マネーフォワード、無料会員の連携金融件数が10→4件に!

Webサービス・アプリ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

無料会員の連携は4件のみに!

「マネーフォワード ME」。

アプリ・WEB上で手持ちの金融機関(銀行・証券)や電子マネー・ポイントサービスや通販サービスなどを登録するコトで、自分のお金の流れが見えるアプリ・サービスですが、無料会員の金融関連サービスの連携上限を、2022年12月10:00から以下の通りに変更するコトが発表になりました。

無料会員口座連携数10件→4件に削減

変更の理由としては、データ量の増加に伴う保守・運用コストの増加や、API連携にかかるコストが上昇傾向にあり、今後、サービスの提供を継続するに当たって見直しが必要になったとのコト。

まぁ…
連携するのも、タダで連携する訳じゃないですしね。

「IT Media NEWS」さんが、ちょっと詳しい内容を出していたので、引っ張て来てみます(『無料版「マネーフォワード ME」の口座連携数が減った理由 マネフォに実情を聞いた』2022年11月9日17:39公開)。

なぜ無料で連携が4件なのか

木村執行役員|銀行は連携できないとお金の入りが分からない。出るほうは、クレジットカードが1枚は連携できないとダメだ。となると、クレカに関連したポイント、そして資産運用しているなら証券口座。代表的なものを押さえるとなると、最低4件は必要だろうとなった。

とのコト。

いやいや…
銀行口座が一行しか持っていなくて、カードも1枚しか持っていなくて、ポイントも1つぐらいしか集めていないと言う家庭があるんだろう。

いや、理想と言えば理想だけれど。

ただあくまでも営利企業である。
収益を求めるのは当然だし、永続的な活動をする上では仕方がないコトなのかも知れない。

ただ…

4件って…

と言う感じ。
今の10件だって少なすぎて話にならないのに。

因みに、ボク自身は有料会員じゃなく、無料で使わせて貰っている身。

ただ2015年に案内された連携上限数の制限がなくなる利用継続特典が適用されているので、無料会員だけれども、現在の連携数は28件だったりします。

いや、こう言う人がいるからアカンのとちゃう?と言う気もしますけれどね。

でも、旅に出ている時とかは、やっぱりかなり便利なんですよね、マネーフォワード。

スポンサーリンク

有料会員か、代わりのサービスか

今後も有料のプレミアム会員になれば、継続して金融関連サービスの連携数は無制限で利用できるコトになります。

月500円。
年間だと5,300円(WEB版)。

ボクみたいな利用継続特典が適用されている人は、ひとまず180日間プレミアムサービスが無料になるクーポンが付与されるので、2023年5月まではスルーしても大丈夫ですが(既にメールは11月7日前後に送信されているので、対象の方で見落としている方は、ぜひご自身のメールをチェックしてください)…

サービス自体は使い勝手もいいと思うしプレミアムサービスを利用すれば、より便利になる。

それは間違いがナイ。

使えない金融機関系のアプリとかを、1つ1つ、ダウンロードしたくもないですし。

ただ「お金の流れを見えるようにする」のは、やっぱりある程度、節約だとか貯蓄などに活かしたいからと言う人も多いと思うので、その為に月額500円のサブスクを払うと言うのが、合っているのかどうか…は考えるべきなのかも知れませんね。

で、代わりになりそうなのは、まず「Moneytree」。

2,500以上の金融サービスに対応しており、その内、50社までの登録が可能。

仮に有料サービスに申し込むとしても、「Moneytree Grow 家計管理サービス」なら月額360円(年額なら3,600円)とマネーフォワードよりも安価。

そして「おかねのコンパス」。

現金入力ができないので、ほぼキャッシュレスの方向けのサービスですが、無料で利用ができるのに加え、連携の上限がナイのが大きな特徴ですが、対応する金融サービスは多く、不便はないかと。

ただPCでの利用ができないのは、ちょっとデメリットだったりするかなぁ…と(使い方次第でしょうが)。

無料でサービスを得るのが間違いではあるけれど…

旅行中にも、不意にクレジットカードの不正がないかとか、簡単に見られるので便利だった「マネーフォワード」。

まぁ、確かに無料会員が多いと、収益としては成り立たない訳で、手を打ったと言う感じですね。

それは仕方がないのかなぁ…とは思うけれど。
ってか、そもそもこれだけのサービスを無料で利用できると言う方が、ちょっと考えればおかしい訳ですしね。

ただ無料1ヶ月お試しプランとかの方が良かったんじゃないかな?と言う気も(いや、あるのかな?)。

連携金融サービスが4件だと、ホントに何も管理・把握できないサービスになってしまうし、便利なのかどうかも分からない感じがあるので、それならばもう無料会員サービスを止めた方が良いような気もするのだけれど。

まぁ…
その辺りは社内でも検討がされた上で、今回の結果なのでしょうが。

有料会員になるべきか。
それとも他のサービスに移るべきか。

他に移るのだとしたら、Moneytreeが筆頭になるかとは思うけれど、もっと簡素に把握したいと言うのであればおかねのコンパスもアリですね。
アプリの容量も一番少なくて済みますし。

個人的には、他のサービスに移る方に傾いていたりしますが、もうちょっと考えて結論を出そうかなぁ…とも。
幸い、ボクの場合は、180日間のクーポンが付与されていますから、まだ急ぐ必要もないので。

コメント