい思ってしまいましたが、思ったより鍵が付いていなかったので、利用されているのかも。
    まぁ、1泊2日とか、2泊3日の旅程の人が、冬服を入れていたり、夜便で出発なのだけれども、仕事場に旅行荷物を持って行きたくない人とかが利用しているのかな(その逆で仕事の荷物をロッカーに入れて旅立つ人もいそう)?
    まぁ、ともかく、ロッカーに荷物を入れて、自宅に帰りました。
  2. 自宅の整理
    整理と言っても、そんなにやっていないけれども。
    元々、整理整頓、下手なタイプですし(笑)。
    ただやっぱり郵便ポストは溢れかえっているし、風呂とかも掃除しないと入れないし、そもそもちょっと部屋自体が埃っぽい。
    まぁ、一人暮らしで、長期間、家を空けたんだから、仕方がナイ。
  3. 桜を見に近くの川へ

    満開ではなかったのですが、まぁ、花が開いている所が見れたので、ヨシとするしかないかな。
    個人的には、花の開き具合はそこまで気にならなかったのですが、青空だったら良かったのになぁ…なんて思ったのは、青空全開の南米大陸から帰国したからなんでしょうかね。
    でも、サクラ、見れて良かった~♪
    例年通りの開花だと、もしかすると見れないのかなぁ…なんて、思っていたので。
  4. 再び、羽田空港へ

    最早、意味不明って言われそうですが、つまりは、Peachで仁川→羽田で夜中に帰国して、約24時間後に旅立ちました(笑)。
    感覚的には、羽田トランジットって感じ(笑)。
    だから余計に“帰ってきた感”がなかったのでしょうね…
    コインロッカーに荷物を預けたのも、また旅立つから。
    冬服など、この先では使用しないモノだけを持って帰り、逆に必要なモノを補充して、また機上の人になった感じです。行き先は、ひとまずホーチミン便。

    まぁ、ホーチミンもトランジットなんですけれどもね。

と言うコトで、行ってきます!!



おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください