ペルーでスタバに行ってみた

Sponsored Link

世間一般はゴールデンウィーク突入だとは思うのですが…

ゴールデンウィークって、何じゃ!?

そもそも前職もその前も、サービス系だったので、ドラッシュ。
現在は、絶賛無職プータローなので、毎日がゴールデンウィーク。
いや、もうゴールデンを通り越して、プラチナウィークが続いているからなぁ…

さて、ペルーのアレキパに到着して驚いたコト。

それは…

マクドナルドがあるっ!!

そして…

スターバックスがあるっ!!

この2点。

マクドナルドに関しては、昨日の記事で書いちゃいましたけれども、そのマクドナルドの目の前に、バーガーキングとケンタッキーとピザハットに、スターバックスが。

ペルーでマクドナルドに行ってみた | now here,no where

アレキパの街は、人口は案外、多いのだけれども、旧市街地にいる限り、そこまで”都会”的な雰囲気を感じるコトはないのは、近代的であったり、高い建物がナイからなのだとは思う。 でも、やっぱり今までいたボリビアとは違うなぁ…と思うのが、”スターバックス”や”マクドナルド”があるんですよね、アレキパにも。 随所にある訳じゃなくて、旧市街だと、1店舗しか見掛けなかったけれども(マクドもスタバも)。 …

そんなにスタバ、好きでしたっけ??と聞かれると、そうでもない。

だって、高いんですモノ。

でも、マクドナルドに吸い寄せられた後に、ふらふら~と、スタバにも吸い寄せられてしまいました。

それにしても、マクドナルドに、バーガーキングに、ケンタッキーに、ピザハット、そして、スターバックスが、ほぼほぼ一堂に集まっているって、さすがはペルーです。
ってか、めっちゃジャンクって感じがしますけれど。
それまでのボリビアは、何と言っても、“マクドナルドすら撤退した国”だったりするのに、世界的に展開しているチェーンが、いとも簡単に見つけられるだなんて、こう言う所でも、ペルーとボリビアの差を感じずにはいられなかったりもするね。

白色のスタバに行ってみた。

さて、スタバ。

こちらも白色です。

ってか、ケンタッキーとか、バーガーキングも白地の看板だと、何となく、“高級感”が感じられたりします。

ファーストフードではありますけれど。

外にテラス(ソファー)席があるスタバ。
そのテラス席なら、屋外になるし、タバコ吸えるのかなぁ…なんて思ったんですけれど、がっつり禁煙マークが出ていました。

残念。

まぁ、もう1歩出て、道路に出てしまえば、喫煙出来るんだけれどもね、ペルーの場合。
旧市街随一の目抜き通りなので、ちょっと気が引けたりはするんだけれども。

この旅では、初スタバ!?

さて、店内。

至って、フツーのスタバ。

まぁ、当たり前か、スタバだモン。

タンブラーとかマグカップには、ペルーの絵柄のモノがちらほらと。

ただ、最近のスタバのご当地タンブラーって、そこまで可愛さを感じないんですよね…

ペルーのご当地グッズも、白地にマチュピチュが描かれてはいるんだけれども、あくまでも、“Peru”の表記がメインになっているだけのモノ。
マチュピチュが他の地域だと、他の絵柄に変わるだけで、ベースとしては世界共通のデザインで統一されているので、“ご当地”モノなのに、何となく、“ご当地”に感じなかったりする。

もう一工夫、欲しい感じですけれどもね。

それでも、買っちゃいましたけれど。
自分用じゃなくて、お土産として。

さて、このスタバ。
WiFiが通じます。

レシートの下部に切れ端みたいなのが付いているのですが、そこにWiFiのパスワードが書かれていました。

電源は特にある訳じゃないんですが、多くの人は勝手にコンセントから拝借してましたし、それも見て見ぬふりって感じでした。

ただ、7割方、外国人(いや、もっとだったかも)。まぁ、やっぱりスタバは高いカフェになっちゃいますから、仕方がないのかも。
アルマス広場に面していたりしたら、もう9割方になる様な気がしなくもないけれど。

そして思ったんですが、この旅で、初めてのスタバかも…
もう旅も最終盤なんですけれどもね。

【今日の気分】

Naughty Boy – La La La ft. Sam Smith

Hotel Cabana

新品価格
¥397から
(2017/4/29 13:17時点)

何故か、この曲をペルーのスタバでエンドレスリピート。
ってか、PVはボリビアで撮られているモノで、ラパスだとか、ウユニ(乾季)とかが出て来るんですけれど、それをどうしてペルーで聴いているのやら…と思いつつ、そのPVも意味は良く分からなかったりもしますけれど。
でも、時々、ライトな気分になりたくなると、聴きたくなる曲かも。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください