ペルーでマクドナルドに行ってみた

Sponsored Link

アレキパの街は、人口は案外、多いのだけれども、旧市街地にいる限り、そこまで“都会”的な雰囲気を感じるコトはないのは、近代的であったり、高い建物がナイからなのだとは思う。

でも、やっぱり今までいたボリビアとは違うなぁ…と思うのが、“スターバックス”や“マクドナルド”があるんですよね、アレキパにも。

随所にある訳じゃなくて、旧市街だと、1店舗しか見掛けなかったけれども(マクドもスタバも)。

んで…

行ってみました、マクドナルド。

看板も白い、アレキパのマクドナルド

旧市街の中心部のアルマス広場に面している訳じゃないんだけれども、アルマス広場にあるカテドラルから、徒歩10秒ぐらいと言う様な、好立地にあるマクドナルド。

“白い”旧市街に合わせて、マクドナルドも看板が白い。

マクドナルドの様に見えなくもないけれど、マクドナルド。

久しぶりに見るんで、寧ろ、通常の“赤地に黄色の文字”のマクドナルドが見たかった気持ちもありますけれど、ちょっとゴージャスに見えなくもない。

ってか、マクドナルドを見たのは、いつ以来なんだろう。
ブラジルのマナウスで見掛けなかったし(新市街のモールとかに行けばあったのかも知れないけれど)、カンポグランジでも見なかった様な…
となると、ブエノスアイレス以来なのかな?

早速、中に入ってみたら、中は至ってフツーのマクドナルドで、ちょっとホッとしましたけれどもね。

あまりにも久しぶりだったので、何を頼もう…と、カウンターの前でちょっと考えてしまいましたが、結局、アルゼンチンやウルグアイでも売っていたBBQ系のバーガーにしてみました。

それにしても…
やっぱり南米のマクドナルドは高い。

このBBQバーガーが高めのセットと言うのもアルけれど(19.90ソル)。

マクドナルドに関しては、日本を含む先進国の値段が異様に安くて、その他の国や地域での値段が、異様に高い訳ですが、ここ、ペルーを始めとする南米は、“値段が高く”感じる設定のエリアになるみたい。
アルゼンチンやウルグアイは、他の物価が高いので、仕方がない部分はあるのですが、ペルーに至っては、安い食堂も多いので、余計に値段の高さが気になってしまう感じがありますね。
まぁ、アルマス広場近隣の観光客向けのお店だと、もっと高いんだけれど。

久しぶりのマクドナルドのお味は…

さて、出て来た商品が、こんな感じ。

黒いボックスに入れられていて、ちょっとだけ高級感を醸し出している様な気持ちになるけれども、下のトレーやポテトと一緒に見ると、“やっぱりマクドナルド”だな~と思ってしまう自分がいます。

そして、何だろう、この安定感。

初めて食べるバーガーなのに、何となくだけれども、味の想像が出来てしまう不思議さ。

黒いボックスを開けてみると、こんな感じ。

バンズがマクドナルドっぽくない感じでした。
中にパテとベーコンとチップスが入っていて、チップスが程良く触感を与えてくれる感じがある。

肝心のお味は、ちょっと味が濃ゆい気がするのと、てりやきとかの方が似合うんじゃないかなぁ…と、日本人的には思ってしまうけれども、そこまで大きく外れじゃないお味。
個人的には、レタスとかが入っていた方が嬉しかったかも…ですが、ね。

でも、やっぱりマクドナルドには、妙な安定感を感じてしまう自分がいます。

日本の企業チェーンじゃないのに、安定感を感じるなんて、不思議だなぁ…とは思うんだけれども。

因みに、アレキパのこのマクドナルドは、特にWiFiとかはなかったです。
店内2階にキッズスペースもアリ。
昼下がりに行ったので、お店はかなり空いていましたが、1階の店頭で売っているアイスクリームは、かなり売れていた様に見えました。

 

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください