2022年、旅人としての抱負を。

Column
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

新年、あけましておめでとうございます。

2022年、あけましておめでとうございます。

コロナ禍以前は、ちょっとしたルートとかを調べたり、暇さえあれば航空路線や値段をSkyscanerで調べていたのに、コロナが流行し始めてから、ほぼ一切しなくなってしまっていたのですが…

なぜか昨日の大晦日になっていきなりアクタウ航路とかを調べていた自分がいます。

なんでいきなり昨日になって調べたりしていたんだろう…と思う。
それもアクタウ航路…

でも、そろそろ“遠くに行きたい”。

そう言う気持ちに、ふとなったんですよね。

別に旅をしない1年だった訳じゃない。
国内旅行を、コロナ禍でも、“今だからこそ楽しめる旅”を心掛けていましたし。
2021年も静岡・京都・大阪・金沢・福井…と、旅もできましたし。

ただやっぱり、そろそろ“どこか遠くに行きたい”んですよね。

どこか行けるんだろうか、2022年は。

なんかそう言う気持ちにはなる。

去年の今頃は、2021年も夏終わりぐらいになれば、どこか自由に行けると思っていた。

でも、結局、行けなかった。
いや、行こうと思えば、行けるんだろうから、行かなかったと言う方が正しいのかも知れないけれど、単に行くタイミングじゃないと思った。

いつになったら、そんなタイミングになるんだろう…

そう思いながら、でもそろそろ身体が求めている感じ。

スポンサーリンク

これからこそ、旅が面白くなるハズ

でも…
そろそろいつでも旅に出れる準備をして行こうかな…と言う感じ。

ネットが発達した今、日本を旅立つ前に色々な情報を、手にできる。
ホント、痒い所に手が届くぐらいに、先に旅をした人からの情報を、手にできる。

昔は“情報ノート”にしか書かれていなかったような情報すら、探せたりする。

だけれども、この約2年間、そうした情報は途絶えた。

2年もあれば、情報はすっかり変わる。
商店はなくなり、宿も変わり、街の風景すら変わる。

つまり次の旅のタイミングと場所次第では、今までの情報は恐らく半分以上、役に立たなくなっていて、情報がない中で旅をするコトになる。

昔の旅がそうであったように、次の旅が、そうなる可能性が高い。

それは確かに不安ではある。
でも、それを上回るワクワク感もある。

旅の情報をリセットして、またまっさらな旅へ…

ひとまず、そんな旅に出られるように気持ちの上で準備しておこう…と言う気になった。

蔵前仁一|失われた旅を求めて
created by Rinker

どこか遠くへ…

“now here,no where”。

ココではないどこかへ…

そう言う気持ちで、このブログのタイトルを付けた。

ココではないどこかへ…

場所。
出会い。
ワクワク感。

どこか遠くに、フラッと行って、色々と出会える1年になるように…

願うばかりでしかないけれど、そのタイミングで旅ができるように、まずは気持ち的にも準備だけしておこうかな…と。

だって、情報がない中での次の旅を考えると、それだけで楽しみで仕方ないから。
きっと実際に旅をしたら、楽しくて仕方ないはずだから。

だからまだ旅人でいるコトは辞めないでいようと。

コメント