セントレアへ~名鉄は訳分からん。

Sponsored Link

日本のネットカフェはこれから何処に向かうのやら。

名古屋駅に戻って、「VIPライナー」のバスを購入した時に同時に買ったオプションであるネットカフェのチケットを利用して、シャワー。

昨日の夜は出発自体が遅かったので、自宅でちゃんとシャワーを浴びてから家を出て来たけれど、やっぱり夜行バスに揺られた後に、こうしてちゃんとシャワーを浴びれると言うのは、すがすがしいモノ(しかも別途料金掛からず)で嬉しいモノです。

それにしても、日本のネットカフェって、ホント、マンガ・ネット・シャワー・寝る場所…とどんどん進化している様な気がしてならないけれど、この先は一体、どうなって行くのやら。

ってか、最早、「漫喫」でも「インターネットカフェ」とも違う様な気がする。
実際、夜は「簡易宿泊所」として使う人が圧倒的だし、中にはビリヤードやダーツ、カラオケがあるお店もあるし。

海外からの旅人も使ったりするんだろうか…なーんて、考えたりするけれど、まだまだ使うにはハードルが高い気がしなくもない。

まぁ、ゲストハウスも各所で充実して来たし、値段的にも10ドルぐらいの差だから、まだまだゲストハウスの方が優勢だろうけれど。

名鉄はどうしてこんなに分りにくい!?

さて、セントレアへは名古屋駅から名鉄で。

時間もあるので、別途に料金が必要な「ミュースカイ」に乗る必要もなく、とことこと行こうかなぁ…と思っていたら、運良く、特急が。ホントは1本後の準急で行こうと思っていたから、ラッキーである。

それにしても、名鉄って分りにくい。

セントレアに行くこの特急も有料の指定席と無料の自由席とに分かれているんだけれど、まぁ、それは分かるでしょ。

問題は停車駅。

空港に向かう常滑線で言えば、特急の停車駅は分りやすいんだけれども、急行なんて意味不明。
名古屋・金山・神宮前・太田川・尾張横須賀・朝倉・新舞子・常滑が標準停車駅。
が、大同町や聚楽園・西ノ口・蒲池・榎戸に特別停車する急行があるらしい(どれも朝ラッシュですが)。

何やねん、「特別停車」って。

もう意味不明である。
ってか、種別、変更しなさいよと突っ込みたくなる。
「通勤急行」とかに名前変えればいいのに…

そして、名鉄の名古屋駅がクソ狭いと言うコトもあって、そのまま他線に乗り入れていくから、行き先も色々だし。

ホントに名鉄の名古屋駅は、分りにくい。

1から4番線まであるけれども、その内、真ん中の2・3番線は降車と有料の特別車乗り場なので、一般の列車に乗るのは、1番線と4番線のみ。

空港に行くのは、4番線なんだけれども、豊橋方面や知多半島に向かう列車も同じホームから出るので、行き先が分かりにくい以上の何物でもナイ。

一応、乗車位置を表すボードが出ているんだけれども、何処に並んだらいいのか、初めて使う人にはこの上なく不親切だし、そもそも海外から来た人は、テンパる以外の何物でもナイ。

だって、日本人ですら分からないんだから。

でも、それでいて3分毎ぐらいにラッシュ時じゃなくても電車が来るから、人の動きも半端ないし。
因みに、セントレア行きは黄緑の看板でした♪

多分、日本一分りにくい駅の様に思う。
改札だってそもそも合計で7つもあるらしいし。

よく、この狭いターミナルで人と電車を捌いているなぁ…と感心するし、事故がナイものだと思う。

いや、ココ、使いこなすの、無理やろ、旅人には…

一応、名古屋駅地区の再開発でホームの拡張や増設が行われる計画があるとは言うのだけれども、早々に変わってくれないと、使いにくさ半端ないわ、コレ。

まぁ、いざ正しい列車に乗り込めたら、快適な列車旅でしたけれどもね。
ギリギリ座れたし、金山からは窓側をキープ出来たし、そもそもクロスシートだし。

セントレア、到着!

んで、無事、セントレア到着~♪
名鉄に乗ってさえしまえば、あっと言う間です。
感覚的には、首都圏から成田や、梅田から関空に行くよりも近い感じ。

1ヶ月ぶりぐらいのセントレア。

おかしいな…

ボク、中部圏在住じゃないのに、“1ヶ月ぶり”って。

相棒が来るまで、まだ少し時間もあったので、とりあえず、何故か北海道に行くのに、両替。
いや、手持ちの資金が不足しがちなので、余っていたユーロを円に(笑)。

そして、前回も利用したラウンジへと直行してまったり~♪

やっぱりセントレアのラウンジ、昼からビール出来るし、カードで入れるラウンジとしては、最高ですっ!!


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村→他の人の旅ブログも見てみよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください