スカイマーク、民事再生法申請へ!

Sponsored Link

各種報道機関から、経営状態が、急速に悪化していたスカイマークが、自主再建を断念し、民事再生法を申請する方針を固めたとの報道ならびにプレスが出ました。

スカイマーク側からのプレスリリースによれば、インテグラル社の支援を受けて、今後の再生を図る模様で、西久保社長は退任するコトが発表になっています。またスカイマークは東証1部上場企業ですが、こちらも廃止されるコトになる。

スカイマークの経営難

順風満帆ではないモノの、近年、スカイマークの経営は悪くはなかった。
それに呼応するかの様に、路線を拡大し、超大型旅客機A380による国際線運行も発表していた程だった訳で。
また、その国際線運行に向けると同時にLCC他社との競合に備え、成田発着の国内線も先行で就航させて来た訳だけれど、

  • 原油高
  • 成田発着路線の搭乗率の悪さ
  • 為替レートに対応が出来なかった

などから、急速に経営が悪化。

ついにはA380の契約解除にまで至り、それに伴って、損害賠償問題が発生するまでに。

2015年夏場より、成田線を中心に不採算路線・拠点から撤退を行い、来春を目標とした、JALやANAとのコードシェア(共同運行)を模索するなど、自主再建を目指して来ていましたが、ここに来て、この報道。

確かに、右往左往している感じは否めませんでしたし、国交省の横槍も痛かったのでしょうが、そもそもこうした経営悪化のニュースが流れて以来、搭乗率が悪化の一途を辿っており、それが経営環境の悪化に拍車を掛けていましたので、仕方がないのかな…とも、思えてしまいます。

スカイマークの存在意義とは?

そもそもスカイマークは、規制緩和の流れの中で生まれて来た会社。

それまで大手が寡占状態であった航空業界に、新風を吹き込んで来た会社なのは、間違いがないのだろうけれども、やっぱりPeachやジェットスター・ジャパンが就航した時点で、そこまで安くはない会社になってしまったのは、正直な所で、結局は、LCCでもなく、フルサービスをする航空会社でもない、ちょっと安めで羽田に就航している会社になってしまっていた。

経営的にも、A380の購入を決めた時は、確かに過去最高益を更新していた時期だったけれども、それでもJALやANAと比べると収益は小さい訳で、確かにA380での国際線就航と言うのは、大手2社が行っていない市場ではあるけれども、そもそも競合他社の路線とも被る訳で、決して、ニッチな市場とも思えないし、スカイマークの国内線路線との相乗効果が皆無な訳で、結局の所、どうしてそこを狙ったのだろう…と言う感じになってしまう。

何とか大手と違う土俵で勝負を…と思ったのは、確かなのだろうが。

せめて、Peachの様に関空以外の第2の拠点への展開を先に進めておけば、もう少しマシだったのかも知れないが、スカイマークの第2拠点は神戸空港。だが、この神戸空港の路線は、羽田路線以外は、搭乗率も良くなくて、

  • 神戸~札幌線:46.5%
  • 神戸~仙台線:37.7%
  • 神戸~茨城線:58.0%
  • 神戸~米子線:52.1%
  • 神戸~長崎線:53.5%
  • 神戸~鹿児島線:35.5%
  • 神戸~那覇線:49.7%

と2014年12月の数値はこちらも軒並み低空飛行。12月は確かに例年、そんなに搭乗率が良い訳ではないけれども、この数値で放置をして来たのが、信じられない程だし、関空を拠点にしたPeachが絶好調なのに比べると、寂しいすぎる程の数値で、数値だけ見ると、第2拠点化と地固めとしては、失敗してしまったと言わざるを得ない。

時代は明らかにLCCを求めている。

しかもスカイマークには羽田の発着枠もある。
そしてスカイマークも安くて便もあって…と言うのを求めていると思う。

でも、結局、LCCにはなり切れなかった。

だからA380に活路を見出したのだろうが、羽田発着のLCCと言う、他社には真似の出来ない可能性を持っていたのに、それを生かせないままにして来た戦略のミスが今回の報道なのかも知れない。

そもそもスカイマーク自身がLCCを甘く見ていたのかも知れないなぁ…
世界ではもうLCC無しには航空業界を語れない程の勢力なのに。

でも、ビジネスでも利用が出来、羽田にも発着枠があるスカイマーク。

まだまだ第3のエアラインとしての存在意義はあると思うんですけれどね、充分に。

ってか、関東のLCC、もっと元気にならないのかしら。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。