まさかのボリビア国鉄、脱線で、どうする!?

Sponsored Link

ネットでボリビア国鉄のチケットをゲット!

わざわざラキアカで1泊してボリビアに入国したのは、ビジャソンからオルーロまで、列車で移動しようと思ったから。

しかも、ボリビア国鉄のチケット、今やネットで購入が出来る。

 

Book your train and bus tickets online – Compare all travel options for your trip to Bolivia and nearby countries

Search and book bus and train tickets online with our complete travel guide. Compare schedules and prices from different companies. Learn how to get to Salar De Uyuni, La Paz, Uyuni, Cusco, Villazon, Santa Cruz and many other locations in Bolivia and nearby countries.

週4便しかないこの区間。

毎日運転じゃなく、それでいて利用者もそこそこなので、もしチケットが当日、駅に行って買えなかったらイヤだなぁ…と思っていたのですが、ネットで予約が出来るので、それに合わせてラキアカに滞在したのですが、前日の夜中にメールが来て…

 

“脱線したから、明日と明後日は、列車が動かない”

 

ってさ。

 

ん?

(ノД`)・゜・。

分からない単語が結構あったから、何度も読み返してしまったけれども、要約すると、そんな感じのメール。

日程ずらしてくれれば、10%割引になるけれども、どうする!?とも。

 

いやいや、ズラさんだろう。

 

勿論、乗りたいし、日程的にはまだ調整出来るんだけれども、ラキアカやビジャソンで足止めを食らうなんて、何も出来ないし、勘弁。

バイバイ、アルゼンチン!ハロー、ボリビア!!

と言うコトで、どうしよう…なんて、思いつつ、アルゼンチン出国。

この国境、ボリビア→アルゼンチンはやたらと混み合っている(と言うか時間が掛かる)国境。

まぁ、何と言ってもボリビアは、コカの一大生産地ですからね、仕方がナイ。
なので、ある程度、時間が掛かるのは仕方が無いかな…なんて思ったのですが、アルゼンチン→ボリビアほぼスルー。

荷物に至っては、ずっと背負ったままでした。

ってか、出入国カードすら貰わなかったんだけれども、大丈夫なんだろうか…とすら思ったけれど、ジェスチャーでその旨を伝えても、“大丈夫!!”と言い切られてしまったので、信じるしか他がありません。

そして、ラパスへ!

国境から、バスターミナルに行って、昼下がりのラパス便を購入。

Cama(←イイやつです)なのに90ボリと言われたので、即決。
ってか、ビジャソンからラパスって、かなり距離あるんだけれども、Camaで90ボリでいいの!?と言う気がしなくもないけれど。

まぁ、ボリビアのバスのCamaだしなぁ…なんて思っていたのですが、到着したバス、思った以上にキレイ(因みに、バス会社はTrans El Inca)。

中に入ってみても、1-2列のシート配列で悪くないし。

ってか、これならば楽々でラパスまでの道中を移動出来そうな予感さえ漂う感じ。
いや、きっと2-2-列のノーマルバスとかでも爆睡出来る自信はあるんですけれどもね。

到着は明朝。

まぁ、ポトシぐらいまでは山道を走るんだと思うから、サッサと寝てしまおう…と思わなくても、走り出してすぐに寝落ちしてました。

でも、お財布をそんなに気にしなくても旅が出来る国に戻って来たと言う安心感は、何物にも代えがたいデスね、やっぱり。
旅も最終盤に入っているのですが

、アルゼンチンとかチリも、そこまで節約する気は無かったのですが、やっぱり何気に自分自身でちょっとだけセーブを掛けてしまう場面がありますモンね。


スポンサーリンク

絶賛参加中!!良ければポチッと。 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。