ANAが銀行代理業進出!マイル付き外貨定期預金の取り扱いを開始へ!

Sponsored Link

ANAが銀行代理業進出で、マイル付き外貨定期預金取り扱い開始へ!

ANAがソニー銀行と提携して、2019年9月19日から「ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET」の取り扱いをスタートさせるニュースは、以前の記事で取り上げていましたが、今度は、ANAグループの中で顧客関連事業を担うANA X社(以下、ANA-X)がグループとしては初となる銀行代理業の許認可を取得して、銀行代理業へと参入するコトが発表になりました。

そして、ANA-Xがソニー銀行と提携した「ANAマイル付き外貨定期預金」の取り扱いを開始するコトを発表しました。

この「ANAマイル付き外貨定期預金」は預け入れ通貨・金額・期間に応じてANAのマイルが付与される新しいスタイルの外貨定期預金になります。

付与されるマイル数の詳細が未発表なのですが、満期時に外貨定期預金の金利に加えて、ANAのマイルが付与されると言うコトなので、ダブルで貰えると言うのは、嬉しい所。

特に、昨今の低金利。

銀行に定期で預け入れをしていても、大した利息が付く訳でもナイですから、それならばいっそのコト、マイルが付与される方が嬉しいですモンね(今回、発表された商品は、利息とマイルの両方が付与されるので、より嬉しい感じです)。

預け入れ通貨は11種類!

気になる預け入れの通貨ですが、現時点で発表になっているのは、以下の通貨。

・米ドル
・ユーロ
・英ポンド
・豪ドル
・NZドル
・カナダドル
・スイスフラン
・香港ドル
・中国人民元
・南アランド
・スウェーデンクローナ

預け入れの期間は、1ヶ月・3ヶ月・6カ月・1年の4タイプが選べる様になっているみたいですが、通貨によっては取り扱いがない期間があるとのコト(現時点ではどの通貨がどう言う取り扱い期間があるのかは未発表)。

ただ利用可能なのが、「ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET」をお持ちの満20歳以上の方となっているので、ハードルは低いですね(上記の商品は、満15歳以上が申し込み可能)。

「ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET」を持っているのが最低条件なので、ほとんどナイに等しいです。
因みに、「ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET」については、下記の記事参照下さい。

ANA、ソニー銀行と提携したデビットカード発行!

先日、ANAが新たに世界各国で使える多通貨に対応した「デビットカード」を2種類、発行するコトを発表したニュースを記事にしましたが、前回の記事では、SMBC信託銀行が提携先になる「ANAマイレージクラブGLOBAL PASS」を取り上げました。 ANAが、新たに世界各国で使える多通貨に対応した「デビットカード」を2種類、発行するコトを発表しました。 提携先は、SMBC信託銀行とソニー銀行。 …

外貨定期預金が満期を迎えたら、外貨の普通口座に振り替えて、「ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET」で海外から引き出したりできる様になると言うコトで良いのかな?と思ったのですが、中国人民元は、そもそも「ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET」の対象通貨ではナイので、その辺りの詳細も知りたい感じですけれどもね。

海外のATMが利用出来、対象通貨であれば使用料なども節約出来る様になるので、使いこなせれば面白そうな感じはしますけれど。

付与されるマイル数は未発表…

ただ現時点で、最大のポイントである付与されるANAマイル数が未発表。

何だか最近、情報が小出しになっている感じがするんですけれども、気のせいでしょうかね。

「ANAマイレージクラブ/Sony Bank WALLET」の方も、“外貨預金と投資信託の月末残高に応じて、マイルを毎月積算”と言う特典があるのですが、現状、どのぐらいの残高があればどれだけのマイルが付与されるのかは未発表で、サービス開始まで情報の解禁がなさそうですし。

自信のある商品ならば、もっと前以て宣伝したって、良さそうなモノなのですけれどね。

まさかそんな話はないかと思うのですが、JALが先行してスタートさせた「JAL Global WALETT」の対抗サービスと言うコトで、まだ詰め切れない所でもあるんでしょうかね…とすら思っちゃいたくなります。

JAL Global WALLETのメリットとデメリット

JALの「JAL Global WALLET」の発行が、2018年11月29日から開始されました(『 15通貨に対応のJAL Global WALLETは、海外での両替でもマイルが貯まる! 』も参照して下さい~)。 …

詳細が固まっていないまま動き出してしまっているから、昨今、世界では主流のVisaのタッチ決済に未対応なのでしょうか?なんて、つい思っちゃいます。

ただそもそもソニー銀行は、使い勝手の良いコトで知られている銀行の1つ。
ANAのマイルを貯めている人であれば、使うのも悪くはないのかなぁ…と。

ってか、同じ時期に発表になったSMBC信託銀行が提携先になる「ANAマイレージクラブGLOBAL PASS」と、これでちょっと差別化する感じになりますね。

対応通貨が多いのは、SMBC信託との「ANAマイレージクラブGLOBAL PASS」なんですけれども。

あ、因みに…ですが、今回発表になっているのは、あくまでも“外貨”での定期預金。
つまりは為替の変動をモロに受ける商品と言うコトになっているので、それも念頭に置いて定期を組むのをお忘れなく~。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください